即効!髭そり後の出血をすぐに止める方法 @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

最終更新: 2019年12月23日


朝髭を剃っている時、深剃りしてしまったり吹き出物を切り落としたりして出血が止まらなくてしまった、という経験がほとんどの方があると思います。



傷の痛さはとても不快なものですが、それ以上に時間の余裕のない朝の出勤前に切り傷からの血がなかなか止まらないことにストレスを感じるでしょう。



タオルで拭いてもティッシュペーパーで押さえても血はどんどん出てくるばかりでなかなか止まらない。でも、もう仕事に行かなきゃ間に合わない...



こんな場合どうすることもできないことが多いと思います。







どのように止血していますか?


髭剃りに失敗し出血が止まらない時、皆さんはどのような方法で止血していますか?



絆創膏を貼る、ドライヤーで乾かす、ティッシュペーパーを顔に貼り付けマスクをしてそのまま電車に乗って出勤。



会社に到着するまでには出血は止まりますが、鏡をみると顔に傷跡が赤黒く残っています

そんな日は1日中髭剃りでできた傷で気分が下がることもあるでしょう。






髭剃りの出血を止める方法とは?


まず、切り傷をお湯で濡らした蒸しタオル(時間に余裕があれば濡れたタオルを電子レンジに30秒から40秒入れて蒸しタオルを作りますで押さえます。



それだけで血が止まる場合もあります。



その後、皆さんご存知のオロナイン液及びオロナイン軟膏を傷口につけます。

(オロナイン液の場合、脱脂綿にオロナイン液を浸し、傷口を塞ぐように押さえます。)



【オロナイン】



オロナインは殺菌消毒をするだけでなく止血作用や鎮痛作用のある成分も配合されており、髭剃りによる出血を抑えることができます。





便利な止血アイテム


スティプテック・ペンというアイテムがアメリカでは使われています。



ペンの形をしたスティック(棒)で、その先を傷口に当てるとあっという間に血が止まってしまう優秀なアイテムです。







カミソリ負けを防ぐためには


毎日、髭を剃った後、顔が血だらけになるという人は、シェービングとスキンケアの方法を見直すことをお勧めします。



電気シェーバーやカミソリの刃が古くなっていないか、髭剃り前に十分、髭を柔らかくし、毛穴を開かせているか、電気シェーバーやカミソリを滑らす方向は正しいか、適切なシェービング剤を使用しているかなどをチェックしましょう。



さらに、洗顔などのスキンケアを怠り、顔を肌表面が凸凹となっていると、電気シェーバーやカミソリの滑りが悪く傷を作ってしまう原因にもなります。

スキンケアも心がけましょう。



たまに髭剃りに失敗し、急いで血を止めたい場合には、蒸しタオルとオロナインで十分対応できるので、そのような状況に陥った場合は先ほど紹介した方法を試してみましょう!


@大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々



【ホットペッパー予約】は

↓こちらをクリック↓

0回の閲覧

​メンズ堂々

  • Facebook
  • Instagram

​住所

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2

​アイアンドエフ梅田ビル10階(1003) 

​電話番号

050-1744-1766

予約確認 (1).png

​「新型コロナウイルス」による
営業状況・
感染症防止対策