男性のVIO脱毛、どう見られてる?



 最近では男性の脱毛も増えてきています。脱毛していく段階で、もしくは脱毛にいくことを悩む段階で脱毛するか悩む部位は、VIOだと思います。VIO脱毛はアンダーヘアの脱毛の事で、医療脱毛クリニックやメンズ脱毛サロンで行うことが出来ます。男性のVIO脱毛は抵抗があるという方、VIO脱毛は女性の物だと考えている方は、まだまだ多いと思います。

 またデリケートゾーンであるがゆえに、同性だけでなく異性からの見る目も他の部位より気になると思います。今回は男性のVIO脱毛について見ていきます。


 

~目次~

1.VIOの範囲

2.VIO脱毛のメリット

3.VIO脱毛のデメリット

4.脱毛するなら脱毛サロン・脱毛クリニック

5.お勧めのデザイン

6.女性の意見

7.まとめ

以下の順番で説明していきます。VIOを脱毛するか迷っている方、VIO脱毛に関して周りの目が気になってしまう方はぜひ参考にしてください。


 

1.VIOの範囲

 VIOとはVライン、Iライン、Oラインをまとめた総称です。脱毛サロンや脱毛クリニックによって脱毛できる範囲が異なっていたり、取り扱いがVラインのみだったりする可能性もあります。その為通う前にホームページやカウンセリングなどで事前に確認しておきましょう。



 ここで紹介するVIOの範囲は当サロン「脱毛サロン メンズ堂々」の物を紹介していきます。VIO脱毛を行っている脱毛サロンや脱毛クリニックのおおよそ一般的な範囲となっています。



●Vライン

 両足の付け根に当たる部位です。左右の腸骨と呼ばれる骨盤の一部を結んだ線より下の部分から、鼠径部と呼ばれる足の付け根のやや窪んだ線より上にある三角状の部分のラインより上の部位です。簡単に言うと骨盤あたりから男性器の付け根までです。この範囲をVラインと言います。



●Iライン

 陰茎・睾丸を包んでいる袋の陰嚢全体です。この範囲をIラインと言います。



●Oライン

 肛門周りです。大体粘膜から1cm~2cm離した部位をOラインと言います。



 これらがVIOの範囲となっています。先に言っておきますが、粘膜の部分は照射すると、火傷するなど肌トラブルが考えられます。肌トラブルが起きることを避ける為、安全性を保つ為に、粘膜から数cm離れた部分を照射するようにしています。



 Vラインは一般的に下着で隠れる逆三角の範囲を指すことが多いです。しかし脱毛サロンや脱毛クリニックによっては足の付け根に沿ったラインを指してVラインと呼ぶこともあります。足の付け根まで気になる方は事前にVラインの範囲を確認しておくと良いでしょう。



 Vライン・Iライン・Oラインのほかに、ギャランドゥと呼ばれる範囲もあります。ギャランドゥとは主にお腹の毛であり、へそ周りからVラインの上にわたる体毛を指します。ギャランドゥの脱毛をしたい場合はVラインでは出来ません。お腹の脱毛を選択する必要があります。



 VIO脱毛を行っている脱毛サロンや脱毛クリニックは、毛が生えていたら照射を行います。大抵毛が生えていない場合には照射を行いません。これは元々毛がない部分に照射をし続けることで、毛が生える組織が活発になってしまい毛が新たに生えてくる可能性があるからです。また肛門の周辺であるOラインとお尻の範囲も迷いやすいところです。



脱毛サロンや脱毛クリニックにもよりますが、後ろ向きに経ったときに見える表面全体はお尻、お尻の割れ目の中で広げないと見えない肛門周辺がOラインとなります。中には肛門の周囲~cmと照射範囲を明確に定めているところもあります。



2.VIO脱毛のメリット

 メンズVIO脱毛をするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。VIO脱毛のメリットについて紹介していきます。



●衛生的になる

 VIO脱毛をすると毛量が減ったり、無くなったりします。すると通気性が良くなり、雑菌が繁殖することも減ります。そもそもVIO周辺は常にパンツとズボンに覆われている為、ムレやすくなっています。特にデスクワークなど座面と接触している時間が長く、不快に感じやすい方は、脱毛によってストレスを少なくできるでしょう。



また清潔を保ちやすいのもメリットです。VIOは排泄物や汗など雑菌が付着し、繁殖しやすい場所となっています。また陰部付近の臭いの原因になり得ます。特に夏場は臭いが気になるという方も多い為、臭い対策にもなります。VIO脱毛することで衛生的になり、臭いやムレ、かゆみなどの悩みが軽減します。



皮膚炎のリスクが減る

 陰部の皮膚病でもある「いんきんたむし」のリスクも下げることが出来ます。この病気は白癬菌が繁殖することが原因で、簡単に言ってしまうと水虫です。いんきんたむしは高温多湿の場所で増えやすいので、脱毛によって群れが生じにくくなると発症リスクが下がります。



 単なる水虫とはいえ、いざなってみると男性にとってはかなりのストレスになる病気です。症状が酷くなると炎症や水膨れなどを起こすこともあります。不快感を無くす為だけでなく、皮膚病が予防できるのはVIO周辺を脱毛する大きなメリットと言えます。



●見た目がすっきりし、自信がつく

 夏の薄着や水着姿で毛を気にすることから解放されます。夏のレジャーやジムのプールなどで自信が持てるようになり、周囲の目を気にすることもなくなります。



 中には男性器が大きく見えるようになると感じる方もいらっしゃいます。これをメリットだと感じる方もいらっしゃるでしょう。これまで毛で隠れていた部分がはっきり見えれば、大きさに自信がなかった方やコンプレックスに感じている方も状況を変えられる可能性があります。これには個人差があるので、あくまで可能性の話です。



 見た目がすっきりし、自信がつくことで周囲の目もあまり気にならなくなるのはメリットですよね。



●自己処理の時間を減らせる

 VIOのお手入れには時間が掛かってしまいますよね。VIOを脱毛することで、自己処理、お手入れにかけていた時間が短縮できたり、お手入れの回数を減らすことに繋がります。カミソリなどによる怪我や、除毛クリームによる肌荒れを起こすことも減ります。



●女性からのイメージアップ

 海外ではアンダーヘアをお手入れすることは常識的なマナーとされています。日本でもアンダーヘアのお手入れは広まりつつありますが、海外に比べると特に男性はまだまだ少数派というのが現実です。ただし女性には一足早く浸透しているため、清潔感がアップすることで「身だしなみに気を遣っている男性」としていい印象を持ってもらえることもあるでしょう。



●お掃除が楽

 気が付くと陰毛が部屋に落ちていることはありませんか?VIO脱毛をすることで、毛の抜ける量が減ります。すると部屋の掃除が楽になるのです。また着替えをするときに陰毛が絡まなくなり、チャックなどで噛んでしまう心配が無くなります。



 VIO脱毛は見た目の清潔さだけでなく、衛生面でもメリットがあります。もちろん見た目も気になりますが、衛生面や肌トラブルが減少する面もとても嬉しいメリットであると思います。



 これら6つがVIO脱毛のメリットです。これらに関して悩んでいる場合、VIO脱毛することで悩みが小さくなる、もしくは解決する場合があります。



3.VIOのデメリット

 メリットがあるということは勿論デメリットもあります。VIO脱毛にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。見ていきましょう。



●見られるのが恥ずかしい

 VIOを脱毛する際に、他人にVIOをさらさなければいけません。それを恥ずかしく思う方は少なくないでしょう。もし脱毛中に反応してしまって、嫌がられたら・・・なんて心配をされる方もいらっしゃるでしょう。しかし実は気にしているのはお客様だけなのです。脱毛サロンや脱毛クリニックのスタッフは多くのお客様を照射していきます。その為しっかり見ている訳ではありません。また脱毛中に反応されたお客様がいらっしゃっても生理反応である為、全く気にしていないのです。



 実際に脱毛サロンや脱毛クリニックで照射される場合、照射部位のみ露わにしたり、タオルで隠すなどの配慮をしています。またパンツをずらす場合もありますが、恥ずかしい場合事前にスタッフに伝えておくと対処してもらえる場合がほとんどです。その為必要以上に恥ずかしがる必要はないのです。



 どうしても女性にVIOを見られるのが恥ずかしい場合は、男性スタッフのみの脱毛サロンや脱毛クリニック、スタッフの性別を選択できる脱毛サロンや脱毛クリニックを選んでおくと良いでしょう。



●痛みが強い

 VIOは痛みに敏感な部位となっています。そもそも脱毛には多かれ少なかれ痛みが伴います。その痛みをVIOは感じやすいです。痛みが不安な場合は痛みの感じにくいサロンでの脱毛を検討する、冷却をしながら施術してくれる、痛みを軽減して照射できる脱毛機を選択するなどの対策が考えられます。医療脱毛は高出力のレーザーを利用するので、痛みを感じやすいです。脱毛クリニックであれば別途料金の麻酔をすることも出来ます。

 



●脱毛後に後悔する場合がある

 一度脱毛をしてしまうと、脱毛前のような毛量に戻すことが困難になります。VIOをすべて脱毛した後で温泉やスパなどで視線を浴びてしまうようになり、毛を残しておけばよかったと後悔してしまうケースがあります。またパートナーが変わり、好みが変わる場合もあります。



 脱毛を始める前には、自分が何処まで脱毛をするつもりかをよく考えておくようにしましょう。VIOの毛量やデザインに迷う場合は、自然に見えるスタイルを選んでおくほうが無難です。後悔する可能性がある場合は、無難なほうを選んでおくと後悔もないでしょう。



 VIO脱毛にはこれら3つのデメリットが考えられます。しかしどのデメリットにも対処法はあります。VIO脱毛をする際に対処法を持っておくことで、デメリットなく脱毛をすることが出来ます。



4.脱毛するなら脱毛サロン・脱毛クリニック

 VIOは黒々とした太い毛が生えていることが多いので、黒い毛に反応させる脱毛機を利用している場合には脱毛効果が現れやすく、効果を実感しやすい部位の1つです。反対に色の薄い毛、細い毛が多く生えている場合は比較的効果を感じにくいと言えます。脱毛サロンや脱毛クリニックでは、個人の毛質や肌質に合わせてふさわしい脱毛器を選びます。また照射のレベルを細やかに調整することで、最大限の効果を期待できる脱毛を行います。



 VIO脱毛を行う回数は脱毛サロンでは4~10回のコース、脱毛クリニックでは5~8回程度の回数コースを設けている場合がほとんどです。



 脱毛効果を得るには、VIOの毛の生え変わりである毛周期に合わせて脱毛を継続して行うのが一般的です。脱毛を行う頻度はクリニックやサロンによって異なりますが、1~3カ月に1度というところが多く見られます。



 脱毛は何度も照射することで効果を得られ、VIOの毛量は徐々に薄くなっていきます。その為次の脱毛まで少し期間を空けるように指定されることもあります。通う期間が2~3カ月の場合、脱毛サロンの8回コースは最短で14カ月、脱毛クリニックの6回コースは最短で10~15カ月ほど通います。それほど脱毛には期間が掛かるのです。その間も減毛や毛が無くなった効果は得られることが出来ます。



 VIO脱毛のゴールは人それぞれで、VIO全体を綺麗になるまで続けたいと思う方もいれば、脱毛していると気づかれない程度のナチュラルな状態を目指したいという方もいます。脱毛サロンでも脱毛クリニックでも、VIOを1回脱毛しただけですっかり毛が無くなってしまう、ということはありません。何度も繰り返し脱毛することで、脱毛したい部位の全ての毛にアプローチをし、満足いく効果を得られます。



 Vラインと太ももの付け根、お腹の毛が繋がっている場合、VIOだけきっちり脱毛をすると、不自然な境界が出来てしまうことがあります。周囲の毛量とのバランスを考えて、自然なグラデーションが出来るように調整することも大切です。周囲の毛量が多い時は、VIOだけでなく周りの部位もまとめて脱毛したほうが良い場合もあります。



 VIOの家庭脱毛器での脱毛はやめておきましょう。VIOは直に目で見える訳ではない為、自己処理さえ難しい部位となっています。脱毛となると、もっと難しくなってきます。自分でやって肌トラブルを起こす前に、脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛するようにしましょう。



 3の章でも述べましたが、VIOの脱毛は痛みが伴います。痛みの感じ方は個人差が大きいものですが、恥ずかしさがあると力が入ってしまい、痛みを感じやすくなると言われています。脱毛を受ける際は、出来るだけリラックスするように脱毛サロンや脱毛クリニックでも工夫をしています。



 照射の際にこまめに声掛けをしたり、肌の冷却を徹底したりすることで痛みを緩和されるように努めています。もう1つ脱毛の際に痛みを抑える対策として、保湿ケアを入念に行うことがあります。乾燥した肌は外的刺激に弱く痛みを感じやすくなってしまうので、脱毛期間中はVIOの保湿を心がけましょう。保湿ケアは入浴後などにクリームなどを使うと効果的です。



 脱毛サロンで行うVIO脱毛と脱毛クリニックで行うVIO脱毛は、脱毛の方法が異なります。



 脱毛サロンが行う脱毛は、主に光脱毛と呼ばれる脱毛方法です。脱毛クリニックで行う医療レーザーよりも弱い出力の光で脱毛を行います。脱毛に通う回数も多めになります。

 サロンでの光脱毛は、VIO脱毛時の痛みが軽減されていることが特徴です。痛みが不安な方は脱毛サロンを検討しましょう。また値段も安くなっているので経済的にもお勧めです。また減毛効果をしっかり得られることが出来ます。



 脱毛クリニックが行う脱毛で代表的なものが医療レーザーを使ったものです。出力の高いレーザーを肌に当てて毛根を破壊していきます。脱毛効果を早く実感でき、脱毛に必要な回数も少なくて済むでしょう。



 脱毛サロンと脱毛クリニックには大きな違いがあります。それぞれのメリット・デメリットを知っておくことで、どちらの脱毛方法を選択すると良いか判断できます。知っておきましょう。



5.お勧めのデザイン

 VIO脱毛=VIOの毛がすべてなくなるというわけではありません。VIO脱毛ではVIOを出来るだけ毛のない状態にすることも、希望に応じて毛を少し残しておくことも可能です。メンズVIO脱毛では、陰毛の形について希望に答えてくれるところがほとんどです。とはいってもどんなデザインが人気なのかわからない方も多いと思います。多くの男性に選ばれているVIOのデザインを紹介していきます。



●ナチュラル

 形には手を加えず、毛量を減らすだけのデザインです。毛量だけ変化するので、脱毛したという違和感はありません。



●ハイジニーナ

 毛がほとんどない状態です。清潔感が高く快適ではありますが、日本ではあまり選ばれません。可能であれば、パートナーに好みを確認しておくと良いでしょう。



●逆台形

 ナチュラルな印象のあるデザインです。サイドをしっかり脱毛する為、下着や水着からははみ出しません。全体的にすっきり見え、女性からの指示も高いデザインです。



 メンズVIO脱毛で良く選ばれているのは自然に見えるナチュラルや逆台形です。衛生面を重視する場合はハイジニーナにするのがベストです。しかし日本ではまだハイジニーナにしている男性が少ない為目立ってしまいます。目立つ、また周りの目が気になる場合は、ハイジニーナではなく、ナチュラルや逆台形にしておくと良いでしょう。



 またこのほかにも逆台形よりも両端の短い逆三角形、スクエアに整えた長方形などの形も選べます。ハートやドーナツ形など個性的な形にすることも可能です。しかし個性的な形は脱毛してもらえない場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。また個性的な形で脱毛した場合、新しく毛を生やすことはできません。後悔しない形を選ぶようにしましょう。



 VIO脱毛が初めてという場合は、ナチュラルや逆台形に整えてみることをお勧めします。

 デザインにこだわりたい方は脱毛する前の事前準備の自己処理の際、残したいデザインを自分で決めてその形を残して自己処理しましょう。



6.女性の意見

 男性がVIO脱毛をする上で気になるのは異性の目だと思います。メンズVIO脱毛に対する女性の意見を見ていきましょう。

 VIOの毛に対して、女性の約半数は否定的な印象を持っています。特に陰嚢を含むIラインは、またの付け根あたりのVラインや肛門周りのOラインよりネガティブな意見が多い傾向があります。



 若い世代の女性の9割以上がVIO脱毛をしてほしいと思っている傾向にあります。また5人に1人くらいの割合でハイジニーナのデザインにしてほしいと思っている傾向もあります。

 しかし女性の中には男性のVIOがツルツルであることに抵抗を感じてしまう方もいます。毛量を減らすなど適度に処理していると清潔感があって好印象という意見もあります。デザインや毛量に関しては人によって好みが分かれます。パートナーがいる男性は一度相談してみることをお勧めします。またパートナーがいない場合は、後から変更できるようにナチュラルや逆台形など、自然なデザインにしておくと安心でしょう。



 男性のVIO脱毛に関する女性の意見は肯定的な物が多いです。しかしデザインに抵抗がある方がいる場合もあるので注意するようにしましょう。



7.まとめ

 メンズVIO脱毛にはメリットもデメリットもあります。しかしデメリットは対処法もあるので、脱毛して損はないでしょう。

 VIO脱毛に関する女性の意見は否定的な物はほとんどありません。しかしデザインによっては抵抗が出てくる物もある為、自然に見えるデザインにしておくと安心でしょう。



 VIO脱毛は清潔感を与える、ムレや痒み、臭いの心配が無くなるなど衛生面でも、肌トラブルが起きなくなるなど、心配する点の改善点に繋がります。それだけでなくコンプレックスが変わる可能性も秘めています。コンプレックスに関しては個人差がありますが、いいと思える面は多いでしょう。また周りの目が気になるというのであれば、減毛など調整することも可能です。通おうと考えている、もしくは通っている脱毛サロンや脱毛クリニックに言鵜と調整してもらえます。



 気をつけてほしいのは脱毛した毛は戻ってこないことです。個性的なデザインにして、後から新しいデザインにするには今ある毛で行う必要があります。デザインに関してはよく考えて決めておく必要があります。後悔ないデザインにするようにしましょう。




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示