腕の毛が気になる!そんな時は腕脱毛を!



 仕事で手を見られる機会が多かったり、シャツの袖をまくると腕の毛が目立ってしまうと、腕の毛が気になる方もいらっしゃるでしょう。実は腕の毛が気になるという男性は意外と多いのです。



 毛の濃さは人それぞれ異なります。腕に薄い毛が生えている人もいれば、濃くて太い毛の場合もあります。濃く太い毛が生えている場合、コンプレックスに感じたり、気になることも多くありますよね。腕の毛は剃毛や除毛クリームなどで自己処理する方法もありますが、時間が経過すればまた生えてきてしまいます。腕の毛を無くしたいときには、腕脱毛をお勧めします。



 今回は腕の毛が気になる場合の対策、腕脱毛について紹介していきます。


 

~目次~

1.腕脱毛の痛み

2.腕脱毛のメリット

3.腕脱毛のデメリット

4.腕脱毛に必要な回数

5.腕の毛のお手入れ方法

6.腕脱毛をする時の注意点

7.まとめ

以下の順番で説明していきます。腕の毛に悩んでいる方、腕を脱毛しようと悩んでいる方は参考にしてください。


 


1.腕脱毛の痛み

 脱毛と聞くと、まだまだ痛みがある、痛みが強いと言うイメージが強い方も多いでしょう。では腕脱毛は、どれほどの痛みがあるのでしょうか。

 実は、腕はそれほど脱毛時の痛みが激しい部位ではありません。ヒゲ脱毛やVIO脱毛に比べると痛みが少ない部位だと言われています。



 腕は皮膚が薄い部位ではなく関節に痛みが響きにくいこと、またヒゲなどより色の薄い毛が多いといったことなどが照射時の痛みが少ない理由となっています。



 ただし二の腕の内側は皮膚が薄いため、痛みは比較的感じやすくなります。とはいえ、二の腕には目立った毛が生えていないことも多いので、あえて照射しないことも少なくありません。



 手の甲や指の関節の部分、指と指の間の皮膚の薄い部分などは痛みを感じやすい部位です。場合によっては脱毛器の光の出力を抑え目にして、ゆっくりと照射をおこないます。



 医療脱毛クリニックは脱毛サロンよりも高出力の医療レーザー脱毛機を使っているので、照射時の痛みも一般的に感じやすくなります。その際は麻酔を使用することも出来ます。痛みが不安な場合は、麻酔の使用についてスタッフに相談しましょう。



 痛みについて不安がある場合は、脱毛サロンをオススメします。

 脱毛サロンでの脱毛はほとんど痛みを感じず、光の温かさを感じる程度の場合が多いです。



 また腕や手は普段から衣服に隠れず、むきだしになっていることが多い部位です。また乾燥しやすい部位でもあります。乾燥した肌は刺激に敏感になり、痛みも感じやすくなります。さらに肌荒れなども起こしやすくなります。 脱毛前後に保湿クリームなどで保湿ケアを入念におこなっておくと、脱毛の痛みを軽減させることができます。



2.腕脱毛のメリット

男性なら腕の毛くらいいいのではないだろうか、と考える方も少なくないでしょう。ではメンズの腕脱毛のメリットについて見ていきましょう。



●清潔感がupする

 ツルツルにせず毛量を減らすだけでも清潔感がアップし、次のようなメリットを実感できます。



 実は7割以上の女性が、男性の腕毛に対してマイナスなイメージを持っています。特に濃い指毛やシャツからはみ出している腕毛は、不衛生な印象につながりやすいです。

 女性からの好感度だけでなく、ビジネスにも影響を及ぼす可能性があるので、きちんと手入れをしておくのがおすすめです。



●肌トラブルの改善

 腕毛を脱毛してしまえば、面倒な自己処理をする必要がなくなります。さらに自己処理の頻度が減ることで、次のような肌トラブルも改善します。



○カミソリ負け

○除毛クリームによる肌荒れ

○毛抜きやブラジリアンワックスによる埋没毛・鳥肌

 自己処理が不要になれば、シェーバーやシェービングクリームなどの購入費もかからなくなります。



 脱毛後の状態をキープしたい人は、腕毛を永久脱毛しておきましょう。



●肌が綺麗になる

 腕脱毛をすれば次のような理由で肌がキレイになります。



○毛が抜けるのと同時に毛穴の汚れが落ちる

○ムダ毛がなくなって毛穴が引き締まる

○レーザーの熱によってコラーゲンが活性化される

 腕脱毛に数回通うだけでも、毛穴が引き締まって黒いポツポツが目立ちにくくなります。

また毛根ごと処理するため、剃った時のように伸びてきた毛がチクチクすることもなくなります。



 脱毛することで、肌も綺麗になるなんて嬉しいことだらけですよね。



●オシャレを楽しめる

 濃い腕毛を隠す必要がなくなれば、Tシャツやノースリーブなどの腕を出すファッションも楽しめるようになるでしょう。

 また次のような心配がなくなるため、時計や指輪などのアイテムも使いこなせるようになります。



 つまり、1つ上のレベルを目指すことが出来るようになるのです。


●体臭の改善

 毛量を減らしておくだけでも、腕毛に汗が溜まって雑菌が繁殖します。すると体臭が発生するのを防げます。

 また腕毛が濃すぎるせいで、不衛生に見えてしまうことも少なくありません。そのため不衛生に思われていたのが、脱毛をすることで「臭そう…」と思われることもなくなるでしょう。


 メンズの腕脱毛には、これらのメリットが考えられます。脱毛には毛が無くなるだけではなく、見た目はもちろん、肌も綺麗になったり体臭改善にも繋がるのは嬉しいことだらけですよね。



3.腕脱毛のデメリット

 男性の腕脱毛にはメリットはありますが、もちろんその分デメリットもあります。しかし少し工夫をするだけで、デメリットを解決することができる可能性があります。

 そこで次はメンズ腕脱毛のデメリットとデメリットの解消方法について詳しく説明します。



●痛みを感じる可能性

 腕は痛みを感じにくい部位ですが、太い毛が生えている箇所や骨に近い手の甲や指は、瞬間的にチクッとした痛みを感じることがあります。

 我慢できない痛みではありませんが、次のような場合は痛みを感じやすくなるため注意が必要です。



○日焼けをしている

○肌が乾燥している

 日焼けをしていると、肌表面のメラニン色素に脱毛の光が集中して痛みが生じてしまいます。



 肌内部の水分が足りない場合も、脱毛時の熱を吸収できず痛みを感じやすくなります。

 痛みを感じずに腕脱毛をするためにも、脱毛の前後は紫外線対策と保湿ケアを徹底するように心掛けましょう。



●増毛化や硬毛化のリスクがある

 二の腕のように細い毛が生えている部位は、増毛化や硬毛化が起こるリスクがあります。

 「増毛化・硬毛化」とは、脱毛後に産毛が濃くなったり太くなったりする症状で、原因は解明されていません。



 しかし増毛化や硬毛化のリスクは、増毛化や硬毛化に対する保証があるサロンを選ぶことで解決します。また脱毛が進んでいくにつれて、増毛化や硬毛化が気にならなくなる場合もあります。



 そのためどうしても増毛化や硬毛化が心配な人は、保証が充実しているサロンで腕脱毛を行いましょう。



●部分脱毛によっては境目が気になる

 「二の腕・ひじ下・手の甲指」はつながっているため、1部位だけ脱毛すると境目が目立って不自然に見えることがあります。



 境目が気になった場合は追加で脱毛に通うことも可能ですが、部分脱毛を繰り返すと次のようなデメリットが生じてしまいます。



○デメリット

 総額が高くなる

 通う回数が増える

 完了までに時間がかかる

これらのデメリットは、腕全体の脱毛が安いサロンを選べば解決します。



 腕脱毛にはこれらのデメリットが考えられます。痛みやリスクに関しては、どの脱毛方法でも起こる可能性があるものです。しかし脱毛で綺麗になることで、発生するデメリットもあるのです。境目が気になる心配がある場合は、いっそ早めに全身脱毛をすることをお勧めします。そうすることで、境目が気になることはなくなるでしょう。



4.腕脱毛に必要な回数

 腕は比較的毛が薄い部位となっています。ではどれくらいの回数を重ねることで、満足いく脱毛効果を得られるのでしょうか。



 回数について紹介していく前に、知っておいて欲しいことがあります。それは効果には個人差があるということです。毛の生え方や濃さは人それぞれです。またそれに対し、どれだけの効果が出るのかも個人差が出ます。そのためあくまでここで紹介する回数は、参考程度に思ってください。その回数で望んだ効果が出ない場合もあります。



 では、腕脱毛に必要な回数を見ていきましょう。



●光脱毛

 まず光脱毛での回数について、紹介していきます。

 腕の毛が減ってきたなと感じるのは、大体3回~5回程度です。その回数で脱毛の効果を実感できるでしょう。



 自己処理が不必要になる回数は、6回~12回程度です。それくらいの回数を重ねると、毛が濃い方はナチュラルな毛量になります。



 ツルツルをめざすのであれば、12回~15回程度が必要です。これくらいの回数を重ねると、ほとんど毛がなくなりツルツルを目指すことができます。



●レーザー脱毛

 ではレーザー脱毛での回数について、紹介していきます。

 腕の毛が減ってきたなと感じるのは、大体2回~3回程度です。その回数で脱毛の効果を実感できるでしょう。

 自己処理が不必要になる回数は、3回~5回程度です。それくらいの回数を重ねると、毛が濃い方はナチュラルな毛量になります。

 ツルツルをめざすのであれば、5回~8回程度が必要です。これくらいの回数を重ねると、ほとんど毛がなくなりツルツルを目指すことができます。


 医療脱毛はパワーが強いため、光脱毛の半分ほどの回数で完了します。

 少ない回数で完了を目指せるので、総額が安く抑えられるというメリットもあります。

 しかしパワーが強い分、痛みが生じやすくなります。また1回1回の期間を長く空ける必要がある場合もあります。すると結果的な期間はレーザー脱毛の方が、長くなる場合もあります。



 それぞれの脱毛方法のメリット・デメリットを比較し、自分に合った脱毛方法を選択しましょう。



 また回数も大事になってきます。自分が満足いく脱毛効果を得られる回数分、通うことが出来るのかどうかも大切です。そういった面も含めて考えるようにしましょう。



5.腕の毛のお手入れ方法

 腕の毛は周囲からの視線が気になる場所ではありますが、セルフケアのしやすい部位でもあります。

 腕の毛を自分で処理する方法は多彩で、毛をなくす脱毛や除毛に加え、腕の毛を目立たなくさせることで悩みを解消するケア方法もあります。

 主な腕の毛のセルフケア方法を挙げてみます。見ていきましょう。



●腕の毛を除毛する

○カミソリや電気シェーバーでシェービング

○除毛クリームを使う

○脱毛ワックスを使う



●腕の毛を目立たなくさせる

○ボディトリマーでトリミング

○専用すきカミソリで毛量を減らす

○脱色クリームで色を薄くする

○腕の毛を除毛する



 カミソリやシェーバーを使ったシェービングは手近な手段で、その場で毛をなくすことができますが、肌に負担がかかることが難点です。頻繁にシェービングをおこなっていると肌荒れの原因になってしまいます。道具さえあれば、それ以降の費用は不要です。



 除毛クリームは、クリームに含まれている成分が毛の蛋白質を分解することで除毛します。使い方は、クリームを塗ってふき取るだけで簡単です。



 脱毛ワックスは腕にペーストを塗り、固まったら剥がすことで毛を抜き去ることができます。ペースト状の商品の他、シート状のものもあり、手軽に扱うことができます。

 除毛クリーム・脱毛ワックスともドラッグストアなどで購入でき、使い方も簡単です。しかし肌質によっては赤みやかゆみ、腫れなどが発症することがあります。



 除毛は一時的な効果をもたらすもので、定期的に手入れしていくことが必要です。しかしその場で気になる毛をなくせるというメリットがあります。



●腕の毛を目立たなくさせる

 腕の毛を取り去るのではなく、目立たなくさせることで悩みを軽くすることができます。

 今生えている毛を残しつつ目立たなくさせる方法として2つ紹介します。



○ボディトリマー

 腕の毛を短くトリミングをして毛を目立たなくするものです。残しておく毛の長さを自由に調節でき、ぼうぼうに生えた毛を適度な長さに落ち着かせます。



○すきカミソリ

 ブラシとカミソリが一体になっているもので、髪の毛をすくように腕の毛量を減らせます。



○脱色クリーム

 黒々とした毛を脱色して産毛のような色の薄い毛にするものです。毛の量や長さは変わりませんが、金髪のような毛に変えることで腕の毛の印象を薄くします。



 ボディトリマー、すきカミソリ、脱色クリームは専用の道具を使って、除毛と同様に定期的なケアをおこなう必要があります。



 しっかり毛をなくしたい人にはおすすめできませんが、自然に近いかたちで腕の毛を目立たなくさせることができます。



 脱毛サロンのスタッフとしては、電動シェーバーでの剃毛をお勧めさせていただきます。電動シェーバーを使用することで、不要な力を入れることがなくなり必要以上に肌を傷つけてしまいます。また毛根から無くしてしまう除毛方法は、脱毛を始めるまた通っている間には向いていません。毛周期が変わってしまったり、脱毛効果が薄れてしまう可能性があります。



 除毛は見た目は綺麗になりますが、それは一時的です。また肌に負担をかけていることも、理解しておきましょう。



6.腕脱毛をする時の注意点

 腕の脱毛をおこなう際に、気を付けておきたい点がいくつかあります。

○日焼けをしない

○飲酒を避ける

○サウナ・入浴を避ける

○激しい運動はしない



 腕は脱毛中の日焼けに注意を払う必要があります。日焼けをすると肌がほてり乾燥しますが、この状態は言ってみれば軽いやけどを負っているようなものです。日焼けをしていると、脱毛を行えない場合があります。



 また脱毛後の肌は敏感になっているので、日焼けをして肌荒れなどを起こすリスクが高まります。

 特に腕や手は紫外線にさらされる機会が多いので、日焼け止めを使って肌を守るようにします。



 飲酒やサウナ、入浴、運動は体の血行が良くなり、脱毛後の痛みや肌への刺激が大きくなります。脱毛した肌に赤みやかゆみなどを生じることが多くなるため、脱毛後は控えるようにします。脱毛当日に入浴はできませんが、ぬるま湯のシャワーを浴びることは可能です。



7.まとめ

 実は腕の毛はよく見られる部位なのです。では女性にどのように見られているのか見ていきましょう。



○清潔感がない

○女性は手入れしているのに男性だけボーボーは嫌

○チクチクするから脱毛してほしい

○飲食店の店員さんの腕毛や指毛が濃いと買う気がなくなる

○約7割がボーボーの腕毛は無理と回答

○ツルツルじゃなくてもいいけれど濃すぎる腕毛は処理すべき



 このように「ボーボーの腕毛は清潔感がないから苦手」、という女性がほとんどです。

 女子ウケを狙うなら、3~5回は腕脱毛に通って毛量を整えておくのが良いでしょう。またツルツルなことが気になる、という方はほとんどいません。そのため回数を重ねてツルツルになることに、周りの目を気にして抵抗感を持つ必要はありません。まず自分がどこまでの効果を求めたいかを確認しておきましょう。



 腕脱毛にはメリットもデメリットもあります。しかしデメリットに対しての解決策はあります。その解決策を持って、脱毛することでデメリットを減らすことも出来ます。

 自分に合った脱毛方法、脱毛回数で満足のいく脱毛をして行きましょう。



 脱毛する際には、気を付けることが多くあります。しかしそれを気をつけていることで、脱毛の効果に変化が出てきます。例えばすべてのことに気をつけている方と、すべてをあまり気にしない方の場合では脱毛完成に大きな差が生まれてきます。また施術時の痛みや熱の感じ方にも変化が出てきやすいです。脱毛効果を高めるためにはもちろんのこと、施術時の痛みを抑えるためにも気をつけるポイントはしっかり確認するようにしましょう。



 当サロンでは無料でカウンセリングを行なっております。脱毛に興味がある方、気になる事がある方はお気軽にご予約下さい。お待ちしております。




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示