40〜50代の「介護脱毛」という名の「思いやり脱毛」始めませんか? @大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々


介護脱毛とは?

目的は、将来的に自分が介護される立場になった時を想定して、その時の事前準備として、今のうちからアンダーヘアを脱毛しておくことを「介護脱毛」と呼びます。



介護脱毛というと、「介護施設で介護を受ける時に脱毛すること」と思ってしまいがちですが、そうではなく、実際は介護を受ける前から脱毛しておくということです。



なのであくまでも、介護される際に脱毛をすると言うことではありません。



介護脱毛のメリット

清潔に保てる、感染症予防につながる

・蒸れにくく、かゆみや臭いの軽減

・入浴後の水分が残りにくい

・排せつ介助の手間や負担が小さくなる

介護してくれる人に迷惑をかけなくて済む



介護人材の減少

最近では女性の脱毛はもちろん、男性でも脱毛する方が増えています。

その男性の中でも一番多いのが20〜30代、そして次に多いのが60代の「介護脱毛」です。



昨年データから2015年に比べ、2035年には79万人もの介護人材が不足すると発表されています。これは2015年の20倍になります。



これは、16年後には圧倒的に介護人材の数が足りなくなってしまうと言うことです。

そうなると、1人の介護者にかけられる時間も限られてきてしまいます。




介護人材に対する「思いやり脱毛」

日本でのVIO脱毛は、海外に比べるとまだまだ少ないですが、少しづつ広がってきています。



20〜30代では、VIO脱毛している人は多くなってきていますが、40〜50代の方にはあまりVIO脱毛するといった認識はありません。



これがどういうことかというと・・・

将来、40代以降の方がいざ介護をされる立場になった時、VIO脱毛が今よりも当たり前の時代になっていると言うことです。



すると、介護者が脱毛されてない人へ対して「毛があることへの疑問・不満」に繋がります。



なので今のうちから介護脱毛を始めることで、いざ自分が介護される立場になったとき、困る心配がなくなります。



VIOの毛があるのとないのでは、時間面でも精神面でもケアの大変さが全く違ってきます。

なので介護脱毛というのは、10〜20年後、介護人材が減っていく中での介護人材に対する「思いやり脱毛」というわけです。



まとめ

女性だけではなく、男性もお手入れが楽と言う理由だけではなく、将来のことを考えて今のうちから介護脱毛を今のうちから考えて実行する時代です。



メンズ堂々では、40代以降のVIO脱毛はとても多くなっています。

さらにレーザー脱毛では処理不可能な竿やタマの部分も脱毛することができます



なので少しでも介護脱毛を考えている方は、一度カウンセリングでのご相談も受け付けておりますので、ぜひご相談ください。

あなたも勇気を出して「介護脱毛」してみませんか?



@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

15回の閲覧

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2

​アイアンドエフ梅田ビル10階(1003) 

  • Facebook
  • Instagram

メンズ堂々

​住所

​電話番号

050-1744-1766

予約確認 (1).png