ヒゲが硬くて剃りにくいあなたへ。髭が硬い理由と柔らかくする方法を徹底調査


「髭が硬くて上手に剃りきれない」「しっかり剃っても、夕方には無精髭になっている…」このように髭の硬さに悩む男性は多いです。



髭が硬いと上手に剃りきれないことも多く、無精髭や青髭になり、見た目の印象にも影響を与えてしまいます。

髭の硬さでお悩みの男性へ向け、硬い髭の原因と解決策を徹底追及しました。正しい髭対策をして、清潔感のある肌を手に入れましょう!



髭が硬い理由とは?


まず髭が硬い理由は大きく4つあります。あなたに当てはまるものがないかチェックしてみてください。



インスタント食品を頻繁に食べ身体が酸化している


インスタント食品や肉類など、体内を酸性に傾ける「酸性食品」を頻繁に食べていると、身体が酸化しホルモンバランスが崩れます。



すると、男性ホルモンの働きが過剰になり、髭を濃く硬くしてしまうのです。

身体を酸化させないためには、酸性食品の摂取を控えることが重要です。また、体内の酸化を中和するキュウリやほうれん草などの「アルカリ性食品」を食べましょう。


髭を抜いて硬毛化・多毛化が進行している

「髭を抜くと濃くなる」と聞いたことがあるかもしれません。髭を抜くと濃くなるのは本当です。髭をはじめとする体毛は、外の刺激から身体を守るために生えています。



毛抜で髭を抜いたり負担をかける方法で髭剃りをしたりすると、肌に刺激を与えてしまいます。



すると身体は「刺激から肌を守ろう」とさらに硬く濃い髭を増やしてしまうのです。これが髭を抜くと濃くなる理由です。



それだけでなく、髭を抜き続けると埋没毛や炎症に繋がります。刺激が強過ぎる毛抜きを使った処理はやめましょう。


髭処理の刺激が強い


人間は摩擦や刺激を加えられると、肌を守ろうと皮膚が硬くなったり、毛が濃くなってきます。擦りむいた膝に毛が生えてきたり、角質が硬くなった経験がある方も多いでしょう。



このように、髭を剃る際の刺激が強すぎると、髭が濃く、髭そのものが硬くなります。髭がなかなかきれいに剃れないからといって、繰り返し同じ場所を往復していたり、必要以上に剃刀を肌に押し付けていると髭が硬くなってしまいます。



刺激の強い剃り方・処理法

  • から剃り(シェービングフォームなどを使用しないと滑りが悪く、痛みを感じたり肌に負担がかかります)

  • 逆剃り(毛の生える向きと逆方向に剃刀を使うと負担がかかります)

  • 必要以上に剃刀を肌に押し付ける(肌を傷めます)

  • 刃を定期的に取り換えない(剃れない剃刀は髭が剃れずにひっかかり、肌に負担がかかります)

  • 髭を自分で抜いている(無理に抜くと炎症を起こし、次は抜けないようなもっと硬い毛が生えてきます)



男性ホルモンが多い


髭の生える男性と髭の生えない女性の違いは、男性ホルモンの分泌量です。一般的に男性の男性ホルモンの分泌量は女性の10倍とも言われ、男性ホルモンが多ければ多いほど髭が硬くなります。もちろん髭以外の体毛も濃くなります。



同じ男性でも男性ホルモンの分泌量が多い方のほうが髭は硬く、濃いのです。



男性ホルモンの役割