いつ毛は無くなるの?光脱毛で毛がポロポロ抜けるタイミングとは!? @大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々


光脱毛の仕組み①メラニン色素


光脱毛は、医療脱毛などとは違って、痛みが比較的少なく費用も医療脱毛に比べて安価でできるため、子供からおじいちゃんまで幅広い世代の人々が通いやすい脱毛方法となっています。


脱毛の原理は、日本人特有の毛の黒い色素であるメラニン色素に光が反応して、この光エネルギーが毛を伝って、毛の成長点である毛乳頭にダメージを与え熱変性を起こさせて、毛を生えてこなくすることで脱毛していきます。



しかし、光脱毛をしたその場で毛が全て抜け落ち流というえわけではなくて、脱毛したのを実感するためには、光脱毛を行ってからある一定の期間が必要となります。



光脱毛の仕組み②毛周期


毛には、毛が生える「成長期」毛が抜け落ちる「退行期」次の毛を生やす準備をする「休止期」の大きく3つに分けられます。そしてこれらを『毛周期』と言います。



光脱毛はこのうち毛の成長点である毛乳頭に繋がっている「成長期」の毛にしか反応しません。そして、私たちが見てわかる成長期の毛は毛全体の10〜20%ほどしかないので、1回で脱毛完了することは不可能になります。



なので、脱毛は生えている毛が全て同じではないため、一回の脱毛後に全ての毛にまんべんなく抜け落ちるということはなく、一定の期間を空けて何度が脱毛する必要があります。



毛が成長期のタイミングを狙って光を当てることで、毛乳頭にダメージを与えることができ、しばらくたって休止期だった毛が成長期になったタイミングで、再び光を当てる。これらを繰り返し行うことで、ほとんどの毛に対してアプローチすることができます。



それでは脱毛を行ってから、行ったどのくらいしたら効果が見られるのか?について、具体的に説明して行きたいとおもいます。




光脱毛後で毛が抜ける2回のタイミングとは?

光脱毛を行ってから、毛が抜け落ちるタイミングとしては、2つあります。



【1回目:光脱毛直後】



光脱毛は基本的に光を当ててから、毛が抜け落ちて行くまでにある一定の時間がかかります。ですが、中には光脱毛を行っているときに瞬間的に抜け落ちていく毛も少量ですが、存在します。



脱毛の際には、光を当てる前にシェービングで綺麗に毛を処理してから光を当てます。施術の際に、光を照射した部分に熱エネルギーが集まり、縮れた毛が飛び出すように抜けていく現象が起こります。これを『ポップアップ現象』といいます。



このポップアップ現象は、男性のヒゲやVIOや脇などの濃くて黒い毛に対してよく見られる現象になります。ポップアップ現象によって、抜け落ちた毛は、光の熱によって焦げて縮んでいる状態のことが多く、この現象は成長期の一部の毛に見られます。




【2回目:光脱毛後2〜3週間】



上記で説明した、ポップアップ現象を除くとほとんどの場合は、脱毛を行ってからしばらくは、あまり大きな変化見られません。



光脱毛を行うことにより、毛乳頭から栄養が得られなくなり、成長できなくなった毛は毛穴から押し出されているような状態になります。