脱毛には副作用ってあるの?

 

 現在多くの方がムダ毛に悩んでいます。またそこまでムダ毛に悩んでいなくても、自己処理をするのが面倒くさいと感じている方も多くいらっしゃいます。その為多くの方が脱毛に通っていたり、脱毛を完了しています。

 しかしこれから脱毛に通いたいと思っても気になるのが脱毛に関する噂ですよね。脱毛に関する噂の1つに「副作用や後遺症がある」という物があります。この噂によって脱毛することを躊躇してしまう方も少なからずいらっしゃるでしょう。本当に脱毛による副作用や後遺症はあるのでしょうか。今回は脱毛に関する副作用や後遺症にまとめていきます。


_________________________________________


~目次~


1.脱毛とは

2.どのムダ毛処理方法にもリスクが存在する

3.脱毛による副作用

4.脱毛による後遺症

5.脱毛するメリット

6.副作用別の対処法

7.予防方法

8.まとめ


以下の順番で説明していきます。脱毛したくても副作用が出るのが怖くて躊躇している方、副作用が出やすい方は参考にしてください。

_________________________________________


1.脱毛とは

 

 そもそも脱毛とは何なのでしょうか。脱毛とは体毛を意図的に除去することであり、美容目的もしくは身だしなみの観点から通われる方が多いです。脱毛方法としてはワックス脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛・光脱毛の4種類があります。


 かつては女性による脱毛が主流で、女性専用の脱毛サロンもあります。しかし近年は男性が行うことも少なくありません。女性は全身をすることが主ですが、男性は髭脱毛から全身脱毛まで幅広く行われています。自分の目的に合わせた部位を脱毛をすることが多いですが、いっそのことと全身をする人が少なくありません。


 また脱毛に関してよく言われている言葉は「永久脱毛」です。しかしこの言葉の意味が脱毛に通う側とサロン側で異なっています。多くの人は「永久脱毛」と聞くと二度と毛が生えてこない状態だと思います。しかしサロン側が使う「永久脱毛」は脱毛終了後1カ月を過ぎた時にムダ毛の再生率が20%以下の状態の事です。この時点で差が生まれてくるので説明と違ったと通いながら思う方も多いです。特に医療脱毛は永久脱毛だと言われますが、医療脱毛だとしても一生毛が生えてこないとは断言できません。




 その為脱毛は毛を再生させづらくさせ、毛の量を減らす効果を与えるものという認識が正しいです。そして生えてくる速度を遅くさせ、ほとんど生えてこない状態にさせます。


 ではどのように脱毛効果が生まれるのか簡単に説明していきます。まず毛は毛乳頭というものがあります。その毛乳頭が毛細血管から栄養をもらい、毛が成長するのです。脱毛ではその毛乳頭にダメージを与えたり、破壊することで減毛効果を得たり、毛が生えなくなったりするのです。


 また毛はサイクルがあります。毛が毛根とつながっていて成長する「成長期」、毛が毛根から離れ抜ける準備をする「退行期」、毛が生える準備をする「休止期」の3つがあります。この3つがサイクルとなって、毛が生え変わっているのです。脱毛の効果を得られるのは「成長期」の時です。何故なら退行期と休止期は毛根と繋がっていない為、毛乳頭をダメージを与え破壊することが出来ないのです。脱毛ではこの成長期に入るタイミングに合わせて施術を行うようにしています。その為一回の施術から最低でも3週間は空ける必要があります。


2.どのムダ毛処理方法にもリスクが存在する

 実はムダ毛を処理していく場合、自己処理も含め、少なからずどのような部位でもどのような方法でも肌へのリスクは存在します。


 

 脱毛サロンや脱毛クリニックの場合光やレーザーを肌に当てて脱毛を行う為、痛みはなくてもどうしても熱のエネルギーによる肌へのダメージは避けられません。ニードル脱毛も肌に特殊な針を刺し電流を流す為、肌へのダメージはあります。ただし肌のダメージは脱毛でのみ発生する訳ではありません。もちろん自己処理でも発生します。自己処理をする際にしっかり下準備をしないままカミソリなどで剃ってしまうと、カミソリ負けをしてしまったり肌が荒れたりしてしまうことがあります。中には経験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。またカミソリ負けのように自覚できるダメージはかなり負荷が掛かっている状態で、傍目にわからないような場合でも肌にダメージを与えてしまっているということはよくあります。これは除毛クリームなどが多いですが、カミソリで剃った時も同じです。目に見えるダメージはなくても、少なからず必ずダメージは負っています。


 このようにどのようなムダ毛処理方法も、こうした肌へのダメージは付きまとう物です。ただ自己処理と脱毛サロン・脱毛クリニックの大きな違いは、医師や脱毛のプロがいるという点です。脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛はプロの手でムダ毛の処理を行ってもらい、さらには肌のトラブルを相談できる為、自分で処理した場合に比べると不安が軽くなります。


3.脱毛による副作用

 脱毛後にする発症すると言われている副作用の症状はいくつかあります。1つずつ詳しく見ていきましょう。


●施術後の皮膚の痛み

 脱毛の施術後、皮膚に赤みが出てしまうことがあります。脱毛の施術の多くは、皮膚に光やレーザーを照射して毛根を除去するという方法で行われます。脱毛器から照射される光やレーザーは熱を持っています。その為光やレーザー照射後の肌には火照りや赤みが生じてしまうのです。

 脱毛後の肌の赤みを抑えるには施術後の脱毛部位を冷やし、保湿ローションを塗るなどのアフターケアが必要になります。十分なアフターケアを行えば、赤みは1週間程度で引いていきます。



●毛嚢炎

 脱毛の施術は毛穴にある毛根に光やレーザーを照射して、ムダ毛を除去していきます。この毛穴に向けてレーザーを照射するということが原因で、毛嚢炎という炎症を引き起こしてしまうことがあります。

 毛嚢炎とは毛穴の奥にある毛包と呼ばれる毛根を包んでいる部位が炎症を起こす症状です。毛嚢炎には痛みや痒みはありませんが、ブツブツとしたニキビのようなものが肌にできます。毛穴にレーザーを照射することで毛穴のバリア機能が弱まって細菌に感染しやすくなり、そのことが原因で毛嚢炎を発症してしまうのです。毛嚢炎は一時的な症状である為、適切な処置をすることで1~2週間程度で治ることが多いです。どうしても治らない酷い場合は皮膚科に行く必要があります。