蓄熱式脱毛って何?今さら聞けない脱毛について


 脱毛に通いたいけどどの基準で選んでいいのかわからない

 調べてみたけど、違いってあるの?

 よく聞く蓄熱式脱毛って何?



 今回はこんな悩みを抱えている方に向けてまとめていきます。

 一言で脱毛と言っても様々な種類があります。ここでは蓄熱式脱毛方法について詳しくまとめていきます。


1.脱毛するサロンを選ぶ基準

2.蓄熱式脱毛とは

3.メリット

4.デメリット

5.脱毛完了する期間や回数

6.永久脱毛できるの?

7.まとめ

この順序で説明していきます。


1.脱毛するサロンを選ぶ基準

 今の時代、脱毛しているサロンやクリニックは多くあります。その中でどのサロンに通えばいいのかわかりませんよね。悩んでしまってもういいかと通わなかったり、いいところに出会わない方も多くいると思います。その状態を避けて頂くために、何処に気を付けたらいいか説明していきます。




 基準は大きく分けて四つあります。一つ目は場所です。通いやすい場所にあるほうが行くことが億劫になりませんよね。遠いと行くこと自体が辛くなり、通わなくなってしまいます。サロンではそれが致命的です。期間が空きすぎてしまうと今まで受けた効果が無くなってしまうことがあります。それはとてももったいないことです。脱毛は回数を重ねて通うことで効果が出ます。その為にも通いやすい場所を選びましょう。




 二つ目はサロンの雰囲気です。勧誘はしつこくして来ないのか、リラックスできるのか、この二つは大切です。少し時間を使うなら気持ちよくいたいですよね。通う前にカウンセリングや体験に行くなどしてサロンの雰囲気を確かめてみてください。




 三つめは料金です。サロンによってコースや料金は変わります。それは納得いく値段なのか、満足できる部位がしてもらえるのか確認してください。四つ目は脱毛方法です。人によって合う脱毛方法は様々です。痛みや通う頻度、どれくらいの期間が掛かるのかなども方法によって変化します。カウンセリングで話をしっかり聞き、自分に合った脱毛方法のサロンを選んでください。



 以上が脱毛するサロンを選ぶ基準です。この基準をもとにサロンを選んでみてください。



2.蓄熱式脱毛とは

 蓄熱式脱毛とは毛包とムダ毛再生指示を発信している「バルジ領域」に、弱いエネルギーを広く蓄積して刺激する脱毛方法です。熱を蓄積させて脱毛させるため、蓄熱式脱毛法と言われています。このバルジ領域を攻撃する為、新しくムダ毛が再生することを防ぎ、新たにムダ毛が生えなくなります。そして脱毛効果を得ています。



バルジ領域は毛根よりも肌表面の近くにある為、レーザーを肌深くに浸透させる必要性がありません。だから従来の脱毛器と比較してレーザー波長が短くなり、肌への負担も少なく、痛みが少ない脱毛方法となっています。




 エステ脱毛ではこの蓄熱式脱毛のことをSHR脱毛と呼んでいます。これはSuper Hair Removable (とても毛を除去できる)の頭文字を取っています。カウンセリングなどでSHR式脱毛と言われたら、この蓄熱式脱毛だと思っていただいて大丈夫です。



 ちなみに当店で使用しているのはTHR式脱毛です。これはThermo Heat Remover (サーモヒートリムーバー)の略です。今までの脱毛方式よりも赤外線領域が多い波長で光の到達点が広く、肌の内部まで光が届くのが最大の特徴の蓄熱式脱毛です。



これは光脱毛の一種です。このTHR式脱毛は毛根を熱くして毛乳頭に熱を伝えるだけでなく、直接毛乳頭へアプローチすることが出来ます。その為従来の方法と比べてより効果的な脱毛が可能です。



3.メリット

 蓄熱式脱毛は様々なメリットがあります。ここではメリットについて説明します。まずこの蓄熱式脱毛が人気になった一番の理由は、「痛みが少ない」です。今までの脱毛は痛みが強いということで有名でした。だから脱毛に通うことを断念した人もいるでしょう。




 この蓄熱式脱毛は毛根よりも浅い場所にあるバルジ領域を攻撃する為、レーザーの強さを弱めで発揮することが出来ます。その為以前より痛みが少なくなりました。しかし全く痛みがないということはありません。個人差やサロンごとでのパワーの強さによって変化しますが、痛みを感じる人も中にはいます。特に毛の濃い部分、髭や脇、VIOは痛みを感じやすいです。



 また施術時間も短くなりました。今までは毛根を狙って破壊する必要がある為、一回一回打って行く必要性がありました。しかし蓄熱式脱毛は一度に広範囲にレーザーを当てることが出来ます。その為施術の時間を短縮できる様になりました。



脱毛時間が短くなるということは、サロンの回転率が良いということです。つまり、その分料金は安くなるということです。脱毛はお金が掛かるので、少しでも安いサロンを探したくなりますよね。そういった方には蓄熱式脱毛をお勧めします。



 さらにお肌にかかる負担が少ないです。照射時に毛穴や皮膚表面に掛かる刺激が弱く、毛包にじんわりと熱が伝わっていくので、お肌へのダメージが少なくなります。その為程度にはよりますが、敏感肌・アトピー、ほくろやあざにも当てることが出来ると言われています。しかしこの部分はサロンごとに対応が変わってきますので、確認してください。



4.デメリット

 ではデメリットについても見ていきましょう。蓄熱式脱毛のデメリットは脱毛効果の体感がわかりにくいということです。今生えている毛が抜けるというよりは、次の毛が生えてこないという効果が大きい為、毛が生え変わらないと効果を感じることが出来ません。その為効果を感じるまでに2週間から3週間掛かります。剛毛な部分や人によっては1か月程掛かることもあります。だから本当に効果があるのか不安にあると思いますが、長い目で見るようにしましょう。




 また毛周期に合わせて施術をしていく必要があります。中には毛周期関係なく施術できるという話もあります。それも本当です。しかし効果が少なくなってしまいます。効率よく効果を得るためにも、毛周期に合わせて施術を受けてください。さらに目の近くなどリスクがある部分は脱毛することが出来ません。これは多くのサロンが言っていることです。


5.脱毛完了する期間や回数

 個人差はありますが毛が薄い人は最短6か月ほどで完了します。しかし毛が濃い人、濃い部分はもう少しかかります。期間は通える頻度によっても変化する為、あくまでも目安だと思っていてください。回数はお勧めするのは10回です。

基本的に10回である程度綺麗になります。毛が濃い部分、髭や脇、VIOは12回から15回をお勧めします。この回数は実際に通うサロンと話してみないとわからないので、通うと決めたサロンの方と話し合って決めてください。サロンによっては決めた回数の後無料だったり、割引をしているところもあるのでそういった部分を確認しておくと良いでしょう。



6.永久脱毛できるの?

 まず皆さんが考えている永久脱毛は医療脱毛でしかできません。二度と生えてこないということは医療脱毛で得られる効果です。ではサロンでよく聞く永久脱毛の定義について説明します。簡単に説明すると「高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛方法」です。もう少し詳しく言うと「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下である脱毛方法」です。



これが永久脱毛の定義になっています。この永久脱毛であれば可能です。しかし全く生えないわけではありません。ムダ毛の自己処理が以前より楽になり、回数が減ります。全く生えなくなるわけではないなら意味がないと考える方もいらっしゃると思います。その考え方があるのもわかります。しかし減毛するだけで結構見た目も変わるものです。部位によって変化しますが、腕などは1週間放置していても平気になります。



濃い日部は3日に1回に剃ると良くなることがあります。ムダ毛処理が減ることで肌荒れが改善されることもあります。また濃い毛が薄くなる効果もあります。その為全く生えなくなる訳ではありませんが、脱毛することで改善される問題は多くあります。



7.まとめ

 いかがだったでしょうか。蓄熱式脱毛について知ることは出来ましたでしょうか。蓄熱式脱毛は脱毛の施術時間が短い、痛みが少ない、料金が安いというメリットがあります。その一方で効果を感じるのに時間がかかる、毛周期に合わせて施術する必要がある、リスクのある部分は施術ができないというメリットがあります。このメリット・デメリットを比較してメリットのほうが大きければ、蓄熱式脱毛を試してください。



 サロン選びは脱毛をするうえで一番大切です。後悔しないサロン選びをするためにも、しっかり調べて、カウンセリングを受けてから決めるようにしてください。当店でも無料カウンセリングを行っています。気になる方はぜひ予約してください。その際不安なことや質問にはお答えしますので、気軽にお聞きください。



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
<