若いのに白い髭が…5つの原因と対策!@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々





髭に白髪が混じっているのを見つけた時、このまま増え続けるんじゃないかと不安になりますよね。



安心してください。若くして髭が白髪になる原因のほとんどが睡眠不足や食生活など、生活習慣の乱れにあります。そのため、偏った食生活や不規則な生活を改善することで、髭の白髪を改善することができます。



そこで今回は、若いのに髭が白髪になる原因と正しい処理の方法について紹介。

髭の白髪が気になるという方は是非参考にしてくださいね!



髭が白髪になる理由


髭が白髪になる原因は、毛に色付けを行うメラノサイトという細胞の機能低下が考えられます。

実は、毛は生成された時点では色はついておらず全て白色。この白色の毛に対して、メラノサイトという細胞が黒色の色素(メラニン色素)で色付けを行なうことによって髭が黒くなるんです。




年齢と共に白い髭が増えるのは、このメラノサイトの働きが低下するためです。

しかし、若くても不規則な生活習慣を続けていると、髭を色付けするメラノサイトの機能が低下することがわかっています。



特に、

血行不良栄養不足ストレス睡眠不足

などは、メラノサイトの働きに異常をきたし、白い髭が増える原因となります。



髭を黒くするメラニン色素が合成されない5つの原因


メラノサイトは髭を黒くするメラニン色素を作り出し、色付けする役割を担っています。そのため、若いのに髭が白髪になる原因は、メラノサイトの機能低下が考えられます。



以下で、メラノサイトの働きに異常をきたす5つの原因について紹介しているので確認しておきましょう!



1.喫煙




 喫煙は、血管を収縮させ、血行不良を招きます。そのため、身体の中を流れる血液の循環が悪くなり、十分な栄養がメラノサイトまで届かなくなってしまうんです。



その結果、メラノサイトの機能が低下してしまい、メラニン色素が生成されないということが考えられます。

また、ビタミンやミネラルといった栄養素は、メラノサイトや毛を生成する毛母細胞が活動するために必要な栄養素です。



しかし、タバコを吸うことにより、ビタミンがメラノサイトに届く前に消費されてしまいます。そのため、メラノサイトの活動が鈍化してしまい、白い髭が増えてしまうのです。



このように、喫煙は様々な理由で白い髭を増やす原因となります。また、若ハゲにも繋がりますので、早めに禁煙することをおすすめします。



2.睡眠不足



若いからといって無理な生活を続けていると、老化を促進させ、髭の白髪化の原因になってしまいます。



睡眠中に分泌されるメラトニンは、体を酸化させる活性酸素を除去する働きがあります。しかし、睡眠不足が続くと体内の活性酸素の量が増え、メラノサイトの働きが弱まってしまい、白い髭が増える原因となります。



また、睡眠不足は髭の白髪が増えるだけでなく、見た目が老けたり免疫力が落ちるなど、体に害をきたすリスクが大きいです。

無理はせず、最低でも6時間以上の睡眠を取ることを心がけましょう。



3.過度なストレス




最近では、10代や20代の若い男性でもストレスを抱えている方は多いのではないでしょうか。

ストレスが溜まると睡眠不足や血行不良になり安く、髭を白くする原因となるので良くありません。



また、髭が白くなるだけでなく、ストレスは自律神経失調症やうつ病など様々な病気の原因となります。

自分なりのストレス発散方法を見つけて溜め込まないようにしてください。



4.栄養不足