脱毛する際、Vはどれくらい施術する?




 現在多くの方が脱毛に通っている時代になってきています。脱毛と一言で言ってもヒゲ脱毛、部分脱毛、全身脱毛と、脱毛の種類も多くあります。部分脱毛、全身脱毛を考えた際、気になってくるのはV脱毛だと思います。V脱毛は女性のものだけでなく、男性にも浸透してきています。すると気になってくるのがどこまでVを脱毛するか、ということだと思います。


 今回は男性のV脱毛について説明していきます。V脱毛のメリット、デメリット、人気な形などVについて詳しく紹介していきます。


 

~目次~

1.Vライン脱毛とは

2.VIO脱毛のメリット

3.VIO脱毛のデメリット

4.お勧めのデザイン、メリットとデメリット

5.長さ調整も大切?

6.女性の意見

7.まとめ

以下の順番で説明していきます。Vラインの脱毛に抵抗がある方、デザインを迷っている方はぜひ参考にしてください。満足いくVライン脱毛をしましょう。


 

1.Vライン脱毛とは

 VIO脱毛は最近ではよく聞く言葉になりました。しかしVIO脱毛はよく聞くけど、範囲がどこまでかわからないという方は少なくありません。VIOとはVライン、Iライン、Oラインをまとめた総称です。脱毛サロンや脱毛クリニックによって脱毛できる範囲が異なっていたり、取り扱いがVラインのみだったりする可能性もあります。その為通う前にホームページやカウンセリングなどで事前に確認しておきましょう。



 ここで紹介するVIOの範囲は当サロン「脱毛サロン メンズ堂々」の物を紹介していきます。VIO脱毛を行っている脱毛サロンや脱毛クリニックのおおよそ一般的な範囲となっています。



●Vライン


 両足の付け根に当たる部位です。左右の腸骨と呼ばれる骨盤の一部を結んだ線より下の部分から、鼠径部と呼ばれる足の付け根のやや窪んだ線より上にある三角状の部分のラインより上の部位です。簡単に言うと骨盤あたりから男性器の付け根までです。この範囲をVラインと言います。



●Iライン


 陰茎・睾丸を包んでいる袋の陰嚢全体です。この範囲をIラインと言います。



●Oライン


 肛門周りです。大体粘膜から1cm~2cm離した部位をOラインと言います。



 これらがVIO脱毛のそれぞれの部位となります。脱毛される方は2パターンに分かれます。全部位脱毛される方とIOライン、お尻は脱毛をするけど、最終的にはVラインは少し残したいという方です。ただどちらを選択されるにしても、最初のうちは全部位脱毛されることをお勧めします。そちらのほうがより綺麗に脱毛することができます。



 先に言っておきますが、粘膜の部分は照射すると、火傷するなど肌トラブルが考えられます。肌トラブルが起きることを避ける為、安全性を保つ為に、粘膜から数cm離れた部分を照射するようにしています。



 Vラインは一般的に下着で隠れる逆三角の範囲を指すことが多いです。しかし脱毛サロンや脱毛クリニックによっては足の付け根に沿ったラインを指してVラインと呼ぶこともあります。足の付け根まで気になる方は事前にVラインの範囲を確認しておくと良いでしょう。



 Vライン・Iライン・Oラインのほかに、ギャランドゥと呼ばれる範囲もあります。ギャランドゥとは主にお腹の毛であり、へそ周りからVラインの上にわたる体毛を指します。ギャランドゥの脱毛をしたい場合はVラインでは出来ません。お腹の脱毛を選択する必要があります。



 VIO脱毛を行っている脱毛サロンや脱毛クリニックは、毛が生えていたら照射を行います。大抵毛が生えていない場合には照射を行いません。これは元々毛がない部分に照射をし続けることで、毛が生える組織が活発になってしまい毛が新たに生えてくる可能性があるからです。また肛門の周辺であるOラインとお尻の範囲も迷いやすいところです。



脱毛サロンや脱毛クリニックにもよりますが、後ろ向きに経ったときに見える表面全体はお尻、お尻の割れ目の中で広げないと見えない肛門周辺がOラインとなります。中には肛門の周囲~cmと照射範囲を明確に定めているところもあります。



2.VIO脱毛のメリット

 メンズVIO脱毛をするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。VIO脱毛のメリットについて紹介していきます。




●衛生的になる

 VIO脱毛をすると毛量が減ったり、無くなったりします。すると通気性が良くなり、雑菌が繁殖することも減ります。そもそもVIO周辺は常にパンツとズボンに覆われている為、ムレやすくなっています。



特にデスクワークなど座面と接触している時間が長く、不快に感じやすい方は、脱毛によってストレスを少なくできるでしょう。また清潔を保ちやすいのもメリットです。VIOは排泄物や汗など雑菌が付着し、繁殖しやすい場所となっています。また陰部付近の臭いの原因になり得ます。特に夏場は臭いが気になるという方も多い為、臭い対策にもなります。VIO脱毛することで衛生的になり、臭いやムレ、かゆみなどの悩みが軽減します。



●皮膚炎のリスクが減る

 陰部の皮膚病でもある「いんきんたむし」のリスクも下げることが出来ます。この病気は白癬菌が繁殖することが原因で、簡単に言ってしまうと水虫です。いんきんたむしは高温多湿の場所で増えやすいので、脱毛によって群れが生じにくくなると発症リスクが下がります。



 単なる水虫とはいえ、いざなってみると男性にとってはかなりのストレスになる病気です。症状が酷くなると炎症や水膨れなどを起こすこともあります。不快感を無くす為だけでなく、皮膚病が予防できるのはVIO周辺を脱毛する大きなメリットと言えます。




●見た目がすっきりし、自信がつく

 夏の薄着や水着姿で毛を気にすることから解放されます。夏のレジャーやジムのプールなどで自信が持てるようになり、周囲の目を気にすることもなくなります。



 中には男性器が大きく見えるようになると感じる方もいらっしゃいます。これをメリットだと感じる方もいらっしゃるでしょう。これまで毛で隠れていた部分がはっきり見えれば、大きさに自信がなかった方やコンプレックスに感じている方も状況を変えられる可能性があります。これには個人差があるので、あくまで可能性の話です。



 見た目がすっきりし、自信がつくことで周囲の目もあまり気にならなくなるのはメリットですよね。



●自己処理の時間を減らせる

 VIOのお手入れには時間が掛かってしまいますよね。VIOを脱毛することで、自己処理、お手入れにかけていた時間が短縮できたり、お手入れの回数を減らすことに繋がります。カミソリなどによる怪我や、除毛クリームによる肌荒れを起こすことも減ります。



●女性からのイメージアップ

 海外ではアンダーヘアをお手入れすることは常識的なマナーとされています。日本でもアンダーヘアのお手入れは広まりつつありますが、海外に比べると特に男性はまだまだ少数派というのが現実です。ただし女性には一足早く浸透しているため、清潔感がアップすることで「身だしなみに気を遣っている男性」としていい印象を持ってもらえることもあるでしょう。




●お掃除が楽

 気が付くと陰毛が部屋に落ちていることはありませんか?VIO脱毛をすることで、毛の抜ける量が減ります。すると部屋の掃除が楽になるのです。また着替えをするときに陰毛が絡まなくなり、チャックなどで噛んでしまう心配が無くなります。



 VIO脱毛は見た目の清潔さだけでなく、衛生面でもメリットがあります。もちろん見た目も気になりますが、衛生面や肌トラブルが減少する面もとても嬉しいメリットであると思います。



 これら6つがVIO脱毛のメリットです。これらに関して悩んでいる場合、VIO脱毛することで悩みが小さくなる、もしくは解決する場合があります。



3.VIO脱毛のデメリット

 メリットがあるということは勿論デメリットもあります。VIO脱毛にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。見ていきましょう。




●見られるのが恥ずかしい

 VIOを脱毛する際に、他人にVIOをさらさなければいけません。それを恥ずかしく思う方は少なくないでしょう。もし脱毛中に反応してしまって、嫌がられたら・・・なんて心配をされる方もいらっしゃるでしょう。



しかし実は気にしているのはお客様だけなのです。脱毛サロンや脱毛クリニックのスタッフは多くのお客様を照射していきます。その為しっかり見ている訳ではありません。また脱毛中に反応されたお客様がいらっしゃっても生理反応である為、全く気にしていないのです。



 実際に脱毛サロンや脱毛クリニックで照射される場合、照射部位のみ露わにしたり、タオルで隠すなどの配慮をしています。またパンツをずらす場合もありますが、恥ずかしい場合事前にスタッフに伝えておくと対処してもらえる場合がほとんどです。その為必要以上に恥ずかしがる必要はないのです。



●痛みが激しい

 痛みがほとんどないからと、光脱毛を選択された方も少なくないでしょう。しかし光脱毛とは言っても、VIO脱毛は痛みが激しい場合があります。VIOはとてもデリケートな部位となっています。また毛が濃く、毛量が多くなる部位となっています。そのため他の部位では痛くなくても、VIOは痛いを生じる場合があります。



照射レベルを調整して冷却レベルを上げて行うことが多いですが、それでも痛みが生じる場合があります。痛い場合はスタッフに照射レベルを下げてもらうようにしましょう。我慢ができる場合は我慢するのもいいかもしれませんが、我慢しているとその痛みが1回では終わらなくなってしまいます。



 基本的には脱毛は回数を重ねていくことで、高い効果を出します。回数を重ねることで、照射レベルを上げていきます。そのため痛くなかったからとパワーが強くなり、より強い痛みになってしまう場合があります。その為痛みがある場合は申告し、パワーを下げてもらうようにしましょう。



 これらがVIO脱毛をする際のデメリットになります。見られるのが恥ずかしい方は少なくなく、痛みが不安な方も少なくないでしょう。



 あまり見られる心配がないといってもどうしても女性にVIOを見られるのが恥ずかしい場合は、男性スタッフのみの脱毛サロンや脱毛クリニック、スタッフの性別を選択できる脱毛サロンや脱毛クリニックを選んでおくと良いでしょう。

 また痛みはパワーを下げてもらうことで改善する場合がほとんどです。そのため無理に我慢せず、申告するようにしましょう。



4.お勧めのデザイン、メリットとデメリット

 男性がVを脱毛される際、気になってくるのがどういった形を残すのか、ということだと思います。どういったデザインがあるのかを紹介していきます。またそのデザインにどういったメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。


●逆三角形

 脱毛初心者が始めやすい自然なスタイルの1つです。自然ではありますが、陰茎の根元当たりが鋭利な形状になっています。よく見るとデザインしていることに気が付くレベルで、「ビキニラインを処理している清潔感のある人」を演出することが可能です。

 デメリットとしては、ビキニラインを処理していることに抵抗がある人に気づかれた時くらいでしょう。しかしチラ見程度でははっきりと処理しているかわからないレベルですし、アンダーヘアを薄めにしたい方にお勧めです。


●ハイジーナ

 無毛の状態にすることをハイジーナと言います。日本では馴染みはありませんが、アンダーヘアの処理が当たり前の海外では定番のスタイルです。ハイジーナとも呼ばれているこのスタイルを受容する方は年々増加しており、近年ではハイジ男子という言葉も出現するほどです。



 メリットは無毛という圧倒的な清潔感と解放感です。加えて海外では定番のムダ毛処理の部位となっています。その為海外で生活される方にとっては楽だと思います。

 デメリットとしては、日本では違和感を覚える方がまだまだ多いということです。アンダーヘアを処理しているとは言っても、まだかなり割合が少ないです。友達や同僚と銭湯に行く機会があれば、視線が気になり恥ずかしい思いをしてしまうこともあるかもしれません。しかし意外にも人は自分を気にしているわけではありません。そのためあまり周りの目線を気にする必要はないかもしれません。


●台形型

 最も自然な仕上がりが期待できるアンダーヘアです。仕上がった状態では「ただ陰毛が薄めの男性」といった印象です。脱毛をしていたかどうか、周囲にばれる心配はありません。そのため第三者からの目線を集めることはありません。アンダーヘアの毛量や毛の濃さで悩んでいる方にとってはうれしいスタイルでしょう。



 デメリットとしては、デザイン性が一切ないことです。せっかく脱毛しているのに、特になんの特徴もないというのは少し寂しいかもしれません。中にはデザイン性がないというのがいいと言い換えることもできます。その為そこがメリットだと感じる方は少なくないでしょう。

 毛量を減らすことでアンダーヘアを処理してツルツルにするのも楽であるため、海外生活でもストレスを軽減することができるでしょう。


●長方形型

 どんな水着や下着にも対応できるスタイルです。無毛には抵抗はあるものの、肌の露出が多い仕事をしている男性などにお勧めのスタイルです。実用性を求めた形と言ってもいいかもしれません。 

 中には脱毛の単価が高くなってしまう、脱毛サロンや脱毛クリニックもある可能性があります。このデザインをしたいと考える方は、事前に値段が変わるか確認しておくようにしましょう。



 V脱毛のデザインにはこれらの種類があります。またそれぞれのデザインにメリットはもちろんのこと、デメリットもあります。どのメリットが自分の目的に近いのか、またどのデメリットが一番小さく感じるのかは人それぞれだと思います。自分に合ったデザインを選ぶようにしましょう。



5.長さ調整も大切?

 陰部周りは陰毛が長くて絡まって痛い、蒸れるといったことに悩まされている方も少なくないでしょう。そのような方は陰毛をカットして長さを調整すると良いでしょう。

 カットするだけであれば肌は傷つかないから安心というわけではなく、処理の仕方によっては毛先が尖り、チクチクして痛みや痒みを伴います。正しく処理を行い衛生的な状態を保つ必要があります。



 不自然すぎず、清潔感のある状態で残したい男性には約2㎝がお勧めです。正確に測りながら処理はできないため、不安であれば初めは切りすぎずに調整していくと良いでしょう。

 すきばさみと言えば神の量をすくイメージが強いと思いますが、アンダーヘアであるビキニラインの長さを調整する為に使用する場合にもお勧めです。ただすきばさみであっても毛を切ったときに、毛先が尖りチクチクした不快感が残ることもあります。



 ビキニラインの範囲を縮めずに、長さを調整したい方はヒートカッターの使用もお勧めです。毛を焼き切る為少し焦げ臭いにおいがありますが、火傷の心配はほとんどなく毛の先端に丸みを帯びさせることで、処理後のチクチク感がありません。

 アンダーヘアの長さを調整するだけでも、蒸れは改善されます。また見た目もましになります。陰部を脱毛することに抵抗があるが、毛が濃いのが悩みの方は毛の長さを調整するだけでも変わるでしょう。



6.女性の意見

 

男性がVIO脱毛をする上で気になるのは異性の目だと思います。メンズVIO脱毛に対する女性の意見を見ていきましょう。

 VIOの毛に対して、女性の約半数は否定的な印象を持っています。特に陰嚢を含むIラインは、またの付け根あたりのVラインや肛門周りのOラインよりネガティブな意見が多い傾向があります。



 若い世代の女性の9割以上がVIO脱毛をしてほしいと思っている傾向にあります。また5人に1人くらいの割合でハイジニーナのデザインにしてほしいと思っている傾向もあります。

 しかし女性の中には男性のVIOがツルツルであることに抵抗を感じてしまう方もいます。毛量を減らすなど適度に処理していると清潔感があって好印象という意見もあります。



デザインや毛量に関しては人によって好みが分かれます。パートナーがいる男性は一度相談してみることをお勧めします。またパートナーがいない場合は、後から変更できるようにナチュラルや逆台形など、自然なデザインにしておくと安心でしょう。



 男性のVIO脱毛に関する女性の意見は肯定的な物が多いです。しかしデザインに抵抗がある方がいる場合もあるので注意するようにしましょう。



7.まとめ

 Vラインは一般的に下着で隠れる逆三角の範囲を指すことが多いです。しかし脱毛サロンや脱毛クリニックによっては足の付け根に沿ったラインを指してVラインと呼ぶこともあります。足の付け根まで気になる方は事前にVラインの範囲を確認しておくと良いでしょう。



 VIO脱毛を脱毛することには、メリットやデメリットがあります。衛生的になるのはもちろんのこと、見た目がすっきりする、自己処理が楽になるなど自分に自信が持てるようになるでしょう。しかしデリケートゾーンとして他人に見られるのが恥ずかしいという方も少なくないでしょう。



脱毛サロンや脱毛クリニックによって脱毛の仕方は変わりますが、実はスタッフはあまり気にしていません。痛みを伴いやすい部位となっている為、お客様の反応を気にしているからです。その為気にしすぎる必要はありません。しかしどうしても気になる場合は男性のスタッフが施術してくれるサロンやクリニックを選ぶと良いでしょう。



 またVには様々なデザインがあります。自分が満足できるデザインを選ぶようにしましょう。



 陰部を脱毛することに抵抗がある方は少なくないかもしれません。そういった方は長さを整えるだけでも変化があります。長さを調整することに挑戦してみてもいいかもしれません。



 当サロンでは無料でカウンセリングを行っています。気になっていることがある方、興味がある方は気軽に予約ください。お待ちしております。



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示