カミソリ負けはニキビにつながる?!原因やニキビ予防のコツについて徹底解剖 @大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々




カミソリなどで髭剃りの自己処理を行うと、刃の刺激が原因でカミソリ負けを起こしてニキビに繋がってしまうことがあります。



多くの人がカミソリで処理する人が多いのですが、実はカミソリで毛を処理することによってニキビを引き起こしている可能性があります。



今回はカミソリ負けでニキビを引き起こしてしまう原因や、カミソリ負けによるニキビを作らないコツなど、カミソリを使うことによるニキビ対策について詳しく説明していきたいと思います。




カミソリ負けがニキビにつながる原因

【原因①:ニキビではなくニキビに似た毛嚢炎】



カミソリ負けをすることにより、ニキビに似た「毛嚢炎(もうのうえん)」ができる場合があります。この毛嚢炎とは、毛穴の奥の毛根を包んでいる毛嚢と呼ばれる部分に炎症が起こることで、毛嚢にできた小さな傷に菌が入ってしまい感染することで発生します。



カミソリで毛を剃ることにより、刃で傷ついた肌に菌が入ってしまうことで「毛嚢炎」が起きてしまいます。



症状が軽い場合は、肌を清潔に保つことで自然に治りますが、重症の場合は皮膚科にいくまで悪化してしまうこともあるので、気をつけましょう。




【原因②:肌が傷つくことでニキビの原因菌が増殖してしまう】



カミソリによる処理で、肌に刺激が加わってしまい、皮膚の角質が削ぎ落とされ、傷ついたニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖してしまうことでニキビに繋がります。



さらに、カミソリにより肌に刺激が加わってしまうと、皮膚が身を守ろうとしていつもより多く皮脂を分泌しようとしてしまいます。



そして結果的に皮脂をえさにするアクネ菌が増殖してしまい、さらにニキビができやすい環境になるということに陥ってしまいます。


【原因③:治りかけのニキビが悪化してしまう】



治りかけのニキビがあるのに、そこをカミソリで剃ってしまうとニキビが悪化してしまうことがあります。



ニキビができているということは毛穴が開いている状態で、菌などが増殖しやすくニキビが悪化しやすい状態になっています。その状態のときに、カミソリで剃ることでダメージを与えてしまうと、さらにニキビが悪化してしまいます。



治りかけのニキビの箇所は、できるだけカミソリの刃を当てないようにするなど、髭剃りの場合には注意しましょう。




カミソリ負けによるニキビを作らないコツ

【コツ①:シェービングフォームを用いる】