メンズ脱毛で1番人気な部位は顔!?



 多くの男性は、ヒゲに悩まされているでしょう。身だしなみとして毎朝お手入れをしていたり、剃毛していたりと方法は様々だと思いますが、多くの方がヒゲが邪魔、ヒゲを無くしたいと思っていると思います。

 また男性の特徴にもなるのが、濃いもみあげだと思います。もみあげをどの程度処理するのか、形もどーするのか、悩みの1つになっている方も少なくないでしょう。

 今回は男性の顔脱毛について説明して行きます。


 

~目次~

1.脱毛方法

2.顔のムダ毛のオススメなお手入れ方法

3.顔脱毛のメリット

4.顔脱毛のデメリット

5.顔脱毛の注意点

6.まとめ

以下の順番で説明して行きます。顔のムダ毛に悩んでいる方、ヒゲだけの脱毛でいいのか考えている方は是非参考にしてください。


 

1.脱毛方法

 顔脱毛法には脱毛サロンや脱毛クリニックで行われている光脱毛(フラッシュ)、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つの方法があります。それぞれの特徴をじっくり比較しながら、自分にあった顔脱毛の方法を選択しましょう。



●光脱毛

 手軽に始められる脱毛方法です。脱毛サロンでは光を照射することにより脱毛することができます。主にIPL(インテンスパルスライト)を照射しますが、毛根は破壊しないため永久脱毛はできません。照射する光はメラニン色素が濃いほどよりよく反応して効果が高まり、熱により毛にダメージを与えて脱毛します。



 そのため、日焼けをして濃くなった肌やホクロやシミには向きません。日焼けが落ち着くまで施術を延期したり、ホクロやシミがある毛は残ったままになります。

 脱毛サロンによっては最新の機器を取り入れているため、ある程度日焼けした肌やほくろやシミから生えている毛に対しても照射することができます。事前に確認しておくと良いでしょう。



 織り重なる波長により広い脱毛範囲を照射できますが、エネルギーが分散されるため照射パワーが弱くなることも事実です。サロンで施術完了に時間がかかるのは主にこの理由によりますが、パワーを抑えた照射で痛みが少なく低料金で脱毛できるメリットがあります。

 また光脱毛は、美肌効果ももたらしてくれます。加齢とともに衰える肌細胞を活性化しながらハリや潤いを高め、さらにイキイキとした肌が実感できるでしょう。ムダ毛処理と美肌のダブル効果で、透明感ある肌が期待できます。



○光脱毛のメリット・デメリット

メリット

一度に幅広い範囲のムダ毛を処理できる

数週間で効果が実感できる

美肌効果もある

痛みが少ない

お手頃料金で脱毛ができる



デメリット

施術が完了するまで長期間かかる




●医療レーザー脱毛:早く終わる

 ドクターのみが取り扱うことができる脱毛方法でふ。強い高温のレーザーを毛根に照射することにより、永久に発毛機能を破壊する脱毛法です。

 医療レーザー脱毛機には様々なタイプがありますが、中でもメディオスターNeXT PROはどんな毛質や肌質にも対応できる最先端の脱毛機としてどんどんクリニックで普及しています。



 毛根でなく手前にあるバルジ領域をターゲットとしており、痛みを抑えた施術ができます。さらにクリニックでは麻酔の使用ができるので、無痛で快適な脱毛ができるでしょう。

 サロンと比べて少ない回数で施術が完了でき、早く永久脱毛をしたい方にはおすすめです。またクリニックではドクターが担当しているので、万が一の肌トラブルに対しアフターケアが万全体制であることもメリットです。



○医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット

短期間で施術が完了できる

肌の負担を抑えた施術ができる

脱毛機によって痛みが少ない顔脱毛が可能

毛根を破壊するので永久脱毛ができる

麻酔の使用で痛みのない施術ができる



デメリット

脱毛サロンと比較すると、脱毛クリニックによって料金が高い

痛みが強い

毛嚢炎やむくみなどの肌トラブルが起こりやすい

脱毛機によって日焼け肌に照射できない場合がある





●ニードル脱毛:永久脱毛ができる

 産毛や日焼けした濃い肌でも施術ができる脱毛方法です。ニードル脱毛は、その場で脱毛効果が実感できる脱毛法です。脱毛サロンや脱毛クリニックで施術ができない状態だったり、効果が期待外れだったときにもおすすめです。



 ニードル脱毛法には、主に電流を流して脱毛する電気分解法、そして熱を通して行う絶縁針脱毛やフラッシュ法などがあります。また、電気分解法とフラッシュ法を同時に行うブレンド法も取り入れられています。



 いずれも毛根を一本ずつ破壊するため痛みも強いのが特徴です。顔の中でも鼻下は特に痛みを感じやすく、サロンでは麻酔使用ができないためかなりの我慢が必要となります。



 また、1度に処理できる本数が少ないので、施術時間や完了期間も長くなります。効果は保証されていますが、ニードル脱毛をするならロングランで予定を組むことが必要です。

 さらに脱毛の手間がかかるため高額な脱毛料金であることも特徴です。サロンやクリニックによって料金形態が異なり、本数または時間制で設定されています。



○ニードル脱毛のメリット・デメリット

メリット

即効的な脱毛効果が実感できる

毛質や肌質にかかわらず脱毛できる

黒子やシミにも施術が可能



デメリット

痛みが強い

高額な脱毛料金がかかる

一度に数本しか脱毛できない

本数によって施術時間が長くなる

施術完了期間が長い



 永久脱毛とは「ヒゲが全く生えない」という意味ではありません。

 永久脱毛の定義



●3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(2/3)以上の毛が減っている状態

●最終脱毛の1カ月後に、毛の再生率が20%以下であること



 つまりほとんどのヒゲが生えなくなるものの、生命力の強いヒゲは時間が経つとまた生えることがあるのです。

 このように脱毛方法は3つあります。それぞれの脱毛方法にメリットやデメリットがあります。永久脱毛の定義はしっかり知りつつ、自分に合った脱毛方法を選択するようにしましょう。



 顔脱毛はセルフケアでもできますが、ワックスで処理するのはおすすめではありません。ワックスは毛抜きと同様に毛穴を開かせたり出血を起こしやすく、毛嚢炎や黒ずみの原因になります。また、しっかり抜けきれないとそのまま皮膚内に残ってしまう埋没毛にもなりかねません。



 様々な毛の太さが混ざった顔脱毛では、ワックスで一度に脱毛したくなるところですが、ワックスは顔に刺激が強すぎるので控えましょう。



2.顔のムダ毛のオススメなお手入れ方法

 いくら身だしなみが綺麗になると言っても、顔脱毛にいきなり踏み出せない方もいらっしゃるでしょう。ツルツルがいいのか、少しでも残すのか、料金はどれくらいなのかと迷う理由はあると思います。そんな時にムダ毛をどうやって処理すればいいのか迷う方もいらっしゃるでしょう。ではオススメな自己処理方法を紹介していきます。



●家庭用脱毛器

 忙しくて脱毛に通えないなら、家庭用脱毛器で顔脱毛をするのも一つの方法です。

○家庭用脱毛器の顔のムダ毛のお手入れ方法



①電動シェーバーで顔全体の毛を剃る

②脱毛器の電源を入れて照射レベルを設定する

③照射する箇所を保冷剤で10秒ほど冷却する

④光を照射して脱毛する

⑤照射した箇所を保冷剤で10秒ほど冷却する

③~⑤を繰り返して脇全体を脱毛する

⑥保湿ケアを行う



 家庭用脱毛器だと、効果が出るまでに20回以上はかかると思った方が良いでしょう。毎日使うと肌トラブルの原因になるから、週に1回のペースで根気よく手入れを続けるようにしましょう。



●電動シェーバー

 肌に負担をかけたくないなら、回転式の電動シェーバーで処理するのがおすすめです。

 電動シェーバーの種類と特徴を簡単にまとめておきます。

往復式:しっかり深剃りできるが肌に負担がかかりやすい

回転式:肌に負担がかかりにくく敏感肌でも安心して使える

ロータリー式:肌への負担を抑えつつ深剃りができる



ではシェービングのコツを紹介して行きます。

電動シェーバーの顔のムダ毛のお手入れ方法

①洗顔をして肌の水分を拭き取る

②長いヒゲがあればハサミでカットしておく

③シェーバーを肌に直角にあてる

④ヒゲが生えている方向に逆らって剃る

⑤保湿ケアを行う



 洗顔後に蒸しタオルで肌を温めてから剃り始めれば、スムーズに剃ることが出来ます。



●カミソリ

しっかり深剃りをしたいなら、カミソリを使って処理して下さい。しかし深剃りしてしまうということは、肌を傷つけているということは忘れないでください。

カミソリの顔のムダ毛のお手入れ方法

①洗顔をして肌の汚れをしっかり落とす

②蒸しタオルでヒゲと肌を温める

③シェービングジェルを塗って1分待つ

④ヒゲの生えている方向に沿って順剃りする

⑤剃り切れなかった毛だけを逆剃りする

⑥保湿ケアを行う



 カミソリを動かす方向と反対に皮膚を引っ張りながら剃ると、ヒゲが立ってしっかり深剃りできます。しかしカミソリは肌の角質を必要以上に削ってしまっています。これは肌荒れや色素沈着につながってしまいます。そのため、自己処理の回数が多くならないように注意しましょう。



●ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスってヒゲにも使えるものもありますが、次の3つの理由からもおすすめできません。

○太いヒゲを抜くと強い痛みを感じる

○出血や毛嚢炎のリスクがある

○埋没毛になる可能性がある



 ブラジリアンワックスはヒゲではなく、額や眉毛まわりのムダ毛を処理するのに使うようにしましょう。



ブラジリアンワックスの顔のムダ毛のお手入れ方法

①ムダ毛を2~3㎝伸ばす

②顔を洗浄しタオルで水分を拭き取る

③ベビーパウダーを塗って肌をしっかり乾かす

④毛の生えている向きに沿って薄め(1㎜)にワックスを塗る

⑤④と同じ方向に手で押さえながらシートを貼る

⑥⑤と逆の方向に一気にシートを剥がす

⑦処理した箇所を手で押さえて痛みを逃す

⑧保湿ケアを行う

⑨1週間が経過したら週1回スクラブケアを行う



 埋没毛を防ぐためにも、脱毛から1週間が経過したら、スクラブ剤が配合された洗顔料でケアを始めましょう。



●脱毛クリーム(除毛クリーム)

 基本的に顔に使える除毛クリームはありません。

 主な理由は次の3つになります。

○除毛剤はアルカリ性だから肌の刺激になりやすい

○顔は皮膚が薄くて敏感だから肌荒れのリスクが高い

○目や口に入ると危険



 それにヒゲのような太い毛には、除毛効果もでにくいのです。リスクが高いうえ効果も低いなら、別の方法で処理した方が良いでしょう。



3.顔脱毛のメリット

 顔脱毛をするメリットについて見ていきましょう。



●髭剃りや眉毛の処理をする必要がなくなる

ムダ毛処理しなくなるだけで、かなり楽になるでしょう。他にも次のようなメリットがあります。

○カミソリ負けによる肌荒れが改善する

○眉毛のデザインに失敗することがなくなる

○シェーバーやシェービングクリームの購入費を○節約できる

眉毛の処理が難しいと思う方も多いでしょう。永久脱毛をしておけば、理想の眉毛をキープすることが出来ます。



●青髭が解消する

 青髭の原因は「毛穴に残った毛根」です。特に肌が白いと、ヒゲが透けて青髭が目立ちやすくなってしまいます。だから深剃りをしても青髭が消えないのです。顔脱毛をすれば毛根がなくなるので、確実に青髭が解消することが出来ます。



●清潔感がアップして女性に好印象を与えられる

 清潔感がアップして女性からの評価も高まるのも、顔脱毛のメリットの1つです。

 青髭が目立っていたり、眉毛がボサボサだったりすると、清潔感がないと思われてしまうから気を付けましょう。



 また顔脱毛を選択することで、ヒゲだけでなく眉毛も施術してもらえる場合があります。眉毛も一緒に脱毛して貰えるのはありがたいですよね。

 当サロンでは顔脱毛の際に、眉毛を処理することはありません。しかし別メニューに眉毛脱毛をご用意しております。眉毛が気になる方は眉毛脱毛を検討してください。

 このように顔脱毛でもできる範囲は変わってきます。全体的に脱毛したい方は、事前に脱毛範囲を確認しておきましょう。



●まとめて脱毛することで自然な仕上がりになる

 このメリットは、以下のメリットにもつながっています。

○境目が目立つことなく自然でキレイに仕上がる

○追加で脱毛するよりも費用を安く抑えられる



 ヒゲだけを脱毛すると、顔の上半分の毛が悪目立ちしてしまう可能性があります。

 また追加で脱毛すると割高になってしまうので、少しでも気になるなら顔全体をまとめて脱毛しておくようにしましょう。



●若々しく見えて第一印象が良くなる

 顔脱毛をすると次のような理由で若く見えるようになるのです。

○ムダ毛がなくなることで顔全体が明るくなる

○毛穴が引き締まって肌がキレイに見える

○おじさんのイメージが強い青髭が解消する



 これはおそらく、就活にも有利になるでしょう。「ヒゲの剃り残しや青髭は、スーツの汚れやシワより印象が悪い」という調査結果も出ているので、注意が必要です。就活の際、第一印象はとても大切です。



 見た目の身だしなみを気をつけたいのであれば、顔脱毛をオススメします。

 また自己処理の回数が減ることで、肌トラブルが改善されるケースも少なくありません。自己処理の回数がどうしても多い方は、顔脱毛を検討してみてください。



4.顔脱毛のデメリット

 メリットがあるということは、もちろんデメリットも存在します。しかしデメリットはしっかり対策を取っておくことで、解決させれることができます。では顔脱毛のデメリットを見ていきましょう。



●脱毛費用がかかる

 さっきも説明した通り自己処理を続けるより脱毛した方が結果的にはお得になります。

 ただ一時的にまとまった費用が必要になるのは、デメリットといえるかもしれません。

「脱毛を始めたいのに、まだ脱毛費用が準備できていなくて…。」という方もいらっしゃるでしょう。



 そういった場合は分割払いにすれば、月々2,000円~3,000円ほどで顔脱毛に通えることがあります。

 ただし分割手数料がかかるので、支払い回数はなるべく少なめにしておくのがおすすめです。



「脱毛費用がかかる」の解決方法

○月々2,000円~3,000円の分割払いで顔脱毛に通う

○支払い回数を少なめにして分割手数料を安く抑える



●痛みを感じることがある

 ヒゲは他の部位に比べて太くて濃いから、強い痛みを感じる可能性があります。

 痛みが苦手なら、次のようなサロンやクリニックで顔脱毛をしよう。

○麻酔やメディオスターが使えるクリニック

○光脱毛ができるサロン



 痛みの心配なく効果もしっかり実感したいなら、麻酔やメディオスターが使えるクリニックに通うことをオススメします。また痛みが心配な方は痛みがほとんどない脱毛サロンの光脱毛をオススメします。



「痛みを感じることがある」の解決方法

○麻酔やメディオスターが使えるクリニックに通う

○光脱毛ができるサロンに通う



●永久脱毛後は元のように生えてこなくなる

 永久脱毛をすると全く毛が生えて来ない訳ではありませんが、元通りには生えてこなくなります。

 脱毛後に次のような後悔をすることがないように、不要な部分だけ脱毛するようにしましょう。

「ヒゲを伸ばしたくなったのに生えてこない…」

「眉毛の形が流行に合わなくなった…」



 眉毛を細くし過ぎたり、ヒゲを奇抜な形にするのもやめておいた方がいいでしょう。後々後悔がないように、無難な形にしておくことをオススメします。

 また全ての毛を無くしたくはないが、減毛効果を得たい方は光脱毛をオススメします。しかしこの方法も脱毛をすると、毛が同じようには生えてきません。そのため髭を生やしたい時が来るかもしれない場合は、その箇所はあまり脱毛しないようにしましょう。



「永久脱毛後は元のように生えてこなくなる」の解決方法

○眉毛やヒゲは不要な箇所だけを脱毛する

○サロンの光脱毛に通う



 顔脱毛のデメリットにはこれらが考えられます。しかしどのデメリットに対しても、対策を取ることはできます。デメリットがあるから脱毛を諦めるのではなく、デメリットを知り対策を練った上で、脱毛をするかどうかを決めるようにしましょう。

 痛みや金銭面に関しては、これらの方法で解決出来ない場合があるかもしれません。しかし必ず方法はあるので、簡単に諦めないようにしましょう。



 また完全にムダ毛を無くしたくない方も要注意です。1度脱毛器の光やレーザーを当てると、二度と同じようには毛は生えてきません。そのためデザインやツルツルに関しては、後悔しないようにしっかり考えた上で脱毛するようにしましょう。