脱毛当日のお風呂の入り方大丈夫?脱毛時は気をつけたいお風呂!



 1日の疲れをほぐす入浴タイムが楽しみ!という方は多いでしょう。また脱毛サロンや脱毛クリニックで施術を受けお手入れ後は、クリームやジェルを落としたくてお風呂に入ってゆっくりしたいと感じる方も多いようです。もちろん脱毛サロンや脱毛クリニックでのお手入れは、できる限り皮膚や身体をいたわるように工夫されています。



 しかしほとんどの脱毛サロンや脱毛クリニックでは、脱毛当日の入浴を禁止しています。 今回は脱毛当日の入浴が禁止されている理由を説明していきます。脱毛とお風呂の関係性について知っていきましょう。


 

~目次~

1.脱毛後のお風呂はNG

2.脱毛当日はシャワーで済ませる

3.いつからお風呂に入っていいのか

4.脱毛当日にお風呂に入ってしまった時の対処法

5.剃毛時にもお風呂は注意!

6.入浴以外に気をつけること

7.まとめ

以下の順番で説明していきます。脱毛をしたいと考えているお風呂好きな方、ムダ毛処理をお風呂でしている方はぜひ参考にしてください。安全に脱毛に通うために、脱毛と入浴の関係について知っておきましょう。


 

1.脱毛後のお風呂はNG

 脱毛後は肌表面が炎症を起こしている状態です。脱毛をした直後の肌は、普段よりもデリケートな状態になっています。そのため脱毛当日は、原則当日として入浴してはいけません。脱毛した後の肌は軽いやけどをした時と似たような状態になっており、お湯で温めると刺激を与えることになってしまいます。



毛穴も赤くなっていることが多く、熱を帯びた状態です。この症状は、脱毛中に光を浴びせるために熱がこもって起こります。基本的にあたたることは好ましくないため、脱毛サロンや脱毛クリニックの多くは脱毛当日の入浴を避けるようにアドバイスをしています。入浴については施術の翌日以降を推奨しており、当日さえ我慢すれば翌日からは入浴が可能です。



 ではまずなぜ当日の入浴がNGなのか説明していきます。



●脱毛後は肌が火照りやすいため

 脱毛後は、肌全体が火照ったように熱を持っていることがよくあります。お手入れ後にはクリームやジェルなどを使うため、身体を綺麗に洗いたいという気持ちを持つでしょう。しかし脱毛後の肌は、軽度の熱を帯びています。



 身体が熱を持った状態でお風呂に入ってしまうと、炎症が起こりやすかったり長引いたりするなど肌トラブルを起こしかねません。脱毛後の肌は、とても敏感なのでなるべく負担をかけないようにすることが大切です。



●脱毛後は肌が傷つきやすくなっているため

 脱毛することによって、皮膚全体のバリア機能が弱まることがあります。この状態だと、普段ではなんともないことでも肌トラブルに繋がってしまう可能性があります。また湯舟には金が多く存在している為、脱毛後に湯舟につかると菌が入りやすいです。



 侵入した菌が繁殖すると肌が荒れたり、痒みが出たりといった症状が出ます。ひどくなると、皮膚科で治療を受けることになる可能性もあるので注意が必要です。

 またタオルなどで身体を洗うのも控えるようにしましょう。お手入れ後はごしごし洗うと皮膚がめくれて、痛みが増してしまうことも考えられます。脱毛後のお風呂では、肌をいたわることを心がけてください。



 施術後の肌がどれくらいで落ち着くかは個人差があります。翌日というのはあくまで目安で、必ず浴槽に使ってもいいということではありません。人によっては、肌の火照りや毛穴の赤みがなかなか抜けないこともあります。その場合は無理に入浴することはせず、ひとまず様子を見るようにしましょう。



しかしだからと言って、何日も入浴せずシャワーだけだというのも気になる方はいらっしゃるかと思います。肌の赤みがなかなか治まらない時には、普段よりもぬるめのお湯で早めに上がるなどの工夫をしながら入浴しましょう。くれぐれも熱めのお湯につからないことが大切です。



 脱毛した後は、できるだけ肌を清潔にしておくことが本来の考え方です。それでも、脱毛当日の入浴を控えるのには理由があります。入浴をすることで皮膚の表面温度が上がり、それによって血管が広げられて血流が増します。脱毛した後の肌は軽度の火傷に近く、赤みが出ている状態です。そのため血流の増加によって悪化してしまうのです。症状を悪化させた場合は、火傷のように炎症や水ぶくれが起こることもあります。または腫れや赤みが増して皮膚炎に近い状態になるかもしれません。



 脱毛した直後の肌は、本来のバリア機能が低下しています。入浴によって体温が上がると汗を掻きやすい状態になり、汗の油分が細菌を誘導してしまう恐れがあります。もちろんバリア機能の低下は一時的なことですが、回復するまでは感染しやすいため注意が必要です。また家族と暮らしていると複数の人数が同じ浴槽に入ることになり、それだけお湯に雑菌が発生しやすくなりことも懸念されます。細菌が毛穴に入ってしまうと、ニキビのような症状の毛嚢炎が起こる可能性も出てくるでしょう。



 そして脱毛後の肌で注意しておきたいのは乾燥です。発汗することで、余分な水分が肌から失われることになります。脱毛したばかりの肌は普段よりも乾燥しているため、入浴の発汗でさらに乾燥を進行させてしまうでしょう。乾燥は痒みなどを発生させやすく、無意識に掻いてしまうと傷を作ることも心配されます。



2.脱毛当日はシャワーで済ませる

 脱毛当日にお湯に浸かるのは避けたいことですが、シャワーを浴びるだけなら特に問題はありません。シャワーは浴槽のお湯のように溜めたままではなく、常に流しっぱなして使います。そのため清潔であり、浴槽のようにじっくり温まることもなく体温を上げる心配もないからです。



家族と同居してる方でも、シャワーなら清潔に入浴することができるでしょう。もちろん湯温をあまり上げないことが前提ですが、肌の火照りや赤みの悪化を防止することは可能です。



 ではシャワーを浴びる時の注意点について見ていきましょう。



●ぬるめの温度でさっと浴びる

 脱毛をすると、身体が日焼けしたように火照った状態になります。個人差はありますが、ヒリヒリとしたりすることもあります。そんな時に熱いシャワーを浴びると、皮膚の痛みや赤みが出るかもしれません。そのためシャワーはぬるめの温度にして下さい。



 もちろん、人によってぬるいと感じる温度は異なります。しかしいつもよりも温度を下げて、少し冷たいかなという位のほうが肌には優しいのです。

 あまり長く浴びてしっかりと洗うのではなく、ぱっと浴びるくらいにしてください。



●こすらずなでるように洗う

 脱毛後は皮膚が傷ついているため、少しの刺激でも痛みを感じたり触りすぎると炎症を起こしたりして悪化させてしまうことがあります。肌を洗うときは、こすらずに洗うようにしてください。ソープをしっかり泡立てて、手のひらで脱毛した部位をなでるようにして洗ってください。泡で肌の表面を軽く覆うくらいで大丈夫です。



 その後はシャワーでさっと洗い流してください。シャワーの水圧もあまり強くないほうがいいです。普段はタオルやスポンジで洗っている人も、この時は控えてください。たとえガシガシ洗わなくても皮膚をこすることで、毛穴を傷つけたり痛みが出たりします。皮膚の表面が落ち着いて触っても熱くなくなったり、ピリピリとした痛みがなくなったりすればタオルなどを使ってもかまいません。



●メンソールやスクラブ入りのアイテムは使用しない

 身体を洗うとき、さっぱりするためにメンソールを配合したクリニックのスクラブ入りのソープを使っている方もいます。しかし脱毛後は、それらの成分を含んでいるアイテムの使用は控えてください。



 メンソールは皮膚をひんやりさせるために使われている成分です。ただし脱毛後は肌が敏感になっているため、刺激が強すぎてしまいます。そのため冷やすつもりでも肌の炎症を引き起こしたり、腫れたりすることもあります。



 またスクラブもソルトスクラブやオイル成分が配合になったものがありますが、これらも使わないようにしましょう。脱毛したての肌に使うと、皮膚への刺激が強すぎて痛みを引き起こす可能性があります。



 スクラブなどで角質を落とすと、肌のくすみも取れます。肌のキメが整い、バリア機能が回復してくるまでは使用しないようにしてください。



 このように脱毛した後のシャワーの入り方には、気をつける必要があります。洗う箇所は必要最低限にし、短時間で済ませることが原則です。入浴後は柔らかめのタオルで水分を抑えるように優しく拭き取ります。肌を洗うときも拭くときも、こすらないことを心がけましょう。



3.いつからお風呂に入っていいのか

 脱毛後、早くお風呂に入りたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。ではいったいいつ頃からなら、お風呂に入ってもいいのか気になります。そこで次は、いつからならお風呂に入っても安心かを説明していきます。



●翌日からOK

 脱毛サロンや脱毛クリニックでは、脱毛後のお風呂は翌日からOKとしています。1日経つと肌の火照りなどはぐっと落ち着くので、お風呂に入っても心配ありません。ただしこれには個人差があります。皮膚が弱い人や敏感肌の人などは気をつけてください。



 まだ肌に火照りを感じる時は、入浴は避けたほうが良いです。様子を見るためにも普段よりもシャワーや湯舟の温度を少し下げて、肌への刺激が小さくなるようにすることが大切です。また身体を洗うときも、力を入れずに優しく洗うようにするのがポイントです。



●お風呂上がりのケアを入念に

 脱毛してから数日間は、お風呂上がりのケアを入念にしてください。肌が乾燥しやすかったり、刺激に敏感になりやすかったりしています。肌が乾燥した状態や刺激に敏感な状態が続くことで、肌荒れしやすくなるので注意が必要です。



 そのためお風呂上りには、化粧水をたっぷりなじませてください。肌に水分をしっかり補います。もしあれば、敏感肌用に化粧水なども効果的です。さらに保湿成分の高い乳液やクリームも肌に優しく塗ってください。これで乾燥や刺激から肌を守ります。



 化粧水やクリームは、肌を軽く抑えるようにして塗っていきます。なじませようとして強めに刷り込むようにすると、かえって皮膚が荒れるかもしれません。手のひらを使って、肌をそっと包むような感じで肌に浸透させてください。



 肌に水分を補うことで外部の刺激から肌が保護されたり、肌の痛みや火照りを和らげたりできます。肌が本来持っているバリア機能も高まるので、いつもより丁寧にケアすることを心がけてください。他にも冬などが乾燥している時期は、肌も乾燥しやすいのでより入念にケアするのがお勧めです。



 脱毛の施術後にお風呂に入ってはいけない期間は、施術を受けてから12時間が目安です。この時間を過ぎると肌の状態も回復し、一時的に開いた毛穴も閉じてくるので通常通り入浴できます。ただし個人差もありますので、肌の火照りが続くようなら治まるまで入浴を見合わせたほうが無難です。



 なお12時間いないの入浴はNGですが、湯舟に浸からずシャワーっを浴びるのはOKです。高温だと肌への負担が大きいので、シャワーの温度はぬるめに設定するようにしましょう。



4.脱毛当日にお風呂に入ってしまった時の対処法

脱毛の施術後の入浴は、肌トラブルを引き起こす原因となります。では、もし脱毛施術から12時間以内にお風呂に入ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。「肌に赤みや火照りがないか」「乾燥や痒みがないか」「水ぶくれや発疹は出ていないか」の3つをチェックし、下記の対処をしましょう。



●赤みや火照りが出た場合

 涼しい場所でまずは体温を下げ、保冷剤や濡れタオルを使って肌を冷やします。メントール配合のジェルや冷却シートは肌に刺激を与えてしまうので、これらが配合されていない保冷剤や水で濡らしただけのタオルを使います。



 保冷剤を使用する際は、直接肌に当てないようにしてください。冷たすぎるのも、肌に対しては刺激になってしまいます。タオルで保冷剤を包み、患部に当てるようにしましょう。



●乾燥や痒みがあった場合

 お風呂から上がった後、化粧水や美容液、保湿クリームなどを使ってしっかりと保湿ケアを行います。なおこれらの対処を行っても症状が改善されない場合は、皮膚科などクリニックに相談するのがお勧めです。水ぶくれや発疹などが出た場合も、クリニックを受診するようにしましょう。



●トラブルがなくても保湿を心がける

 入浴後特にトラブルは感じなかった場合でも、脱毛の施術によって肌に刺激が加わったことには間違いありません。そのためしっかりをケアをしておきたいところです。

 バスタオルでごしごし拭くのは肌への刺激になってしまうので、お風呂上りは清潔なバスタオルで水分を吸い取るようにそっと拭き取るようにします。その後で化粧水や美容液、保湿クリームなどをたっぷり使って、保湿ケアを行うのがお勧めです。



 普段から保湿をしっかりしておくと肌の状態が良くなり、毛の生え変わる周期も乱れにくくなるため脱毛の効果も高まる可能性があります。施術中の痛みも緩和されるので、施術を受けやすくなるというメリットもあるのです。



●できるだけ安静にする

 脱毛後に湯舟に浸かってしまった場合、まずはできるだけ安静にして体温の上昇を防ぐことが大切です。脱毛後に湯舟に浸かるのを避ける一番の理由は、体温の上昇を避ける竹です。脱毛直後の体温の上昇は、肌トラブルを引き起こす原因になります。入浴によって体温が上昇してしまった場合、なるべく安静にして涼しい場所などでできるだけ早く体温を 下げるようにしましょう。



 肌を冷やすときには、冷却シートなどを当てても大丈夫です。しかし冷却シートを使用する際は、メントールが配合されているものもありますのでそういった類のものは避けてください。



また冷感があるだけで実際に肌の熱をとる効果が高くないものもあります。そういった違いがわかりにくい場合は、冷却シートの使用は避けてください。日焼けした時用の、クーリングジェルでも大丈夫です。アロエなどの成分が入っていると、肌に負担もかかりません。できるだけ肌に優しい成分が含まれたジェルやクリームを使うのがお勧めです。



 脱毛後の肌はダメージを受けた状態のため、敏感になっています。また実感はないかもしれませんが、熱を持った状態でもあります。そのため自分は大丈夫と思って、お風呂に入るのは避けてください。肌トラブルが起きて、大変なことになってしまう可能性があります。

 もし施術後12時間以内にお風呂に入った場合は、肌の状態をしっかり確認するようにしましょう。少しでも異変を感じた場合は、それぞれの症状に合った対策をとるようにしましょう。



5.剃毛時にもお風呂は注意!

 脇やアンダーヘアなどのムダ毛を、お風呂やシャワー時に剃毛処理している方は多いと思います。しかしお風呂場での剃毛処理方法は、実はNGなのです。

 お風呂で柔らかくなってふやけた肌にカミソリなどの金属を当てると、表皮を傷つけてしまう恐れがあるので要注意です。カミソリや電動シェーバーで剃毛するなら、お風呂から出て身体を少し冷やしてから行いましょう。



 ムダ毛の自己処理の際も入浴に関しては気を付けなければいけません。まず一番気を付けなければいけないことはムダ毛処理をお風呂場でしないことです。お風呂場は一番片付けが簡単な場所であるため、よくムダ毛処理の場所に選ばれます。しかし実際は危険です。お風呂場には多くの細菌が潜んでいます。



ムダ毛処理をするとお肌はデリケートな状態になります。その状態のお肌に細菌が入ってしまうと炎症などの肌トラブルを起こす可能性があります。その為お風呂場での自己処理はやめてください。またムダ毛処理は脱毛施術同様、お肌に負荷を与えています。その状態で入浴してしまうと赤みや痒みを引き起こす場合があります。自己処理をした場合も入浴を避け、シャワーで済ませたほうが良いでしょう。



 脱毛の施術後だけでなく、剃毛の際にもお風呂は注意しなければなりません。お風呂は綺麗にしていても、水場の為細菌が存在しやすくなっています。そのため剃って敏感になった肌に、細菌が入って肌トラブルが起きてしまう可能性があります。ムダ毛を処理する際は、その点も注意してください。



6.入浴以外に気をつけること


 脱毛後は、入浴以外にも気をつけたい行動がいくつかあります。注意しないと肌トラブルに繋がるので、注意してください。では脱毛後に気をつけたいNG行動と、その理由について紹介していきます。



●岩盤浴やプール

 岩盤浴やサウナなどは肌の温度が高くなってしまうため、脱毛で火照った肌の状態が悪くなってしまいます。入浴よりも岩盤浴やサウナは温度が高くなることが多いため、炎症が起きるリスクは高いです。他にもプールに入るのも好ましくありません。プールは不特定多数の方が利用するため、雑菌が多く肌に悪影響を及ぼします。また消毒用の塩素も強いため、デリケートな状態の肌には刺激が強いです。



●激しい運動

 脱毛後に、激しい運動をするのも好ましくありません。運動することで血行が良くなり体温が上がるため、肌の表面の温度も同時に上がってしまいます。肌が弱い方であれば、赤みや痒みなどの症状が強く出てしまうことがあります。



 ダイエットなどで運動している方の場合、脱毛のお手入れを受けた当日はお休みするのが無難です。脱毛後は普段よりも肌に熱がこもりやすいため、体調に違和感があることもあります。



●予防接種や薬の服用

 脱毛した部位以外でも、予防接種などの注射を受けるのはNGです。予防接種を受けた後は、身体は免疫を作ろうとしています。そのため体調に変化が起きやすくなっています。すると脱毛前後に予防接種を受けると、体調を崩してしまう可能性があります。



 予防接種を受ける予定がある場合は、脱毛後1週間から10日ほど期間を空けるのがお勧めです。同様に薬の影響も受けやすい為、脱毛前後はなるべく薬の服用を控える必要があります。普段から飲んでいる薬であれば、事前に脱毛サロンや脱毛クリニックに相談することが大切です。



●日焼け

 脱毛後の肌はデリケートな状態であるため、日焼けもNGです。また脱毛のお手入れは1回ではなく何回か通う必要があり、日焼けをしていると度合いによってはその日の脱毛施術を断られる場合があります。これは脱毛機のライトは、黒い色素に強く反応するものが多いためです。



 日焼けをしていると毛根の細胞にライトが反応するのではなく、肌の黒色に反応してしまいます。お手入れの効率が悪くなるだけでなく、肌が熱を持って火傷するリスクも高いです。そのため脱毛に通っている期間は、日焼けをしないようにする必要があります。



 脱毛後は入浴以外にも、これらのことに気をつける必要があります。どの行動も理由があって制限されています。少しくらい大丈夫という甘えで、ひどい肌トラブルを引き起こす可能性もあります。脱毛前後、脱毛期間中のみ気を付ければいいことばかりです。その期間だけ気をつけましょう。



7.まとめ

 脱毛後は肌が火照った状態であり、とてもデリケートな状態です。その為、とにかく肌を優しくしてあげることが一番です。

 基本的には脱毛後の入浴は控えたほうが無難です。入浴すると肌が熱がこもりやすく、炎症が起こりやすいです。そのためもしお風呂に入ってしまったときは、肌を冷やすなどのケアが必要です。



 入浴以外にも、岩盤浴やサウナ、プール、激しい運動なども控えることが大切です。お手入れを受ける時は脱毛前後に控える行動を把握し、せっかくの脱毛の効果を無駄にしないためにも行動に気をつけてください。そして丁寧にケアをして、綺麗な肌を手に入れてください。



 入浴を避けて、シャワーを当日に浴びるのは大丈夫です。しかしシャワーを浴びる際にも、気をつけることはあります。脱毛直後はぬるめのシャワーをさっと浴びる程度にしましょう。脱毛箇所にはボディタオルを使わず、手に泡をとって優しく洗います。メンソールやスクラブ入りのシャンプーやボディソープは、腫れなどの原因になることがあるため避けてください。



 湯舟に浸かるのは、脱毛翌日以降に良しとしている脱毛サロンや脱毛クリニックがほとんどです。入浴OKのタイミングは脱毛サロンや脱毛クリニック、施術内容によって変化します。最終判断は個人ではなく、通っている脱毛サロンや脱毛クリニックの判断に従ってください。



 当サロンでは無料でカウンセリングを行っています。脱毛したいけど不安がある方、脱毛について知りたいことがある方はお気軽にご予約ください。お客様の疑問に答え、不安を解消できるでしょう。お待ちしております。



閲覧数:21回0件のコメント