脱毛中の化粧水は重要なの?


 脱毛に通っている間は肌ケアに気を付けるようにサロンやクリニックで言われると思います。しかし正しいケアの仕方についてはあまり説明されませんよね。今回は脱毛に通っている間の正しい肌ケアの仕方、お勧めのケア商品についてまとめていきます。肌ケアに悩んでいる方、何の商品が良いのか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


~目次~

1.化粧水、乳液の役割

2.何故脱毛中のケアは大切なの?

3.正しい保湿方法

4.脱毛前日、当日の化粧水の注意点

5.脱毛後の化粧水の注意点

6.お勧めのケア商品

7.まとめ

この順番で説明していきます。脱毛中の化粧水、ケアの大切さをしっかり理解していきましょう。


1.化粧水、乳液の役割

 いつも多くの人がなんとなく肌によさそうだからと、化粧水や乳液を使っているかと思います。しかし化粧水や乳液にはちゃんとした役割があるのです。その役割を知ることで、正しい順番、お手入れ方法を理解しやすくなります。



●化粧水の役割

 化粧水と聞くと、「肌に水分を補うもの」というイメージがあると思います。特にどうしてもケアに疎くなってしまう男性の多くの方は、化粧水の重要性を理解しがたいと思います。化粧水はとても重要な役割があるのです。



化粧水の役割:肌の内部に水分を浸透させること



 まず水と化粧水の違いです。それは「水分の浸透力」です。水を顔につけたとしても、肌はその水分を吸い上げません。反対に化粧水に顔をつけたとすると、水分がしっかりと肌の内部に浸透していきます。



 肌がプルプルとしてみずみずしい状態というのは、肌の角質層はしっかりと水分を確保できている状態です。この状態に近づけるのが「化粧水」の役割なのです。



 しかし化粧水では貯水は期待できません。洗顔後に化粧水をつける事は多くの人がするでしょう。しかし化粧水をつけて肌に不足した水分を補ってあげても、水分は時間とともに蒸発してしまいます。水分を蒸発させない為には皮脂によるコーティング(皮脂膜)がひつようになってきます。これは洗顔をすることで無くなってしまいます。



●乳液の役割


 乳液には美容成分を肌に届けるとともに、「肌を油分でコーティングするような役割」があります。女性は男性と比較して皮脂量が少ない為、洗顔後に化粧水で保湿してもその水分量を維持しにくいという特徴があります。この為多くの女性は洗顔後にまず「化粧水」で水分を補い、その後に「乳液」をつける事で肌表面を保護するという方法を取っています。



 一方で男性の皮脂量は女性と比較して3倍程度あると言われています。この為女性と同じようなスキンケア習慣を真似すればいいというわけではありません。必要以上に油分が溜まるとかえって肌トラブルを招いてしまう可能性があります。その為お勧めは化粧水で様子を見て、乾燥していると感じた時に乳液を試すのが良いでしょう。



 このように化粧水、乳液にはそれぞれの役割があります。洗顔後に化粧水はもちろんのこと、乳液は様子を見ながらつけてみると良いでしょう。いつもより乾燥していると感じた時や痒みを覚えた際には使うようにしてください。



2.何故脱毛中のケアは大切なの?

 脱毛中のケアはとても重要です。実はケアと脱毛は密接な関係があります。その関係性が脱毛の効果にも影響を及ぼしてしまうのです。



●乾燥していると脱毛効果がダウンしてしまう


 水分は空気に比べて物質の伝達が早いです。その為保湿され潤っている肌は、光の伝達が早くなります。その結果しっかりと脱毛効果が引き出せます。ところが肌が乾燥していると光の伝達が悪くなります。その為脱毛効果は下がってしまいます。



●乾燥していると埋もれ毛の原因になる

 光脱毛やレーザー脱毛は特殊な光を肌に当てます。その光はメラニン色素に強く反応するようになっています。そして熱で毛根にダメージを与えます。この光は肌が熱いと感じる前に毛根にダメージを与えます。しかし肌にダメージがないというわけではありません。脱毛施術後は肌が乾燥しやすくなります。乾燥していると新陳代謝が落ちて角質層が厚くなる為、毛が皮膚の表面に上がってこられなくなります。その結果埋もれ毛となってしまうのです。



●脱毛後の熱を早く発散させる為

 脱毛後は肌に熱がこもっている状態です。その為肌がより乾燥しやすくなっています。肌が乾燥していると肌トラブルの原因にもなりかねません。そこで熱を早く発散させる為にもケアがとても重要です。