歯に色がつく食べ物”10選"@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

ホワイトニングに行って歯を白くしたのに気がつくとまた黄色くなっていることはありませんか?



そんなあなたに歯が黄色くなりやすい食べ物10品をご紹介いたします!



1.レモン汁



ビタミンCを補充しようと思ってレモンジュースを飲んだり、健康のためにホットレモンウォーターを飲む方も多いと思います。



しかし、実はレモンやライムなどシトラス系の果物には酸性度が非常に高く、歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあります。



それによって、歯の表面下の黄色い組織が露出し、歯を黄色く見せてしまうのです。



2.赤ワイン



お酒好きの方でワインが好きという方も多いと思います。



しかし、赤ワインに含まれるタンニンという成分が歯に色をつけてしまい、歯が黄ばんでしまいます。



ワインは口の中が乾くような飲み口に加えて、液体が歯に絡まりやすいため色素沈着をさらに促してしまうのです。



3,ビーツ



鮮やかな赤色が特徴的な野菜であるビーツですが、ロシア料理の一つであるボルシチには欠かせない野菜です。



ビーツを家庭で切った時に手やまな板に色がついてしまうのと同時に、白い歯もその協力な赤色に染めてしまいます。



なので白色の歯に色味がついてしまいます。



4.バルサミコ酢



サラダなどにかけて使う人も多いバルサミコ酢ですが、バルサミコ酢の絡みやすい質感であるゆえに、歯にまとわりついて色をつけてしまうことも多いのです。



5.コーヒー



”朝のコーヒーは欠かせない”という人も多いと思いますが、真っ白な歯を夢見る人は、コーヒーか、どちらを手放さないといけないかもしれません。



「歯の表面にあるエナメル質は、食べ物を捉えやすいように凹凸になっています。なのでコーヒーのように色が濃いものを食べたり飲んだりすればするほど目に見える黄ばみを引き起こしてしまうのです。



また、コーヒーは酸性で基本的に酸性の食べ物は校内の健康へのダメージも大きいです。



6.紅茶



紅茶は、実はコーヒーよりも要注意なのだとか。紅茶はコーヒーよりもひどいステイン(着色汚れ)の要因になりますが、これもまた歯にまとわりつくタンニンという色素が原因です。



もちろん、紅茶の色が濃ければ濃いほど、色が染み付く可能性も高くなります。



7.カレー



カレーに含まれるあの美味しい黄色いスパイスはその強い色素ゆえに、残念ながら歯にとっては手厳しい相手なのです。