肌がきれいな男性がやってる肌ケアを暴いちゃいます



男性の肌が綺麗なのは、清潔な印象を与え、女性受けもよくなります。特に年齢を重ねるほど同じ男性でも大きく差がつきやすいところです。肌が綺麗な男性になるには、どのような手入れをすることがいいのでしょうか。今回は肌が綺麗な男性のやっている肌ケアを暴いていきます。



肌が綺麗な男性の習慣

綺麗な肌を維持するには洗顔で汚れを落とし保湿するのが基本です。しかしたくさん洗えば言い訳ではないです。男性は男性ホルモンといって皮脂の分泌を促すホルモンが多いです。皮脂は本来肌の保湿をするために分泌されています。



顔がテカリやすいからといって洗顔をしすぎてしまうと肌に必要な皮脂が不足いていると感じ、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。またタイミングとして朝起床後・バスタイム・夜寝る前などが挙げられますが、洗顔のタイミングは肌質が人によって異なるように人によってタイミングが変わります。ではどんなタイプがどのタイミングなのか。



乾燥肌の方は1日1回バスタイムがベスト

乾燥肌の人は皮脂の量が相対的に少ないので、1日1回の洗顔で十分かもしれません。そして、洗顔後の化粧水と乳液での保湿は必須になります。バブルネットを使って、泡で肌を洗顔し、ゴシゴシしないようにしましょう。



乾燥肌の人は敏感なことも多いので、とにかく丁寧に肌を扱う必要があります。もしもかさつくくらいの乾燥肌の人は、洗顔はなしでもよいかもしれません。



お湯を含めたタオルで顔を蒸すだけでも良い可能性もあります。洗いすぎに注意しましょう。メンズ洗顔料の多くは、合成界面活性剤が含まれていて乾燥肌・敏感肌の人には少し刺激が強いです。



そしてお風呂のタイミングの中でも髪も体も洗った後に行うこと方が肌への負担が軽減されます。また、シャンプーなど顔についている汚れを一気に落とすことができるので全て洗い終わった後がベストです。



洗顔が終わったら保湿です。先に化粧水をつけて、乳液を重ねます。化粧水で肌に水分を補い、乳液でふたをして乾燥するのを防ぐというわけです。さらに念入りにケアしたいときは、化粧水の後で美容液をつけたり、乳液の上にクリームを重ねたりします。



オイリー肌の人は2回起床後、バスタイムがベスト

若い男性に多いオイリー肌ですが、1日2回しっかりと洗顔⇒保湿をする必要があります。オイリー肌だとすぐに肌がテカってしまうのが悩みで、何回も洗顔する人がいます。



また、乳液などはつけずに洗顔だけにする人もいますが、逆効果になります。洗顔は多くても3回までで、それ以上行っても効果は見込めません。



化粧水や乳液などで保湿をしないと、逆に肌を覆う皮脂量を増やしてしまう原因になります。洗顔後は化粧水をつけて、薄くでもよいので乳液で保湿しましょう。



朝は寝ている間に汗をかくので脂ギッシュになってしまいます。なのでを軽減させるために朝起床後にしましょう。お風呂の時間は肌への負担が軽減することと1日の汚れを落とすことができます。



肌にいい日常生活

肌が綺麗な男性は、日常生活でも肌に良いことをするように心がけています。


例えば食事は3回規則正しく摂るのはもちろん、栄養バランスを重視し、ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物は多めです。逆に糖分や脂は肌に悪影響をおよぼすため、摂り過ぎないように気をつけます。お酒も同様です。


綺麗な肌には睡眠も欠かせません。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝を促してくれるからです。成長ホルモンは眠ってから3時間後を目安に分泌されます。最低でも6時間以上眠るのが理想です。


そしてタバコは吸いません。体内に有害物質を取り込んでしまうだけでなく、肌が必要とするビタミンCを破壊したり、酸素が行き渡らなくなったりするからです。いわば、健康的な生活が綺麗な肌を作るといえるでしょう。



まとめ

綺麗な肌の男性は、特別な肌ケアや健康的な生活を毎日続けています。手間はかかりますし、制限も多いですが、1ヶ月も続けると綺麗な肌を手に入れられるでしょう。時間が無いときはエステに通うのもおすすめです。



MEN'S堂々では理想の肌へ導く美顔法をご用意しております。



43回の閲覧

​メンズ堂々

  • Facebook
  • Instagram

​住所

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2

​アイアンドエフ梅田ビル10階(1003) 

​電話番号

050-1744-1766

予約確認 (1).png

メンズ脱毛は大阪梅田のMEN'S脱毛サロン 堂々にお越しください。メンズ特化で大阪梅田の安い脱毛、おすすめの脱毛はここ。安いヒゲ脱毛が効果的大好評。痛くないのが基本の新脱毛方式を採用。

​「新型コロナウイルス」による
営業状況・
感染症防止対策