VIO(アンダーヘアー)に白髪が生える原因とは@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々




20歳を過ぎた頃からアンダーヘアーにきらりと光る白い毛が、、

今回はそんな方のためにアンダーヘアーに白髪が生える原因についてお話します。



陰毛が白髪になる仕組みと原因




どの様な原因で陰毛は白髪になってしまうのでしょうか? 陰毛が白髪になる仕組みは基本的には頭髪が白髪になるのと同じ仕組みになります。



髪の毛がが黒くなるのはメラニン色素の働きによるものです。 元々毛は白い色の状態で作られますが、毛を生み出す毛母細胞にメラニン色素の成分を受け渡すことで毛に色がつきます。



このメラニン色素が何らかの理由で正常に働かなくなることで、毛髪は色を失い「白髪」になってしまいます。



老化による原因




白髪になる理由の中でも最も大きい原因は老化です。



誰もが年を重ねてくるとメラニンの機能が弱まり白髪が増えてしまいます。 ただし、年をとっても白髪になりやすい人や、なりにくい人というのもいます。



一般的に、陰毛の白髪は40歳代になってから生えてくることが多いですが、早い人は10代~20代の若いころに陰毛に白髪が生えてくることもあります。



髪や体毛は遺伝的要因が大きいと言われており、20~30代で白髪が多い場合は加齢だけでなく遺伝的に白髪になりやすい体質である可能性が高くなります。



ストレス

昔から「苦労すると白髪が増える」とよく表現されてきましたがあながち間違いではないようです。



白髪の要因は加齢だけではなく心労やストレスも大きく関係しています。 メラニン色素を作っているメラノサイトは人間の神経細胞から分化したものなので、精神的な影響を受けることにより 血管は拡張したり収縮したり複雑に変動してしまいます。



また、過度なストレスは活性酸素を増やすだけでなく、血行不良も引き起こしてしまいます。血液量が不足してしまうとメラノサイトの細胞まで十分な栄養が届かなくなり、髪の毛に色がつかなくなってしまうのです。



生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも白髪ができる原因になります。



運動不足は血行不良の原因になり、血が隅々まで巡らないのでメラノサイトが正常に動かなくなってしまうのです。 睡眠不足も人の体に大きな負荷とストレスをかけ血管を収縮させてしまい白髪の原因になります。



このように、ストレスがたまっていたり、不規則な生活を繰り返したりすると、色素細胞に悪影響を与えることになってしまいます



毎日コンビニの弁当を食べたり栄養のバランスが偏ったりしていると、メラノサイトも栄養不足になり色素を作ることができなくなってしまいます。



メラノサイトは血液から栄養を受け取って活動しており、色素生成には栄養が必要になります。 過度な食事制限やダイエットは、毛を作るのに必要な成分が摂取しづらいので、白髪ができるリスクが高まる原因となります。



メラニン色素を活性化させるには、食事から栄養をしっかりと摂取することが大切です。 毛を黒くするメラニン色素の生成には、「チロシン」が不可欠。 チロシンはたんぱく質の中のアミノ酸の一種で、魚や大豆、チーズなどから摂取することができます。



陰毛の白髪はどうすべきか

陰毛の白髪は無理に抜かない方が良いです。



白髪はメラニン色素を作る働きが衰えて発生するものなので、抜いても次に生えてくる毛が黒くなることはありません、アンダーヘアの毛は太くしっかりしているため、抜いた時に毛穴が持ち上がり開いてしまいます。



アンダーヘアーはデリケートな部分なので、白髪を抜いて処理すると炎症を起こしやすく、毛嚢炎や埋没毛になるなど、肌トラブルのリスクも大きくなります。



また、白髪を抜いてしまうと毛を作ってい