脱毛中の日焼けはNG!?



 脱毛に通っている際に注意するべき点はいくつかあります。中でも時に気をつけるべきなのは日焼け対策です。日焼けをしていると脱毛できないという話を耳にしたことがある方は多いでしょう。しかし脱毛をしたいと思い立った時に、すでに脱毛をしていた場合脱毛できるのか不安に思う方も少なくないでしょう。また元から肌の色が黒いから脱毛出来るか心配な方もいらっしゃるでしょう。



 今回は脱毛と日焼けの関係について紹介していきます。

 

~目次~

1.脱毛の原理

2.日焼けをしたらダメな理由

3.すでに日焼けをしてしまった場合

4.脱毛後の日焼けも注意!

5.日焼け対策

6.日焼けしても脱毛する方法

7.脱毛するなら秋~冬!

8.他に気をつけるべきポイント

9.まとめ

以下の順番で説明していきます。肌の色が濃くて脱毛できるか悩んでいる方、脱毛に通いたいけど日焼けをしてしまった方、脱毛と日焼けの関係を知りたい方はぜひ参考にしてください。


 

1.脱毛の原理

 まず脱毛する際に欠かすことのできない毛周期について説明していきます。人間の身体の毛には毛周期というものがあります。この毛周期によって、毛は定期的に生え変わっています。その為ずっと同じ毛が伸びている訳ではありません。交代で毛が生えているので見た感じではわからないと思います。髪の毛が一番わかりやすい例だと思います。髪の毛も抜いていないが、気づいたら抜けてますよね。それも1本2本ではない量がです。このように髪の毛以外の毛も、気づかない間に生え変わっているのです。



 毛周期には3つのサイクルがあります。

 「成長期」・・・毛が毛細血管から栄養をもらい、元気に生える時期

 「退行期」・・・毛細血管から毛根が離れ、毛が抜ける時期

 「休止期」・・・毛が肌の中で眠っており、生える準備をしている時期



この3つを合わせて毛周期と言います。この毛周期が脱毛には深く関わっているのです。



 光脱毛やレーザー脱毛で効果を得られるのは、「成長期」に入っている毛だけだと言われています。実は人間の毛は目に見えているものでたったの20%~30%です。その中でも「成長期」に入っているのは10%~20%です。つまり1回の施術で効果を得られるのはほんのわずかの毛だけなのです。



 なぜ脱毛の効果が得られるのは「成長期」の毛だけなのでしょうか。それは脱毛の仕組みが関わっています。まず脱毛方法ごとの特徴を見ていきましょう。



●光脱毛

 メラニン色素に強く反応する特殊な光を使い、毛根にダメージを与えます。毛根にダメージを与えることで、施術を受けた際「成長期」に入っている毛は徐々に抜けていきます。また「成長期」に入っていると毛を作る細胞にもダメージを与えられます。その為毛の成長を抑制することも出来ます。



●レーザー脱毛

 光脱毛と同様、メラニン色素に強く反応する特殊な光を使い、毛根にダメージを与えます。毛根にダメージを与えることで、毛は徐々に抜けていきます。また毛を作る細胞にもダメージを与えるので、毛の成長を抑制できます。



●ニードル脱毛

 毛穴に特殊な針を刺し、電気を流すことで毛根や毛を作る細胞を破壊します。毛が生えていないと毛穴をしっかり認識できない為、少しの間生やしておく必要があります。ニードル脱毛では毛が生えていれば問題ない為、毛周期は関係ありません。


 

 このように脱毛方法は数種類ありますが、どれもが毛根や毛を作る細胞にダメージを与えたり、破壊したりします。ニードル脱毛は毛周期は関係ありませんが、光脱毛やレーザー脱毛は根元が繋がっている必要がある為毛周期が関係あります。



2.日焼けをしたらダメな理由

 以前、もしくは現在脱毛に通っている方は脱毛期間中の日焼けを注意するように説明を受けたことがあると思います。この説明は光脱毛やレーザー脱毛でされる場合が多い為、脱毛サロンや脱毛クリニックで受けることが多いでしょう。



 脱毛期間中にはなるべく日焼けをしないように過ごすことが大切です。守らないとせっかくツルスベ肌になる為に行っている脱毛なのに、逆に肌トラブルになってしまう可能性もあります。では何故脱毛中の日焼けをしたらいけないのかという理由を説明していきます。



●日焼け=火傷

 肌が日焼け状態になっているというのは、言葉を変えると火傷しているのと同じ状態だと言っても過言ではありません。いわば日焼け肌はダメージを受けた肌に等しく、そのダメージを受けた肌に脱毛の施術をしてしまうと肌トラブルの原因になってしまう可能性があるのです。



 肌トラブルとは具体的に言うと、肌に赤みが出たり肌荒れしてしまうこともあります。脱毛は健康な肌にするべきものです。またトラブルの可能性がわかっているため、リスクを犯すことは出来ません。



●光が反応してしまう!?

 光脱毛やレーザー脱毛の多くは、ムダ毛の黒い色素であるメラニン色素に強く反応して脱毛効果を発揮します。その為なるべく肌が白い方がムダ毛に対してのみアプローチすることが可能です。しかし日焼けをして黒くなってしまうと、肌にも照射の光が反応してしまうこともあります。肌に光が反応してしまうと、痛みを感じたり広い範囲に照射してしまうことで脱毛効果が得られなくなる恐れがあります。



 肌に脱毛照射の光が反応してしまうことで痛みを感じたり、脱毛効果の低下の可能性が考えられます。またそういった問題はなかったとしても、日焼けで敏感になっている肌によりダメージを与えてしまうことで肌トラブルの可能性も考えられます。その為脱毛する前の日焼けは避けるようにしましょう。



 日焼けがNGな理由はわかったけど、特に夏場は外出するだけで日焼けしてしまうという方も中にはいらっしゃるでしょう。ではどの程度の日焼けであれば脱毛中でも大丈夫なのでしょうか。



●変化がないのが目安

 脱毛サロンで日焼けのチェックを行うのは、基本的には目視での確認です。つまり目で見て大丈夫だと判断される程度の日焼けなら大丈夫だということです。夏場でも短時間の外出であればそこまで焼けることもないので大丈夫です。しかしレジャーに出かけたりすると目立つ日焼けをしてしまいます。赤くなったり黒くなったりして焼けていない部分と大きく差が出ているレベルの日焼けは、脱毛が出来なくなるので注意してください。あくまでも日焼けをしていない箇所と変わらない色であることが1つの目安になります。



●脱毛しない部位は大丈夫

 日焼けに注意するとはいえ、脱毛する部位がヒゲだけの場合顔やのどの日焼けに気をつけていれば大丈夫です。というように基本的に脱毛箇所が日焼けしていなければOKという認識を持っておいてください。日焼けしにくい部位のみの脱毛であればそれほど注意する必要がありませんが、腕や足など焼けやすい部位は対策する必要があります。



 脱毛サロンや脱毛クリニックごとに脱毛施術を受けられない度合いは変わってきます。どれくらいの日焼けで脱毛の施術が出来ないか気になる場合は、事前に脱毛サロンや脱毛クリニックに確認しておきましょう。



3.すでに日焼けをしてしまった場合

 紫外線対策をしていても、脱毛期間中に予期せぬ日焼けをしてしまうことがあるかもしれません。そんな時に適切な対策をすることで、肌の回復を早められる可能性があります。うっかり日焼けをしてしまった場合は、少しでも肌の負担を減らして脱毛に影響が出ないように注意してください。



 では日焼けしてしまった場合の対策を紹介していきます。



●日焼け部分を冷やす

 日焼けは強い太陽光で起こる、軽いやけどと同じ状態です。熱いものに触ってできてしまう火傷と同様に、日焼け部位を冷やすのが有効です。日焼けしてから時間を置かず、出来るだけ迅速にシャワーなど冷たい流水で冷やします。シャワーを掛ける時は日焼け部位に勢いよく当てるのではなく、周辺からゆっくり掛けます。流水を掛けるのが難しい時は洗面器に冷水を溜めて冷やす、清潔なタオルに冷水を含ませて冷やすのもお勧めです。



●保湿する

 日焼け後の肌は乾燥しているので、しっかり保湿することで肌の回復も早くなります。肌がダメージを負っている状態なので、出来るだけ低刺激の保湿剤を選ぶのも大切です。保湿力の高いローション、ジェル、ミスト、ワセリンなどがお勧めです。注意したいのはコットンを使ったり、何度も叩き込んだりしないことです。肌が敏感になっているので刺激になることは避け、あくまでも優しく浸透させるイメージで塗ります。



●美肌ケアをする

 日焼けして数日後、肌の炎症が落ち着いたら美白化粧品やサプリなどで美白ケアをしてください。美白化粧品はメラニンの排出を避け、シミをできにくくする効果が期待できます。シミになってしまうとその部分は避けて施術しなくてはなりません。その為シミ予防も大切です。またビタミンCはメラニン生成を抑える働きがあるので、サプリや食品から積極的に摂りビタミンC配合の化粧品で日焼け部分をケアするのもお勧めです。



 もし脱毛前に日焼けをしてしまった場合、これらの方法で対処してください。対処方法があるから日焼けをしていいわけではありません。あくまで対処方法です。そのことを忘れないようにしましょう。



4.脱毛後の日焼けも注意!

 脱毛の施術が終わってしまえば、また脱毛が完了してしまえば、早速日に焼けることが出来る!と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし実は脱毛直後も日焼けは控えるべきです。施術がまだ最後でない場合は特にそうですが、例え最後の施術であったとしても直後

の日焼けを避けるべき点は変わりません。その理由を説明していきます。



●次回の施術に対して

 受けた施術が最後でない場合は、そう遠くないうちに次回の施術を受けることとなります。日焼けからの回復にはどんなにケアをしても1カ月以上の期間が掛かります。その為これだけの期間を空けていない場合、施術直後に日焼けしたところで次の施術までには回復が間に合いません。その結果脱毛施術当日まで皮膚にダメージが残り、施術が受けられなかったり施術スケジュールが遅れたりする可能性があります。



●肌トラブルの原因

 日焼けが皮膚にダメージを与えるのはすでに述べたと思います。しかし実は脱毛の施術も肌を弱らせる行為です。光脱毛では毛根に集中的に光を当てています。しかしレーザーの光を肌に当てている為、周辺の皮膚も多少は影響を受けます。このレーザーの光も紫外線も総称すると電磁波と呼ばれます。人の目に見えるか見えないかの違いがあるだけで、本質的には同じものです。その仲間には普段テレビやネット通信で使われる電波、電子レンジに使用されるマイクロ波などが存在します。



 一般的に光が持つエネルギーは波長が短いほど大きく、可視光よりも波長の短い紫外線であれば日常環境でも人の皮膚を日焼けさせるほど強力です。

 しかし可視光よりも波長が長いマイクロ波を使う電子レンジで食品を温められるように、波長の長い光でも強力な物を集中的に照射すれば大きな影響を及ぼします。

 結果として強力なレーザー光を照射する光脱毛では、日焼け同様皮膚を弱らせます。したがって日焼けと施術の順序を入れ替えたところで、その両方によって加算されるダメージの負の相乗効果を逃れることは出来ません。



 その為日焼けした肌に施術を行った場合同様施術後に日焼けさせたとしても、肌の乾燥や赤み、黒ずみやシミなどの肌のトラブルが発生しやすくなります。美容目的の施術を受けたのに、その後の不注意でシミなどの美容上マイナスの効果を受けてしまっては元も子もありません。場合によっては痛みを伴うこともあるので、例え最後の施術が終わった後でも直後は肌を保湿などで適切にケアを行い、日焼けさせることは控えましょう。



 次回の施術などのスケジュールが遅れてしまうこと、綺麗にする為の施術で肌トラブルが起こってしまうのは悲しいですよね。だからこそ脱毛施術を受けた後でも日焼けには注意しましょう。



5.日焼け対策

 脱毛中に日焼けをしないようにするには、根本的にはなるべく日に当たらないということになります。しかしそうもいかない時もあるものです。そこで脱毛をしている時に日焼けをしてしまいそうな場合、どのように対策するか解説します。



●日焼け止めクリーム

 どうしても日光に当たる場合は、日焼け止めクリームを塗るのが効果的です。しかしやみくもに日焼け止めを塗るのは注意が必要なことを覚えておいてください。効果の高い日焼け止めクリームは肌への刺激も強い為、脱毛中の敏感な肌トラブルに繋がりかねないので注意が必要です。さらに脱毛サロンに行く際に日焼け止めを塗っているとお手入れが出来ないという場合もあるので気をつけてください。



●日傘や帽子で日に当たらないようにする

 なるべく外出せずに日に当たらない方がいいように、外出した際にもなるべく脱毛箇所は日に当たらないように帽子や傘でガードするのがお勧めです。特に全身脱毛など広範囲の箇所を脱毛している場合は、夏でもなるべくUV効果のあるカーディガンを羽織るなど日差しを避ける努力をしてみてください。なるべく厚くない薄手の物でも、UV効果の高いものを選ぶことで夏でも着やすいものがあります。



●2週間は日焼けを避ける

 特に注意して日焼け対策をしたいのが脱毛に行く前後2週間です。しっかりとした日焼け対策というのはなかなか大変で、仕事が忙しい中などは特におろそかになりがちです。毎日続けるのがしんどいという場合でもせめてお手入れの前後2週間は頑張ってください。脱毛の2週間前から日焼け対策を頑張ることで、しっかりとお手入れの効果を出すことが出来ます。



 またその後の2週間はお手入れによってダメージを受け、敏感になった肌を休める為にもしっかり日焼け対策が必要です。特に大切な時期を覚えて、その間はせめて丁寧に日焼け対策をしてみてください。



 日焼け対策はこれらを参考にしてください。どうしても日焼け対策が面倒に感じることはあるかもしれません。しかし日焼け対策は毎日行うことが大切です。出来る限り毎日行いましょう。毎日同じ方法で対策する必要はありません。余裕がある時は日焼け止めクリームを塗り、しんどい時は長袖を着るなど臨機応変に対応しましょう。



6.日焼けしても脱毛する方法

 日焼け肌でも安全に脱毛施術が出来る脱毛方式があります。日焼けしてしまった際の脱毛、元々肌の色が黒い方にお勧めする脱毛方法を紹介していきます。



●蓄熱式脱毛

 蓄熱式脱毛、もしくはSHR脱毛と呼ばれる脱毛方法なら、日焼け肌や色黒肌でも脱毛が出来ます。サロンではSHR脱毛、クリニックでは蓄熱式脱毛と呼ばれています。これらの脱毛方式は毛の成長を促す「バルジ領域」という組織にダメージを与える方法です。

 これらの方法は毛根のメラニン色素に反応するわけではない為、肌に色素があっても問題なく施術できます。他の脱毛方式と比べて照射時の痛みが少ない為、痛みを感じやすい方や肌荒れがある人、敏感肌の人など肌が外部からの刺激に弱い人にお勧めの脱毛方式です。

 当サロンではこのSHR脱毛を使用しています。



●SSC脱毛

 SSC脱毛と呼ばれる脱毛方式も、日焼け肌でも脱毛できるケースがあります。抑毛効果のあるジェルを肌に塗り、上から光を照射して肌に成分を浸透させる脱毛方法です。従来の光脱毛と比較すると肌への刺激が少ない為、軽めの火傷であれは脱毛をしてもらえる可能性が高いです。ただしこんがりと焼けてしまっている肌はやはりNGです。



●ニードル脱毛

 現在は少なくなってきているニードル脱毛も日焼けした肌、色黒の肌でも脱毛することが可能です。この方法は毛穴に特殊な針を刺して電気を流すことで脱毛効果を得ることが出来るのです。その為肌の色や日焼けなど関係がないのです。



 夏に焼けた肌が秋や冬になってもなかなか元の肌には戻らないという時に検討してみてはいかがでしょうか。機械の説明など事前の無料カウンセリングでしてもらえることがほとんどです。その際に確認しておきましょう。

 また脱毛サロンや脱毛クリニックでは肌の状態を見て脱毛の可否を判断します。気になる場合は事前に確認しましょう。



7.脱毛するなら秋~冬!

 脱毛は露出が増える夏に向けて施術を受けるほうが多くなります。脱毛の施術は毎日行うことが出来ません。また日焼けをしない為にも、秋から冬ぐらいの時期に脱毛をするのが望ましいのです。紫外線は年中無休で振り注いでおり、紫外線がない時期はありません。しかし季節によって紫外線の量は異なります。夏と比較すると秋や冬の紫外線は相当少なく、日焼けをする機会が減らせるためお手入れはしやすいです。脱毛にかける時間は多少長くなってしまいますが、秋から冬にかけて脱毛を開始することでちょうど夏ごろに効果を実感できます。



 さらに脱毛は春から夏にかけて利用客が増えます。秋から冬頃に脱毛を開始したほうが予約を取りやすいのもメリットでしょう。



8.他に気をつけるべきポイント

 脱毛に通うことにデメリットもあります。それはお肌にも少なからずダメージを与え、お肌をデリケートな状態にさせるため、肌トラブルが起きる可能性があります。これを防ぐためにしておくべきことがあります。まずは保湿です。乾燥していると赤みや痒みの原因になります。また脱毛効果の減少に繋がる場合もあります。



その為毎日普段より丁寧に保湿するようにしてください。また日焼け対策も大事です。サロンによって基準は変わってきますが、肌が日焼けしてしまうと程度によっては施術を受けることが出来なくなります。これは光脱毛やレーザー脱毛でよく気を付けてと言われる注意です。黒に反応する特別な光となっているため、肌が黒いと肌にダメージを与えてしまう恐れがあります。



また気を付けていればお肌に良いので、日焼けには気を付けるようにしましょう。さらに脱毛施術を受ける前後では代謝を上げる行為を控えたほうが良いです。代謝をあげ、汗をかきやすくなると敏感になっている肌に細菌が入りやすくなってしまいます。また赤みや痒みなど肌トラブルを起こす可能性もありますので、代謝を上げる行為を避けてください。飲酒や運動、入浴が気を付ける行為です。



 一番気を付けてほしいのはムダ毛の自己処理です。脱毛に通うときは基本的に毛を剃っていくことが求められます。その方法に気を付けてほしいのです。T字カミソリは無駄に力を入れてしまい、角質まで傷つけてしまう可能性があります。そのうえで施術をすると通常よりも乾燥してしまう恐れがあります。その為T字カミソリで施術するのはやめてほしいです。一番やってほしくない処理方法は毛抜き・除毛クリームです。



肌トラブルが増えるのはもちろんですが、それよりも良くない理由があります。それは毛根から抜いてしまうことです。毛根から抜く為、見た目的には綺麗になります。しかしそのせいで毛周期が変化してしまいます。せっかく毛周期に合わせて脱毛しているのに、毛周期が変わってしまうと合わせている意味が無くなってしまいます。その為その部分の施術は出来ていないことになります。せっかく脱毛に通っているのにそれは勿体ないですよね。だから毛を根元から抜く処理方法はやめてください。



 処理方法としてお勧めするのは電気シェーバーで剃ることです。電気シェーバーにすることで無駄な力を入れずに剃れ、肌に対して最小のダメージで済ませられることが出来ます。



9.まとめ

 日焼けしてしまった肌を脱毛照射してしまうと、肌トラブルの恐れや脱毛効果の低下など脱毛することでマイナスな影響を与えてしまう場合があります。脱毛前後関係なく日焼けはしないようにしましょう。しっかり日焼け対策、日焼けしても脱毛できる方法を探しておくようにしましょう。



 またどの程度の日焼けがダメなのかは脱毛サロンや脱毛クリニックによって異なります。通う脱毛サロンや脱毛クリニックに確認するようにしましょう。

 当サロンはSHR式の脱毛方式です。多少の日焼けしている場合でも脱毛施術が可能です。気になることがある場合はお気軽に無料カウンセリングのご予約をお願いします。いつでもお待ちしております。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示