歯が黄色くなる理由とホワイトニングで白くなる仕組み@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

歯が着色し、黄色くなる理由をあなたはご存知ですか?歯医者に行って白くしてもらったのに時間が経つと黄色くなってうんざり。そんなあなたに今回は歯が黄色くなる理由と、ホワイトニングで白くなる仕組みについてお話します。


歯が黄色くなる理由


歯が黄色くなってしまう理由は2つあります。

1つ目は加齢によるもの。歯の表面は半透明のエナメル質で覆われいて、その下に象牙質という黄色い層があります。



歳をとるにつれて、エナメル質は少しずつ薄くなっていき、象牙質の色はどんどん濃くなってきます。その結果、エナメル質から下の象牙質の色が透けて黄色っぽく見えてしまうのです。



2つ目は、食べ物などによる外側からの着色です



コーヒーカップや湯呑み茶碗に茶渋がつくように、コーヒー、紅茶、日本茶、烏龍茶などのお茶類。赤ワイン、コーラ、ブルーベリー、木苺、カレーなどの色が濃い食材の多くは歯に着色しやすい特徴があります。



これらの食べ物に含まれる着色成分はいずれも、最初のうちは単なる表面の汚れですが時間が経つにつれて、次第にエネメル質の中に染み込み、歯磨きではおちにくくなります。



また、タバコのヤニもはが変色する大きな原因です。





タバコにはタールといって有害物質が熱分解されることで発生する黒褐色の液体が含まれています。このタールが歯につくことで歯が黄色くなってしまいます。よくタバコを吸う人の家の壁紙が黄色くなっていることがありますよね。それと同じ現象あ歯にも怒って言えるのです。



神経を抜いた歯が茶色くなる場合も


ほかにも歯が変色する原因として見られるのが、虫歯の治療などで神経を抜いてしまった場合です。時間が経つに連れて、歯が内側から茶色に変色してくることがあります。



これは神経が死んでしまい、象牙質に栄養がいかなくなってしまったために起こる現象です。



一方で、加齢や生活習慣とは関係なく歯が変色している人もいます。



これは永久歯が形作られる7歳ごろまでの幼少期に口内炎などに効果があるテトラサイクリンという抗生物質を使用していた影響とされています。症状としては、歯肉と歯の境目の部分が、帯状に茶色く変色したり、縞模様ができたりします。歯の表面全体が褐色になる場合もあり、色のつき方には個人差があります。  


このように、歯が黄色っぽくなる変色は、外からの要因と内側からの要因があるのです。



ホワイトニングで白くなる仕組み


加齢、食べ物、喫煙により黄ばみを帯びた歯は問題なくホワイトニングで白くできます。神経を抜いた歯は、ウォーキングブリーチという方法で内側から白くすることが可能です。(今回はホワイトニングについてお話します)



 ホワイトニング薬の成分として採用されている過酸化尿素や過酸化水素は着色汚れを無色透明に分解し〈本来の歯の色自体〉も白くする「ブリーチング効果」があります。





また加齢とともに進む歯の変色については「マスキング効果」と「ブリーチング効果」が歯を白く見せていきます。



マスキング効果とは過酸化水素がエナメル質の層の構造を角状から球状に変化させることで光の乱反射をお越し、エナメル質を曇りガラスを拭き取るように白くなるのです。ホワイトニングはこのような仕組みで白くなるのです。  


まとめ

今回は歯が黄色くなる理由とホワイトニングの仕組みについてお話しました。



当店は脱毛だけでなくホワイトニングも行うことができます。もしホワイトニングに興味があるようでしたらぜひ当店にお越しください。



予約方法は予約フォームから「ホワイトニング希望です」と記入していただければ大丈夫です!



また、わからないことがあったらいつでもご連絡ください。



@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

16回の閲覧

​メンズ堂々

  • Facebook
  • Instagram

​住所

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2

​アイアンドエフ梅田ビル10階(1003) 

​電話番号

050-1744-1766

予約確認 (1).png

メンズ脱毛は大阪梅田のMEN'S脱毛サロン 堂々にお越しください。メンズ特化で大阪梅田の安い脱毛、おすすめの脱毛はここ。安いヒゲ脱毛が効果的大好評。痛くないのが基本の新脱毛方式を採用。

​「新型コロナウイルス」による
営業状況・
感染症防止対策