脱毛中に欠かせないのは保湿!


 脱毛している方は経験あると思いますが、サロンはクリニックでは脱毛を始める際の説明や施術を受けた日に保湿をするよう言われます。保湿をするように言われるだけで、何故なのかあまり説明を受けませんよね。また保湿と言っても何を使えばいいのかわかりませんよね。今回はなぜ保湿は重要と言われるのか、お勧めの商品についてまとめていきます。保湿で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


 

~目次~

1.なぜ保湿は重要?

2.保湿するメリット

3.お勧めの保湿ケア方法

4.ケアするときの注意点

5.市販で買えるお勧めの商品

6.まとめ

以上の順番で説明していきます。保湿の重要性を知る為にもぜひ読んでみてください。

 

1.なぜ保湿は重要?

 エステサロンの光脱毛や医療機関のレーザー脱毛は、特殊な光を肌に当てて熱を利用して脱毛します。この特殊な光は黒い色素に強く反応します。その為肌が熱いと感じる前に毛の根元にダメージを与えられるのです。



熱いとは感じませんが、少なからず肌にダメージを与えています。光で熱を与える為、脱毛後の肌は火照りや水分蒸発が起こり、肌の水分は確実に失われていきます。その為肌は日焼けした状態になっているのです。日焼け後と同じように表皮が軽い炎症を起こし、肌が生まれ変わるターンオーバーサイクルが乱れがちです。するとカサつきやシワ、肌荒れが起きやすくなります。



 また脱毛前の保湿を行うと脱毛の光やレーザーが通りやすくなるメリットが得られます。光やレーザーがまっすぐ毛根に到達出来れば脱毛の効率が上がり、思ったような効果を期待できます。



 だから脱毛前後は必ず保湿が重要になってきます。



2.保湿するメリット

 脱毛前後だけでなく、脱毛期間中も保湿ケアを続けることでメリットがあります。そのメリットについて説明していきます。



脱毛効果の向上

 保湿の重要性でも軽く触れましたが、脱毛の効果を効率よく得られることができます。乾燥肌の方は光やレーザーの照射を続けることで、火傷の危険性が出てきます。その為中には対策としてパワーを下げて照射するサロンやクリニックもあります。



すると最初に予想していた効果を得られないまま脱毛が完了してしまうことがあります。せっかくお金を払い、時間をかけて脱毛したのに期待より効果だと辛いですよね。毎日保湿を続けるだけで、効果を高められるのはありがたいですよね。



施術時の痛み軽減

 肌を潤わせておくと脱毛時の熱や光の刺激を押さえることが出来ます。刺激を押さえることで、自然と痛みも軽減されます。特に毛が濃い部位である脇やVIOは痛みを強く感じます。しっかり保湿して少しでも痛みを軽減しておくと良いでしょう。



肌トラブルの予防

 脱毛の施術を受けた後に刺激を受けたことで、ボツボツとした赤い痕が出来る方もいらっしゃいます。赤い痕はしばらく経つと落ち着いて消えていきますが、人によっては炎症が悪化してしまう人もいます。この多くの原因は乾燥です。



また粉吹きや肌のごわつきも乾燥が原因で起こることがあります。これらの肌トラブルを防ぐ為にも保湿をすることが大切です。また色素沈着も日常的なケアをすることで予防をすることが出来ます。保湿によって肌のバリア機能を高めるだけでなく、修復機能やターンオーバーが正常に働き色素沈着やごわつきのないクリアな肌に導きます。



肌質の向上

 肌に水分を保つことで肌表面を紫外線や細菌から守ります。肌本来が持つバリア機能の維持とターンオーバーの促進にも役立ち、それによって肌のキメやハリ、透明感が向上するので美しい肌になります。また良い肌質になると良い発毛環境を促す為、埋没気や毛穴のたるみ、皮脂トラブルにも効果的です。



 保湿することでこれらのメリットを手に入れることが出来ます。脱毛に関するメリットが多いですよね。脱毛効果を高めるためにも毎日保湿をしましょう。脱毛をすると同時に肌が綺麗になるのも嬉しいですよね。これらのメリットを手に入れるためにも毎日保湿する習慣を付けましょう。



3.お勧めのケア方法

 ケア方法は脱毛している部位ごとに変えていくのが良いでしょう。それぞれ部位によって特徴が異なる為、部位ごとに合ったケアを紹介していきます。




 顔の肌は身体の肌と違って皮膚が薄く、皮脂腺が集中している為トラブルが起きやすい部位です。さらに紫外線の影響を受けやすい為、脱毛後のケアは入念に行う必要があります。

 まずは洗顔です。低刺激で洗浄力が強すぎないものを選びましょう。



洗顔の際は泡立てネットでキメの細かい泡を作り、肌をこすりすぎないように優しく洗いましょう。イメージはしっかり泡立てて、泡で洗う感じです。ピーリングは肌への負担がとても大きいです。ピーリングをしていると施術を受けることが出来ないサロンやクリニックもあります。脱毛に通っている期間は控えるようにしましょう。



 洗顔後のケアは化粧水や美容液でしっかりと潤わせた後に、オイルや乳液クリームで潤いを逃さないように蓋をしましょう。



ボディ

 ボディケアも保湿を大事にしていきましょう。身体の肌は衣服に守られて紫外線の影響を受けにくい代わりに、衣服との摩擦で乾燥が目立ちます。脱毛後はさらに乾燥が激しくなるので、保湿ジェルやローションで整えた後にクリームをたっぷり多めに塗りましょう。身体だからと手を抜いてしまうとすぐに乾燥してしまいます。毎日欠かさず保湿しましょう。



VIO

 デリケートゾーンは脱毛後のケアがとても重要です。不衛生になりやすい部位であると同時に痛みや炎症が起きやすい部位でもあります。脱毛後に洗う際はいつもよりぬるめのシャワーで、湯船には浸からないようにして下さい。拭くときもタオルでこすらずに、タオルで水分を吸わせるようにしましょう。



 施術日だけでなく、日ごろから保湿ケアをすることで脱毛時の痛みがかなり和らぎます。だからこまめな保湿を心がけましょう。



 脱毛後のアフターケアは肌の状態をより良くするという意味でも、脱毛効果を上げるという意味でも非常に大切です。しっかりと保湿して肌トラブルを防いでいきましょう。



4.ケアするときの注意点

 ケアをする時でも注意しなければならないことが沢山あります。毎日欠かさずにケアするのがどうしても無理という方は脱毛施術の3日前からは必ず保湿ケアをするようにしてください。またケアをする時には以下の点に注意してください。



脱毛前の保湿の注意点

 ●ケアのタイミング

  保湿ケアは肌が清潔で柔らかくなったお風呂上りが効果的です。乾くと肌が硬くなって いくので、時間を置かずに素早く保湿剤を塗るようにしましょう。



 ●油控えめなスキンケアを

  脱毛前は油分が少ないローションや乳液、保湿クリームを使うようにしてください。肌 の表面に油分が多く残ると脱毛器のエネルギーが途中でブロックされてしまい、毛根など の毛の根元まで十分に届かない可能性があるからです。



 ●シェービング後にも保湿を

  脱毛箇所のムダ毛は前日までに自分でシェービングをしますが、ムダ毛を剃った後も肌 が乾燥しやすいのでしっかり保湿をしましょう。また毛を剃る時は肌を痛めにくい電気  シェーバーを使うようにしましょう。脱毛クリームは使わないようにしてください。脱毛 クリームの成分が肌に刺激を与えたり、埋没気の原因になったりすることがあります。



脱毛当日の保湿の注意点

 ●脱毛前は軽いタイプで

  脱毛を受けに行く日の保湿ケアはオイルフリーの化粧水や乳液など、軽めのタイプでし ておきましょう。簡単には落とせないウォータープルーフの化粧品や密着性の高い日焼け 止め、油分の多い保湿クリームは使わないのがポイントです。



 ●帰宅後の保湿も念入りに

  帰宅したら脱毛後の肌を観察してください。何か肌トラブルがトラブルがあれば、冷や しましょう。冷やして赤みや痒みが引いたなら保湿してください。清潔な肌に敏感肌用の 化粧水や保湿クリームを優しく塗りましょう。



 施術を受ける数日前と施術を受けた後ではケアで気を付けるべきポイントが異なります。それぞれの注意点に気をつけながら保湿していきましょう。



5.市販で買えるお勧めの商品

 では市販で手に入れるお勧めの商品を紹介していきます。何を使えばいいか悩んでいる方は参考にしてください。



全身用

 ●オルビス クリアボディスムースローション

  背中などのニキビケアと保湿が同時にできます。オイルフリーなのに乾燥痒み肌に効果 があります。逆さでもスプレーができるので、使いやすさも抜群です。



 ●エテルノ エクストラモイスチャーインワンジェル

  シア&マンゴーのwバターやヒアルロン酸、コラーゲンなどのハリ保湿成分が角質まで 届きます。オールインワンジェルはコスパが良く、塗布した時の負担が抑えられるのもポ イントです。



 ●ニベア スキンミルクしっとり

  超乾燥肌~乾燥肌ボディの為の保湿乳液です。ニベア保湿クリームよりも伸びが良く全 身向きです。保湿成分グリセリルグルコシドやヒアルロン酸、セラミドⅡなどを配合して います。



 ●ケアセラ®AP フェイス&ボディ乳液

  新セラミドを世界で始めて化粧品に配合した薬局で買えるコスメです。しつこく繰り返 す乾燥肌のバリア機能回復を助けてくれます。乳液とクリームがあり、w使いもお勧めで す。



 ●ハトムギ化粧水

  天然植物成分ハトムギエキスを配合しています。べたつかないローションの為夏場でも 気にせず使うことが出来ます。保湿以外の成分は極力使わない低刺激性の化粧水です。



顔用

 ●BMオールインワンFジェルR

  フラーレンはアンチエイジングの注目成分です。強い抗酸化作用が長続きし、紫外線対 策や炎症にも有効です。その為日焼けしやすい顔の保湿にお勧めです。スプレータイプの フラーレン美容液もあるので、使いやすい方をお勧めします。



 ●MTメタトロン ファーストステップ・ローション

  医療脱毛クリニックやエステも採用するコスメブランドです。炎症、乾燥、肌荒れを素 早く鎮めることが出来ると明言されている保湿化粧水です。



 ●トレリアン モイスチャーローション

  刺激が少ない原料を厳選使用したヨーロッパのブランドです。乾燥肌~普通肌~オイ  リー肌にも使うことが出来ます。



脇用

 ●アットベリー

  脇の黒ずみや二の腕のブツブツの為のジェルクリームです。脇のケア専門の為、自己処 理や脱毛後の乾燥や黒ずみ対策にも向いています。メラニン生成を抑えるプラセンタや、 ダメージ肌に効くグリチルリチン酸2Kなどを配合しています。


 ●アクアゲルマジェル

  赤みや痒みが出ている乾燥肌や全身に使えるオイルフリーのジェルクリームです。ゲル マニウム、ヒアルロン酸Naやグリチルリチン酸2Kなどを配合しています。



VIO用

 ●敏感肌用ボディミルク

  天然うるおい成分のスベリヒユエキスやグレープフルーツ種子エキスを配合していま  す。さっぱりとした使用感を得られることが出来ます。



 ●ナチュリエ スキンコンディショニングジェル

  みずみずしいジェルに配合した天然ハトムギの保湿成分が角質層へ浸透していきます。 オイルフリー処方でべたつかないのにしっとりとする為、痒みの出やすいVIOにも使いや すいです。



 以上が部位別のお勧めの商品です。多くの種類を挙げていますが、肌質によっては肌トラブルが起こってしまう場合もあります。お勧めだから無理に使い続けるのはやめてください。保湿も大事ですが、自分の肌に合ったものが一番大切です。合うものを探しつつ、保湿していくようにしましょう。



6.まとめ

 いかがでしたか。保湿する重要性、メリットは脱毛に関するものが多いです。肌トラブルを防ぐためにも、また肌を綺麗にする為にもしっかり保湿するようにしましょう。また部位別のケア方法や商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。



 保湿をするだけで効果を高められるのは嬉しいですよね。逆に保湿を怠ってしまうと効果が薄まり、期待していた効果を得られないまま脱毛が終わってしまう可能性もあります。施術前後はもちろんのこと、毎日保湿することを心がけて習慣にしていきましょう。



閲覧数:1回0件のコメント