知らず知らずのうちに損してる?!青髭が周りに与えてしまう悪影響について @大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々



青髭は男性だったら仕方ない・・・

そんな風に諦めちゃってはいませんか?



実は青髭なだけであなたがおもっている以上に周りからの印象は悪くなってるかもしれません。


今回は、そんな青髭が与える悪影響について詳しくお伝えして行きたいと思います。




青髭が周りに与える悪影響


顔が整っているからかっこいい?

自分はもともとブサイクだから無理?

そんな風に諦めるのは早いかもしれません。



もちろん持って生まれた顔はそれぞれあるとは思いますが、そういうひとってどこかしら清潔感がありませんか?



芸能人などかっこいいと言われる人を誰でもいいので想像してみてください。

その中に青髭の人はいましたか?



なかなか青髭の人でかっこいい人っていないですよね。

要するにそういうことです。



青髭をそのままにしているだけで、知らず知らずのうちに顔面偏差値を落としている可能性があるんです。



一般的に青髭が与えている悪印象として


・不潔そう、清潔感がない

・老けて見える

・生理的に汚く見える


などなど・・・

どれもなかなか嬉しいものではないですよね。



もちろん全ての人がこのようにおもっているわけではないとは思いますが、3つ目に関しては存在を否定されているようにも思えます。



青髭なだけで、近寄りたくないと思われてしまってはなかなかきついものがありますね。




3つのイメージダウン

青髭なだけで、様々な場面で相手に悪い印象を与えてしまっています。



①就活でのイメージダウン


誰もが1度は経験するであろう就活活動においてもヒゲは影響してきます。

その人のコミュニケーションスキルや仕事スキルと同様に重要なポイントなのが「見た目」です。



ある会社の人事担当の人からの情報ですが、就活の面接の際に「印象が悪くなるポイント」として「青髭・ヒゲの剃り残し」がありました。



なので就活生のみなさんは、面接の際などにはしっかり剃り残しがないか確認してから面接に臨みましょう。



②仕事面でのイメージダウン


就活生だけでなく、もちろん営業マン同様で、営業先に行った時に剃ってから時間が経ってしまったからといって伸びていては、印象も悪くなってしまいます。



「不潔な印象」を相手に与えないように気をつけましょう。