脱毛はほくろあってもできる?


 ほくろがあっても脱毛は出来るの?

 脱毛するとき、ほくろに対策したほうがいいの?

 今回はこういった疑問を抱えている方に向けてお話ししていきます。


〜目次〜

1.なぜほくろがあると脱毛できないと言われるのか

2.ほくろ周辺、ほくろから生える毛は脱毛できる?

3.ほくろがある場合の対策

4.脱毛の際他にも気をつけるべき箇所

5.まとめ

この順番で脱毛でのほくろに関するお話をしていきたいと思います。


1.なぜほくろがあると脱毛できないと言われるのか

 まずほくろがあると脱毛できないと言われる理由を説明します。これを説明する為に、脱毛の仕組みを理解していただく必要があります。



 ほくろがあると脱毛できないと言われるのは光脱毛やレーザー脱毛です。毛穴に特別な針を刺して電気を流し、毛根にダメージを与えるニードル脱毛ではこの話は出ません。光脱毛やレーザー脱毛は特別な光を使い、毛根にダメージを与える方法です。



この光はメラニン色素である黒に強く反応するようになっています。強く反応させることで、肌が熱く感じる前に毛根に攻撃できるようになっています。そのためほくろやタトゥーなど肌の黒い部分にも反応し、ダメージを与えると考えられます。



 だからほくろやタトゥーには脱毛できないと言われています。タトゥーに関しては正しいです。タトゥーがない部位だと熱く感じないパワーでも、タトゥーがある部位だととても熱く感じたり、火傷してしまう場合があります。



 しかしほくろに関しては一概に正しいとは言えません。熱を吸収したほくろは炎症が起きて痒くなったり、火傷してしまうことはあります。この現象は大きいほくろで起こる可能性があります。ほくろに光を照射しても何もならないことの方が多いです。



 ただほくろに照射することには危険も伴うので、気になる場合はカウンセリングで聞くことをお勧めします。



 危険がある、もしくはほくろには照射できないという印象が大きいことからほくろがあると脱毛できないとなったのだと思います。



 ほくろがあっても脱毛はできます。ただ場合によっては火傷などのリスクを伴う可能性があります。



2.ほくろ周辺、ほくろから生える毛は脱毛できる?

 ニードル脱毛ではほくろ周辺の毛、ほくろから生えている毛は問題なく、施術することができます。



 光脱毛やレーザー脱毛では、対応は施術を受けるサロンによって異なります。多くのサロンではほくろの状態や大きさを見た上で、お客様と相談し、ほくろ周辺やほくろに対する施術を決めます。



中にはほくろを避けて、周辺のみ施術をするサロンもあります。そのサロンではほくろから生えている毛は脱毛することはできません。



これは万が一何かトラブルがあった際、責任が取れないため、サロンごとで判断する形になっています。正しい処置をしている場合、ほくろがあっても問題なく施術をすることができます。     



 ほくろが気になっている方は通う前にカウンセリングで聞いておくと良いでしょう。

 自分で処理する場合は抜くのではなく、電気シェーバーで剃るようにしましょう。



3.ほくろがある場合の対策

 では脱毛の際、ほくろがある場合どういう対策をとればいいのでしょうか。

 基本サロンなどで行われている対策方法は次の3つです。



 ●シールでほくろをカバーする

 ●コンシーラーでカバーする

 ●照射面の小さい脱毛器、カートリッジを使う



この3つがポイントです。



●シールでほくろをカバーする