脱毛効果を高める為に大切なのはサイクル!

 現在脱毛の施術を受けている方の中には「なかなか効果を感じられない、今のペースのまま通い続けて効果あるかな?」「忙しくて一定期間通うのが難しい…」「そもそも何回も通う必要性がわからない」というお悩みや考え方をしている方もいらっしゃるでしょう。またこれから脱毛に通おうと考えている方は「少しでも脱毛効果をあげたい!」と思っているでしょう。

 今回は脱毛効果を高める為に大切なサイクルのついて説明してきます。

_________________________________________


~目次~


1.毛周期とは

2.脱毛方法

3.脱毛と毛周期の関係性

4.期間の短すぎ、空けすぎは効果ある?

5.脱毛完了に必要なお手入れ回数、期間は?

6.脱毛中に注意すべき事

7.まとめ


以下の順番で説明していきます。脱毛の効果を高めたい方、脱毛の通う回数について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

_________________________________________

1.毛周期とは

 

まず脱毛する上でとても大切な毛周期について説明していきます。

 そもそも毛はずっと同じ物が伸び続けている訳ではありません。髪の毛をイメージして頂くとわかりやすいと思います。髪の毛は一日で大体50本~100本程度の物が知らないうちに抜けています。これは髪の毛だけではありません。髪の毛は長いので気づきやすいのですが、実は髪の毛以外の毛も知らないうちに抜けていっています。そしてそれと同じタイミングで新しい毛が生えてきています。だから髪の毛が無くなることはありませんし、またどんどん毛が成長していきます。その為残念ながらムダ毛が自然と無くなることもないのです。この毛が生え変わっているサイクルの事を「毛周期」と言います。


 毛周期は大きく3つに分けることが出来ます。これが脱毛に深く関係しています。


 ●成長期

  毛根の最下部(毛球)にある毛乳頭の毛母細胞が分裂を繰り返している段階です。毛乳頭 の毛細血管から毛母細胞に栄養が送られることで毛が成長し、少しずつ肌の表面に向かっ て押し上げられます。

  成長期の毛は最も根が深く、毛の黒い色素が濃いのも特徴の1つです。皮膚の下で毛が 伸びている段階を成長期前期、さらに毛が伸びて肌の表面に出てきた段階を成長期後期と 呼ぶこともあります。

  毛周期の中で唯一しっかりと根元が毛細血管に繋がっている状態です。


 ●退行期

  退行期は毛母細胞の分裂が止まり、毛が毛乳頭から離れ始める段階です。退行期になる と毛が抜け始めるだけでなく、メラニン色素も次第に薄くなっていきます。この段階で肌 から毛が離れ始めています。


 ●休止期

  休止期は毛が毛乳頭から完全に離れて自然と抜け落ち、次の成長期に向けた準備期間で す。この時毛穴から毛は生えていません。よく見ると毛穴だけであるものが見えると思い ます。それが休止期に入っている毛です。


 全ての体毛は同じサイクルで成長していくわけではなく、常に体毛が一定量に保たれるように成長期・退行期・休止期の毛が混在しています。その為毛の量が増えた、減ったということがないのです。だから毛は常に100%で生えていません。実は目に見えている毛はたったの20%~30%だと言われています。

 この「毛周期」を知っておくことが脱毛するうえで大切なのです。


2.脱毛方法

 脱毛方法がどういうものがあるのか、どういう違いがあるのかについて説明していきます。


●ワックス脱毛



 ワックス脱毛は脱毛用に開発されたワックスで、毛とワックスが接着する性質を利用します。これを皮膚に塗り、引きはがす事によって毛を毛根から取り除く方法です。家庭用での処理の為に室内で使えるジェル状の物や、シートに塗布された状態で市販されているものもあります。毛を毛根から取り除くことは出来ますが、毛を作る毛乳頭は体内に残っています。その為毛が生える成長期になると、毛が生えてきます。あくまで一時的な脱毛方法となっています。

 サロンやクリニックでは光やレーザーを目元に当てられない為、眉毛に使うことがあります。


●光脱毛



 今主流となっていて、行っている人が多い脱毛方法です。光脱毛は特殊な光で毛根にダメージを与えることで、体毛を除去する方法です。特殊な光は、毛の黒さの元になっているメラニン色素に強く反応する物となっています。この光を肌に照射して行います。光脱毛は脱毛サロンで行われるのが一般的です。特殊な光を当てる為痛みはなく、光の温かさを感じる程度です。脱毛方法の中では脱毛完了までに期間は掛かりますが、一番お手ごろな値段となっています。大学生の方でも始めやすい方法である為、幅広い人が行う脱毛方法になっています。


●レーザー脱毛

 レーザー脱毛は黒色または茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与え脱毛する方法です。光脱毛と似ている方法となっています。一般に医療脱毛と言われるものであり、医療行為の為、医師もしくは看護師でないと照射はできません。こちらも永久的な効果は高くありません。光脱毛よりばちっとした痛みがあります。また医療行為になる為、値段も高くなります。


●ニードル脱毛



 ニードル脱毛は電気針を使用する医療脱毛の一種です。針脱毛や電気針脱毛とも言われています。皮膚科や美容整形外科のある病院で行われています。医療行為である