間違ってませんか?香水のつけ方 @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

更新日:2019年9月14日


モテ要素の1つである『香り』

つけ方を間違えると逆効果になってしまいます!



一度あなたの香水との付き合い方について見直しましょう!



香水をつけすぎていたり、場所にふさわしくない付け方すると どうしても印象が悪くなってしまいます。







もともと日本人は匂いがない方が良いという環境で生活していたみたいなので、においには敏感です。



なので香水をつけるうえで、 TPOに合わせた香りの選び方、 周囲に好感を持たせる正しい付け方を覚える事が必須です。



香水をうまく着こなす4つのポイントをご紹介いたします!



香水の種類


香水の種類によってエタノールの濃度や香りの持続時間が違います!

なので、香水をつける前に種類を知っておくことが大切です。



自分の欲しい香水の種類が何なのかを把握するだけで、つける際のポイントも把握しやすくなります。






パルファン


香水の中でもっとも濃度が高く、どのブランドでもトップグレードの位置づけをされているのが「パルファン」です。



金額も高いものが多く、香りが強いためフォーマルな場で使用されることが多いです。

スプレータイプが多い香水の中でもパルファンは液体で使用されており、つける場合は点を意識し一滴をつけたい位置に肌に落とすようにつけます。



濃度が高い分、香りも強いのでつけすぎないように少量での使用を意識しましょう!



香水の濃度:15%~30%

持続時間:5~12時間



オーデパルファン


パルファンに近い濃度なので、程よく強い香りを楽しむことができます。



価格もパルファンと比べると手頃なので手を出しやすく、スプレータイプの種類が多いのでつけやすいことから香水をつける男性からも人気です。



とはいえパルファンに近い濃度なので、こちらもつけすぎはNGです!



【ポイント】

スプレータイプなのでつけたい身体の位置に「線」を意識するように吹きかけましょう。

人によっては「この香り、強い!」なんて思われる場合もあるので、大体1~2プッシュくらいを意識しましょう。



香水の濃度:10%~15%

持続時間:5~12時間



オーデトワレ


濃度も比較的ほどよく、ほんのり香るといった、香り立ちが柔らかいので普段使いの香水として人気なのが「オーデトワレ」です。



これから香水をつけてみようかな?という初心者さんにもオススメです。

カジュアルなデザイン・香りが多く、種類も豊富です。



ただしこちらも濃度が薄いとはいえつけすぎは控えましょう



【ポイント】

線を描くように2~4プッシュする