なぜ毛はなくなるのか?【意外と知らない脱毛の原理】徹底解説!! @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

最終更新: 2019年9月14日



「脱毛してみたいな・・・」

そう思っている人は多いかもしれませんが、実際に詳しい『脱毛の原理』ってご存知ですか?脱毛を行なっている人でも細かい原理まで知ってる人は少ないと思います。



今回は脱毛を実際にしている人にも、まだしていない人にもまずは脱毛の原理を知ってもらいたいと思います。



光脱毛の原理


なんで脱毛によって毛が無くなっていくのかというと・・・

光を照射すると、光が日本人特有の黒い毛に反応します。自分たちが見えている範囲の毛の黒い部分(メラニン色素)に光が照射されることで、その光が毛乳頭という部分にダメージを与え、弱らせて破壊を続けることで毛の量自体が減っていくというわけです。



毛乳頭とは?


上記でできた毛乳頭というのは、人間でいう「口」に当たる部分の事になります。人間って口から食べ物を食べたり、水を飲んだりして成長していきますよね。毛乳頭もこれと原理は同じです。毛乳頭が血液などから栄養分を吸い上げて毛を成長させます。



そして、毛乳頭はタンパク質でできていて、脱毛の光が見えている部分の黒い毛に当たるとそこから毛を伝って毛乳頭まで届きます。すると、毛乳頭はタンパク質でできているため、「熱変性」を起こして、成長できなくなります。





わかりやすくいうと・・・

生卵をイメージしてください。生卵は加熱するとどうなりますか?

もちろんのこと卵は固まり、ゆで卵になります。この様な変化を『熱変性』といいます。

生卵からはヒヨコが生まれますが、ゆで卵からはヒヨコは生まれません。熱変性が起こる前の成長期の毛はいわゆる生卵状態で、光を当てることにより熱変性が起きてゆで卵状態になります。



生卵状態の毛はどんどん成長しますが、ゆで卵状態の卵は栄養を摂取することができないので成長は止まります。なので、毛に光を照射すると光が当たった毛は熱変性が起きて生えてこなくなるというわけです。



なんで何回も通う必要があるの?



よく皆さんが気になるのが、「なぜ脱毛は何回も通う必要があるのか?」という事です。

体毛って常に伸び続けることはありません。一定の成長期間を過ぎた後、古くなった毛は抜け落ちて、またしばらくすると新しい毛が生えてくるというサイクルを全ての毛が行なっています。


「成長期」・・・毛が成長している期間

「退行期」・・・毛が抜け落ちていく期間

「休止期」・・・毛が成長を止めている期間

これらのサイクルを『毛周期』と言います。



脱毛の光でアプローチできる毛はこの3つの期間のうち、「成長期」の期間の毛だけになります。なぜかというと、光が毛の黒色(メラニン色素)に反応して、毛を光が伝って毛乳頭に届く事で、熱変性が起き成長が止まります。



しかし「退行期」の毛は、毛と毛乳頭が離れてしまっているため、光が毛乳頭まで届くことができず、アプローチはできません。さらに「休止期」の場合でも、そもそも光を吸収する毛がないため、光でのアプローチは不可能になります。なので、光脱毛で効果があるのは「成長期」の毛だけになります。




【今見えている毛は全体の何%か知っていますか?】


見えている毛(成長期+退行期)は、なんと全体の20〜30%しかないんです。その他の約80%の毛は皮膚の下に眠っています。



この(成長期+退行期の毛:20%)のうち、成長期の毛は約10%くらいになります。

なので、回数を重ねて毎回この10%の毛に光を照射する必要があります。





まとめ

どうですか?脱毛をすでにしている人もこれからする人も詳しい脱毛の原理について理解する事はできましたか?

脱毛についてしっかりと原理を理解した上で、一度脱毛を考えている人はカウンセリングなど受けてみてはいかがですか?



@大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々


77回の閲覧

​メンズ堂々

  • Facebook
  • Instagram

​住所

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2

​アイアンドエフ梅田ビル10階(1003) 

​電話番号

050-1744-1766

予約確認 (1).png

メンズ脱毛は大阪梅田のMEN'S脱毛サロン 堂々にお越しください。メンズ特化で大阪梅田の安い脱毛、おすすめの脱毛はここ。安いヒゲ脱毛が効果的大好評。痛くないのが基本の新脱毛方式を採用。

​「新型コロナウイルス」による
営業状況・
感染症防止対策