脱毛当日のマッサージはNG?

 

 体が凝り固まっていたり、疲れを取る為にマッサージに通っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし脱毛後は気をつけなければならないことが沢山あります。今回はその中でもマッサージについてまとめていきます。脱毛に通いながらマッサージに通っている方、マッサージに通っていて脱毛を検討している方、脱毛に通っていてマッサージに通いたいと思っている方はぜひ参考にしてください。


________________________________________


~目次~


1.脱毛後当日のマッサージはダメ?

2.何故ダメなのか

3.どうしてもマッサージが受けたい場合

4.避けるべきマッサージ

5.いつから受けてもいい?

6.マッサージを受けてしまった際の対処法

7.まとめ


以下の順番で説明していきます。マッサージと脱毛を併用したい方、考えている方は参考にしてください。

_________________________________________

1.脱毛当日後のマッサージはダメ?

 

 脱毛サロンや脱毛クリニックで施術を受けたその日は美容dayやリラックスdayとして、マッサージなどを受けに行くスケジュールを立てている方もいらっしゃるでしょう。しかし脱毛と同じ日にマッサージを受けに行くことは避けてください

 施術を受ける時はゴーグルを装着したり、厚手のタオルを顔にかけたりするため分かりにくいですが、身体には負担が掛かっています。もし負担がかかっていても痛みやかゆみがないから大丈夫と思ってはいけません。後から肌トラブルを起こす可能性があるのです。

 脱毛当日のお肌はデリケートな状態となっています。その為マッサージによって赤みやかゆみなどの肌トラブルを起こす可能性があります。肌トラブルを起こしてしまうと照射が受けられなかったりと、脱毛にも影響が出てしまいます。また肌トラブルが起きてしまった場合、マッサージによるものか脱毛によるものか判断ができません。その際は脱毛をしたサロンやクリニック、マッサージを受けたお店でトラブルに対応してもらえない可能性があります。その為どちらにも相談できないこともあります。

 だからお肌のことを考えて脱毛当日は休ませてあげることが大切です。


2.何故ダメなのか

 では脱毛を受けた日にマッサージを受けた場合、どんな問題が起こるのか具体的に見ていきましょう。



●皮膚に刺激を与えてしまう可能性

 光過敏の症状などがなければ光脱毛を受けた後の肌は普段の肌と変わりはありません。レーザー脱毛を受けた後の肌は若干赤みが残っている可能性があります。脱毛の照射を受けた後の肌は痛みはなくても、少なからずダメージを受けている為デリケートな状態になっています。その状態でマッサージを受けると、相乗効果が高まりすぎてしまい体調不良を引き起こしてしまうことがあります。また脱毛を受けた後の肌にエッセンシャルオイルが反応してしまい、皮膚に刺激を感じることも考えられます。


●血行が促進されて炎症が出来る恐れ

 マッサージでは、体調や体質を改善する「治療目的」や「リラクゼーション目的」など様々な効果が得られます。いずれの場合ももみほぐすことで、血行を促すことやリンパの流れを整えることで解決に導きます。

 脱毛を受けた後に筋肉をもみほぐすことで、血行が良くなる為毛根や皮膚の内部に集中していた熱が全体に行きわたってしまう可能性があります。体中に熱がこもった状態が続く為深部火傷の状態になり、皮膚の炎症がいつの間にか出来てしまう可能性も否めません。

 脇の下にはリンパ節があります。その部位を脱毛したのちにリンパドレナージュなどの施術を受ければ、皮膚の炎症が強く出てしまう可能性もあるので注意しましょう。


衛生面の不安

 脱毛を受けた後は毛穴が開いている状態になっており、雑菌が入りやすい環境となっています。多数の方が出入りしていることで、肌に雑菌が付着し感染症を引き起こしてしまう可能性が生じます。

 どんなに衛生面がしっかりしているサロンでも、施術を受ける人の肌の状態が敏感であれば無意味なものとなります。


 これらのようなトラブルが起きてしまう可能性が高くなるため、脱毛後のマッサージはNGとなっています。マッサージは特に肌に触れるものとなっているため、衛生面でも不安が出てきます。


3.どうしてもマッサージが受けたい場合

 脱毛を受けた方の中にも休日の予定が詰まっていて、分けて予約を取ることが出来ない方やどうしても疲れが溜まりすぎていてマッサージに通いタイミングがある方もいらっしゃると思います。その時の対策として脱毛当日に受けることが出来るマッサージ方法について紹介していきます。


●骨格筋調整、歪み調整

 整体やカイロプラクティックは手技を使って骨格調整、歪み矯正を行っていきます。東洋医学や欧米のホメオパシー、国家資格であるカイロプラクティックを元に身体の経路やツボに沿って指圧をしたり、筋肉や愛憎機能の調整を行っていきます。

 奥深くの筋肉、骨格筋のアプローチになる為、脱毛当日でも問題なく受けることが出来ます。

 しかし奥深くの骨、骨格、筋肉を調整していく為、全身の血行が良くなり脱毛した部位が痒くなってしまう場合もあります。心配な方はあらかじめ相談してください。



●接骨院のマッサージ

 国家資格を持った柔道整復師が骨折や脱臼など外傷の怪我の治療の為、骨付きやマッサージを行います。

 また日常生活の中で起きてしまった筋肉疲労や肩こり、筋肉痛などのマッサージも全身の筋肉の状態、骨格筋の歪みや状態に合わせて施術してくれます。全身の状態を見てまんべんなくマッサージしたり、トラブルが起きている原因の部分を集中してほぐすことが出来ます。

 温熱療法、手技、冷却、電気機械を使用して施術を行う為、脱毛部位はあらかじめ相談してから受けるようにしましょう。


●部分マッサージ

 サロンによってはメニューが充実しています。首凝りや肩凝りを丁寧にほぐしてくれる背面のみのメニュー、足裏からお尻までしっかりほぐす下半身のメニュー、疲労回復にまんべんなく全身クイックマッサージなど好みに合ったメニューもあるでしょう。

 洋服の上から皮膚や筋肉をさすったり、ツボを指圧してもみほぐしたりすることで血液やリンパ液の流れを良くし、新陳代謝を活性化するマッサージなので脱毛部位以外でしたら安心して受けることができます。


●タイ古式マッサージ

 肘や手、足で指圧しながらもみほぐす動作とストレッチを組み合わせたマッサージです。洋服の上から施術師がリズミカルに圧を加えながら全身をほぐし、ストレッチではヨガのポーズと同じようにストレッチされていきます。サロンによってはオイルを使用したマッサージメニューもありますが、指圧とストレッチの施術でしたら脱毛後も受けることが可能です。


●足つぼ、リフレクソロジー

 足つぼは足裏の経路を指圧しもみほぐします。リフレクソロジーは足裏をもみほぐしていきます。どちらも自律神経や全身の疲労回復に効果的なとても気持ち良いマッサージです。

 足裏には全身に繋がるツボや反射区がある為、マッサージを受けた後は驚くほど身体がすっきりと軽くなるのを感じることが出来ます。

 メニューによってはふくらはぎまでマッサージがありますが、足裏と甲のみであれば全身脱毛の施術を受けた日でも受けることが出来ます。


ヘッドスパ

 最近ではヘッドスパが注目されており、専門サロンやヘッドメニューも増えてきています。美容室で行うヘッドスパは頭皮のもみほぐし、頭皮の汚れ取り、髪の毛のケアが出来ます。ヘッドスパ専門店やエステで行うヘッドスパは、頭皮のもみほぐし、頭の筋肉の凝りほぐし、血流、リンパ流、脳脊髄液流を良くしてくれるマッサージです。

 頭はストレスや疲れによって凝り固まっている為、ヘッドスパを受けると一瞬で寝てしまったり、全身の疲れがサーっと引いていくような気持ち良さがあります。ヘッドスパは全身脱毛を受けた日でも受けることが可能です。


 これらの方法は脱毛を受けた日でも受けることが出来るマッサージです。中には気を付けなければならない物もあるので注意が必要です。脱毛を受けた後で、どうしてもすっきりしたい日にはこれらのマッサージを利用するようにしてください。


4避けるべきマッサージ

 ではどのようなマッサージは避けていたほうが良いでしょうか。避けるべきマッサージについてもまとめていきます。


●オイルマッサージ、アロママッサージ

 オイルを使用するマッサージはオイルの心地よい香り、感触、ハンドの温かさが伝わり、

とても気持ちいい物ですよね。しかし脱毛後は避けておきましょう。脱毛後のお肌にオイルマッサージは刺激が強く、赤みやかゆみが出てしまう可能性があります。

 さらにアロマを使用している場合、精油によっては血流を良くしたり、肌を温める効果、新陳代謝を活性化する効果があるものが含まれている可能性もあります。だから脱毛後、1週間ほどは空けるようにしましょう。


●瘦身エステ

 エステと言えば痩身というほど人気がありますが、脱毛後は避けておきましょう。痩身エステではセルライトを燃焼する為に身体を温めていきます。

 施術ベットにはヒートマットや岩盤マットなど温かいマットを使用し発汗を促していく為に室温も上げたところでのマッサージになります。マッサージの手法も強擦法、揉捏法という皮膚の上をしっかりもみほぐし、刺激するものになるので脱毛後のお肌には刺激的です。

 さらに痩身で使用されるラジオ波、キャビテーションなどの機械系エステも避けたほうが良いでしょう。

 セルライトを温め、深部で熱を発生させるものになるのでハンドに比べても温まる範囲が広く、脱毛後のお肌には刺激的です。機械をお肌の上で滑らせていく時にも摩擦が出来てしまうので、かゆみが出てしまう可能性があります。

 お肌や身体の為にも脱毛後のお肌が落ち着く2,3週間後以降に受けましょう。サロンや使用する機械によっても一概に言えない場合がありますので、痩身と脱毛を併用して受けたい場合はそれぞれのカウンセリングで相談しましょう。


●岩盤浴、よもぎ蒸し

 岩盤浴、よもぎ蒸しは身体の深部から温めて細胞を元気にしたり、内臓機能を高めると言われます。手軽で料金もリーズナブルの為とても人気がありますが、脱毛後はNGです。サウナと一緒で身体を温め発汗を促します。

 人によっては滝のように汗を掻くので、脱毛後最低でも1週間は空けるようにしましょう。


 これらのマッサージ方法は身体に強い刺激を与える物になっています。中には脱毛と併用すること自体、相談が必要なものもあります。どちらも気持よく受ける為にも、これらのマッサージ方法は避けるようにしてください。


5.いつから受けてもいい?

 脱毛後は肌トラブルを避けるために、マッサージを受けるまで一定の期間を空ける必要があります。しかしサロンやクリニックによって定められている期間は異なります。まずは通うサロンやクリニックに相談して、空ける期間を確認しましょう。

 中には「皮膚の赤みが無くなれば」ということを基準にしているところもあります。しかしその日のうちに赤みが無くなる場合もあれば、数日かかる可能性もあります。施術当日は皮膚の内部にダメージが残っているので、赤みが出ていなくても避けてください。

 お勧めは肌の炎症などの脱毛による副作用がないことを確認できる期間を置くことをお勧めします。その為1週間ほど経過したあたりにマッサージを受けることがベストです。


6.マッサージを受けてしまった際の対処法

 もし脱毛後にマッサージを受けてしまったら、まずは肌トラブルが起きていないか確認することが大切です。赤みや痒み、発疹などが出ていないか確認しましょう。マッサージを受けた直後は出ていなくても、時間が空いたら出てくることもあるので、適度に確認するようにしてください。違和感などを感じたらすぐに確認して対処することが必要です。

 肌トラブルが起きて悪化してしまった場合は、皮膚科などの病院を受診しましょう。病院で診察を受ける際は、脱毛とマッサージを受けたことを伝えるとスムーズに進むはずです。肌トラブルが起きている場合は自己判断せず、専門機関で見てもらうことが大切です。


7.まとめ

 基本的に脱毛後のマッサージは控えるようにしてください。脱毛によってダメージを受けたお肌が刺激されトラブルになってしまったり、衛生面でも不安な部分があります。その為脱毛後にマッサージを受けるスケジュールはなるべく立てないようにしましょう。

 またどうしてもマッサージが受けたい場合、受けても大丈夫そうなマッサージ方法を挙げました。しかし必ずトラブルが起きないというわけではありません。場合によっては肌トラブルが起きてしまう可能性もあります。その為どうしても休みが合わない場合など、緊急の時のみの手段にしてください。

 脱毛に通いながらマッサージを受けたい場合は、施術当日ではなく施術から1週間は空けてマッサージを受けるようにしましょう。

 脱毛とマッサージは別々に受ければ気持ちがよく、リラックスできるものです。しかし合わせて受けることによって、身体が温まりすぎて効果がマイナスになってしまうこともあります。脱毛後のマッサージを受けるまでの期間はサロンやクリニックに確認するようにしましょう。そしてその期間を守ってしっかり空けましょう。



閲覧数:1回0件のコメント