脱毛の施術を受ける時の剃り残しはNG?



 脱毛サロンやクリニックで施術を受ける際、事前にムダ毛を自己処理して行く方が多いでしょう。また通っているサロンやクリニックによっては、施術を受けるには自己処理をしていることが前提としていることがあります。



しかし自分では手が届かない部位、見えない部位などやりづらい部分もありますよね。またそういった部分を処理しても、完璧に処理するのは難しいですよね。さらに剃り残しがあった場合追加料金がかかるのか、施術を受けることが出来るのか心配だという方もいらっしゃると思います。



 今回は剃り残しがあった場合の当サロンの対応、正しい処理の仕方をまとめていきます。これから通うサロンを決める方や自己処理がうまくいかないと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。



~目次~

1.脱毛前にシェービングが必要な理由

2.剃り残しがあった場合

3.正しいシェービング方法

4.自己処理の注意点

5.まとめ

以上の順番で説明していきます。自分を傷つけないシェービングを学びましょう。


1.脱毛前にシェービングが必要な理由

 サロンやクリニックによって異なりますが、多くのサロンやクリニックではカウンセリングを受けた際に、「事前にシェービングをお願いします。」と言われるでしょう。実は事前にムダ毛処理をしておくのは大切な理由があるからです。




●脱毛効果を高める為

 光脱毛やレーザー脱毛は特殊な光を使って、脱毛効果を与えています。この光は毛の黒い色素であるメラニン色素に反応するようになっています。そして毛根にダメージを与えて、毛を生やす組織の活動を停止させます。



 その為シェービングがしっかり行われておらず、毛が長いままだと肌の外に出ている毛の部分に光が反応してしまいます。すると毛根にダメージを与えられるだけの光の量がなく、しっかり効果がでなくなります。



 せっかく効果がしっかり出るタイミングを狙って光を当てているのに、タイミングを合わせている意味が無くなってしまいます。パワーを上げたらいいのではないか、と思う方もいらっしゃると思いますが、その対応をしてしまうと肌表面へのダメージが大きくなってしまいます。また体内にこもる熱の量が多くなってしまい体調を崩したり、肌の調子が悪くなってしまうことがあります。強さは強いほうがいいというものではなく、効率よく脱毛をすることが大切です。



 脱毛の効果を高める為にシェービングは必要です。



●肌トラブルを防ぐ為

 先ほども説明したように、光脱毛やレーザー脱毛は黒い色素であるメラニン色素に反応することで効果が出ます。シェービングをせずに施術を受けてしまうと長い毛全てに光が反応してしまい、熱を持ち、その熱が肌表面へ大きな負担をかけて火傷になる恐れがあるのです。だから肌へのダメージを最小限にするためにも、脱毛サロンに行く前にシェービングすることが必要になっています。



 以上の理由がある為、脱毛前にシェービングをしておくことは大切です。また剃り残しが多いと、施術時の痛みが出やすくなります。安全にかつ綺麗に毛を無くす為には、事前シェービングをしておくことが必要です。



2.剃り残しがあった場合

 施術を受ける際に剃り残しがあった場合はどうなるのでしょうか。この対応はサロンやクリニックによって異なります。パターンとしては3つに分けることが出来ます。



➀剃り残しがある部分だけ施術しない

 剃り残しがあった場合、その部分だけ施術しないというサロンもあります。またあまりにも剃り残しがひどい場合はその日の施術を断られ、キャンセル扱いになってしまう場合もあります。



②料金を払ってシェービングしてもらう

 サロンによっては料金を支払う、自分でできない部分は事前に言っておけば施術してもらえるなどの対応をしてもらえるところもあります。しかしサロンごとに料金やルールは設定されています。通おうとしているサロン、通っているサロンに確認する必要があります。



③無料でシェービングしてもらう

 料金を支払うことなく、無料で対応してもらえることがあります。ルールなどを確認しておきましょう。