永久脱毛って??意外と知らない永久脱毛の定義について徹底解説 @大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々



「永久脱毛は、一生生えてこないんでしょ?」


よく皆さん、脱毛したい多くの人が「永久脱毛」というワードに憧れませんか?

では、あなたは、「永久脱毛」をどのようなものだと思っていますか?

今回は、正しい永久脱毛の定義について徹底解説していきたいと思います。



「永久脱毛」の定義とは?

「永久脱毛=一生毛が生えてこない」という訳ではありません。


日本の法令には、永久脱毛の定義というものは定められていません。一般的に、「永久脱毛」というのは、アメリカ政府機関であるFDA(米国食品医薬品局)が定める永久脱毛の定義に基づいて使用されます。



その定義とは・・・


『最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること』


つまり、永久脱毛というのは、永久に毛が生えて来ないことを保証されているということではありません。




なぜ「永久脱毛」という名前なのに永久ではないのか?

そもそも「永久脱毛」と呼ばれる脱毛法は、あまり歴史がなく、まだ誕生して数十年しか立っていない脱毛法になります。なので、何十年もの長期間にわたっての脱毛効果のデータが集まっていないのです。



上記で説明したFDAの定義を満たす脱毛方法というのは、簡単にいうと「理論上は、半永久的な脱毛効果があるはずだが、完全に全ての毛がなくなる訳ではない」というような表現が正しい脱毛方法ということができます。




永久脱毛は脱毛サロンで受けられる?

結論から言うと、医療機関でない脱毛サロンでは、「永久脱毛」と呼ばれる施術をすることはできません。「永久脱毛」と呼べるだけの脱毛効果を発揮するためには、皮膚内部にある発毛組織を破壊し、再生しないように処理する必要があります。



これは、医師法で定められた正式な「医療行為」にあたるものなので、医師の監督下でしか行うことができません。つまり、医療機関ではない(医師が常住していない)脱毛サロンにおいて、永久脱毛の効果がある施術を行うことは、違法になるという訳です。




医療脱毛=永久脱毛?

脱毛サロンでは永久脱毛は受けられないと上記で述べましたが、医療脱毛と呼ばれる脱毛全てに対して、永久脱毛の効果があるかというと、そういう訳ではありません。



美容クリニックなどをはじめとする医療機関で行われる脱毛は、基本的に全て「医療脱毛」と呼ばれます。



要するに、脱毛サロンと同じ機械を使って、同じ方法で施術を行っていても、医療機関で行っていれば「医療脱毛」であると言えるのです。実際に脱毛サロンと同じ種類の光脱毛機を使用して施術しているクリニックも少なくありません。




永久脱毛を見分けるポイントは?

永久脱毛と呼ばれる脱毛方法は、大きく分けて2種類あります。

それがニードル脱毛レーザー脱毛になります。



ニードル脱毛は、毛1本1本に対して電気を流して脱毛するという方法です。毛穴を確実に破壊することができるので永久脱毛の効果としても最も即効性があり確実なので、永久脱毛と呼ぶことができます。



レーザー脱毛は、少し厄介で、「レーザー脱毛」という名前であれば全てにおいて脱毛効果があるとも限りません。このレーザー脱毛での見分けるポイントとしては国家機関による医療機器認定を受けた医療レーザー脱毛機器を使っているかどうかということです。



アメリカのFDAや日本の厚生労働省といった国家機関による認定を受けた脱毛機器は、厳しい審査基準や豊富な臨床データのもとで、脱毛効果と安全性が正式に認められている医療機器です。



もちろん、認定を受けていない機器=効果が無いというわけではありませんが、安心を示す一つの目安として覚えておくとよいでしょう。



@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

15回の閲覧