意外と見られている足!脱毛したほうがいい?



 足の毛、特にすね毛が悩みの男性は意外と多いです。またハーフパンツをスッキリと着こなしたい・スポーツをするのですね毛を処理したいという男性は、少なくありません。実はメンズ脱毛の部位の中でも、足脱毛はヒゲ脱毛に次いで人気の部位です。



 男性のすね毛は男らしさの象徴!というのは、昔の話です。今では男性でもすね毛をきちんとお手入れすることがマナーとなっています。「男がすね毛を脱毛するなんて恥ずかしい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし脱毛を検討されている方はたくさんいらっしゃいます。

 今回は男性の足脱毛について見ていきましょう。


 

~目次~

1.足脱毛がお勧めの人

2.脱毛方法

3.足脱毛のメリット

4.足脱毛のデメリット

5.足の自己処理方法

6.足脱毛をするときの注意点

7.まとめ

以下の順番で説明していきます。足のムダ毛が気になる方、足の毛がコンプレックスな方はぜひ参考にしてください。足の毛は意外と人に見られているため、満足する形で脱毛するようにしましょう。そしてワンランク上の男性を目指しましょう。


 

1.足脱毛がお勧めの人

 足脱毛はどういった方にお勧めなのでしょうか。メンズの足脱毛は、爽やかさを維持したい方にお勧めします。では足脱毛をお勧めする男性の特徴を紹介していきます。



 〇足をスッキリ、清潔に見せたい

 〇足の毛による足の蒸れを防止したい

 〇足の毛による汗のべたつきを抑えたい

 〇女性に好感を持ってもらいたい

 〇足の毛を気にせずファッションを楽しみたい

 〇仕事上足脱毛をする必要がある

 〇汗を掻きやすい



これらの特徴がある方は、ぜひ早めの足脱毛を検討してみてください。もちろんつるつるになることに抵抗感がある方もいらっしゃるでしょう。そういった方は回数を調整しながら、脱毛することをお勧めします。脱毛には減毛の効果もあるので、量を減らすということもできます。



 汗をよく掻く人は、脚の毛がムレやべたつきをよく引き起こします。そのため不衛生に見えてしまいます。体を清潔に保つことで、体臭予防にもなります。



 また脚に毛があるせいでファッションが限定され、お洒落を思い切り楽しめていない方も少なくないでしょう。そんな方は早めに足脱毛をするようにしましょう。脱毛をした後に、心ゆくまでお洒落を楽しんでください。



 見た目に清潔感が出て着ている服がキマれば、自分に自信が持てて堂々と振る舞えるようになるでしょう。

 女性からの印象もぐっと上がることが期待できるので、足脱毛する方は増えています。そのため足脱毛の価値は高いです。



 たかが足ではないかと思う方も少なくないでしょう。しかし足は意外と人に見られている部位なのです。足を脱毛しているだけで、身だしなみに気を使っている、ワンランク上の男性を目指せるでしょう。



2.脱毛方法

 足脱毛をする際、主な脱毛方法は2種類あります。それぞれの脱毛方法の仕組みや特徴について見ていきましょう。



〇光脱毛の仕組み

 一般的に脱毛サロンや脱毛エステと呼ばれているのは、光脱毛を行っているところです。光脱毛では、通常「インテンス・パルス・ライト(IPL)」という光が使用されています。これはムダ毛の毛根にあるメラニンに作用して毛根自体を弱らせることで、脱毛効果を得られるという仕組みになっています。光のパワーとしては医療脱毛で用いられるレーザーと比べると弱く、安全に使用することが出来る為医師のいないサロンでも使用することが可能です。

 多くの脱毛サロンや脱毛エステでは、光を照射する前にジェルを塗ります。このジェルは照射する光を吸収しやすくする役割があり、肌へのダメージを軽減する効果もあります。

 そして光脱毛は痛みが少ないのも特徴です。多くの体験者は、ほぼ痛みは気にならないと思うことが多いようです。



●光脱毛IPLは美肌効果もある

 IPLの光はエステなどで美肌ケアとしても使用されてきました。赤みのある肌の改善やニキビの後のケア、そして肌のくすみや毛穴を引き締める効果もあると言われています。その為IPLで行う光脱毛は同時に肌のケアもすることが出来ると考えられます。その点では医療脱毛と比較しても、「顔脱毛」をするのに適していると言えます。産毛などの細い毛にもレーザーより適しており、痛みが少ないので顔脱毛に向いているのです。



●光脱毛IPLの脱毛効果

 光脱毛IPLの脱毛効果についても知っておきましょう。光脱毛IPLはレーザーに比べるとパワーが弱いです。その為脱毛効果を得られるまでには長い月日を要します。部位にもよりますが、2,3カ月に1回照射を受けても2年近く掛かるのが普通です。



 毛の生え変わるサイクルである毛周期にぴたりと当たって照射を受けることが出来れば、2週間ほど経過した時点で見えていたムダ毛は抜け落ちていきます。そして次のムダ毛グループが生えてきた段階で、再度照射を行うことで徐々にムダ毛を薄くしていくという仕組みです。これが繰り返されると生えてくるムダ毛はだんだんと細くなっていくので、自己処理もとても楽になります。



 しかし光脱毛IPLの脱毛はあくまで「毛が生えにくくなるもの」として考えらえています。これは毛母細胞を刺激することはできても、破壊して二度とムダ毛が生えないようにすることはできないからです。



 毛母細胞の破壊は法律でも医療行為とされており、現段階では医療脱毛であるクリニックのレーザー脱毛でのみ認められています。



 光脱毛IPLの脱毛でも十分な効果を実感する人が多いのですが、数年たってからちらほらとまたムダ毛が生えてくることもあります。



 光脱毛は手軽で、安く施術が受けられ、店舗数の多い大手も沢山あるので通いやすいというメリットがあります。



〇レーザー脱毛の仕組み

 光脱毛と比較して明らかに違うのは、そのレーザーの威力、すなわち光の出力です。高い出力のマシンを使用することから、医師の常駐が義務付けられています。万が一の肌トラブルなど速やかに対応してもらえるのも最大のメリットと言えます。



 医療脱毛で使用されているレーザーは、アレキサンドライトレーザーもしくはダイオードレーザーであることがほとんどです。最近ではクリニック特有のレーザー脱毛機を打ち出しているところもあり、これからますます進化していくと考えられます。



 レーザー脱毛の仕組みは、毛根にあるメラニンに反応してムダ毛を生やす毛母細胞の組織を破壊することで脱毛効果を生んでいます。メラニンの黒い色素に反応するという点では光脱毛と共通していますが、しっかりと毛母細胞を破壊するのが最大の違いです。



 特徴としては、産毛のような細い毛にはメラニンが少ない為作用しにくいというところです。反してムダ毛が太くて密集しているような部位の方が脱毛効果を得やすいです。その為脇やデリケートゾーン以外には、他のレーザー脱毛機を用いるサロンもあるようです。



●色素が濃い部分にはレーザーは向かない

 レーザー脱毛の注意点として上げられるのが、色素の濃い部分での照射です。例えば乳輪やO付近などは色素が濃い為、レーザー脱毛には向きません。

 皮膚の色が元から濃く、メラニンが豊富な部位にはニードル脱毛を施すのが1番です。またほくろや痣、濃いしみがある部位にもレーザーは照射できないことがあります。事前のカウンセリングでしっかりと見ておいてもらうようにしましょう。



●レーザー脱毛でほくろ、シミ治療も可能?

 脱毛に使用されるレーザーで実際にシミやほくろの除去を行っているクリニックもあるのです。その為実際にレーザーを照射することで、綺麗に痣やシミ、ほくろが無くなる、というケースもあります。



 使用される機械やその人のほくろやシミの状態でも変わってくるので、気になる方は相談してみてもいいでしょう。

 いずれにしてもレーザー脱毛は医療行為です。それぞれの肌の状態やムダ毛の質によっても判断が異なる為、事前のカウンセリング、診察をしっかりと受けてください。



 ここまで読むとレーザー脱毛の方がいいと思う方もいらっしゃるでしょう。ではなぜ光脱毛を選ぶ方もいらっしゃるのでしょうか。それぞれ向き・不向きがあると考えらえています。肌質・肌質・毛質・体質などによって選択すると、後悔が無くなります。体質は痛みの感じやすさなどのことを言います。



 では光脱毛が向いている人、向いていない人、レーザー脱毛が向いている人、向いていない人の特徴を見ていきましょう。



●光脱毛が向いている人

 痛みがとても苦手

 費用を抑えたい

 美容効果を得たい

 肌への悲嘆が少ないほうがいい

 脱毛完了までを急がない

光脱毛はパワーが少ない分、肌に優しく脱毛照射と同時に美肌ケアも受けられるところがほとんどです。肌が弱い方や、美容効果も得たい方には光脱毛が向いています。



●光脱毛が向いていない方

 永久脱毛したい

 早く効果を実感したい

 少ない回数で脱毛を終わらせたい

エステの光脱毛では永久脱毛は出来ません。またなるべく効果を実感したい方、少ない回数で通い終えたい方はレーザー脱毛を検討しましょう。



●レーザー脱毛が向いている人

 永久脱毛したい

 毛の量が多い・太い

 脱毛の効果を重視する

 脱毛効果を早く実感したい

 痛みがあまり気にならない

脱毛効果を重視して早く終わらせたい方にはレーザー脱毛が向いています。永久脱毛を受けたい方は脱毛サロンではなくレーザー脱毛一択です。



●レーザー脱毛が向いていない人

 痛みが苦手

 日焼けしている

 費用の安さを重視する

 痛みの感じにくさを重視する

 肌が弱い

 金髪や白髪を脱毛したい



金髪や白髪にはメラニン色素が少ない為、レーザー脱毛での脱毛効果が薄くなります。その為ニードル脱毛が向いています。痛みが苦手な方や料金が安いという方は良いという方はサロンの光脱毛を検討してください。



 これらを踏まえたうえで、自分に合った脱毛方法を選択するようにしましょう。

自分に合った脱毛方法を選択することはとても大切です。料金や回数、痛み、通いやすさなど判断すべきポイントは多くあります。2つともの脱毛方法のメリット・デメリットを知った上で、選択して行きましょう。



3.足脱毛のメリット

 男性の足脱毛に疑問を持ってる方もいらっしゃるでしょう。男性の足脱毛のメリットについて見ていきましょう。



〇肌見せするファッションがカッコよくきまる

 夏になると、ハーフパンツを履いたりアンクルパンツを履いたりなど肌見せする機会が増えてきます。せっかくカッコいいパンツを履いたとしても、すね毛が見えているだけでカッコよさが半減してしまうのです。



 特に毛量の多い男性は要注意です。女性はおしゃれな服装をしているかどうかよりも、身だしなみや清潔感をチェックしているので、すね毛が見えてしまっている時点でマイナス評価をされてしまう可能性があります。



〇涼しく清潔にすごせる

 実はすね毛のアリ・ナシで涼しさはかなり異なります。足脱毛することで涼しく清潔に、より快適にすごせるようになります。

 すね毛は体温を逃がさないように保温する役割があるので、夏場は余計に暑さを感じやすくなります。特に日本では日差しによる暑さに加えて湿度の高さも影響してくるので、足の毛があるとジメジメと不快に感じやすいところもデメリットです。



 またムダ毛は自然に生えるものですが、それでも全くお手入れをしていないと不衛生な印象を与えてしまいます。例えばヒゲを全く剃らず放置していれば、周りからはだらしない、不真面目、見苦しいなどネガティブなイメージを持たれてしまいます。

 すね毛が濃くてもヒゲほどネガティブなイメージにならないものの、好印象になることはありません。



 丁寧にヒゲを処理すれば清潔な印象になるのと同じように、脱毛をしてスッキリした脛や足は清潔感が出ます。

 足脱毛をすることで清潔な印象を与えることは、ムダ毛が濃い男性にとって大きなメリットになるでしょう。



〇ワイルドさを演出できる

 「メンズの足脱毛に興味あるけど、女性のようにツルツルな足にするのはちょっと抵抗があるな…」という男性向けに、完全脱毛だけではなく減毛の施術も可能です。減毛を希望される方は、光脱毛をお勧めします。

 すね毛を全て脱毛するのではなく、ファッションの一部としてあえて適度に残しておくことにより、ワイルドな男らしい雰囲気を演出できますよ。



特にほどよく日に焼けた小麦肌の方にぴったりなスタイルです。減毛であれば抵抗感なくチャレンジでき、夏のおしゃれをさらに楽しめます。



〇毛穴に溜まる皮脂汚れが少なくなる

 足の毛は意外と太いです。男性は長ズボンを穿くことが多いため、汗や皮脂などの汚れで不衛生になりやすい環境です。そのためかゆくなったり蒸れたり、状態によっては吹き出物など肌トラブルが起こることもあるでしょう。

 すね毛を含む足を脱毛すれば、毛穴に溜まる皮脂汚れが少なくなって不衛生な状態になりにくくなるメリットがあります。そのため肌トラブルが起こるリスクを下げることができます。



 足脱毛にはこれらのメリットがあります。見た目に関してはもちろんのことですが、衛生的にもいい点があります。男性が足をツルツルにすることに、抵抗感を抱く方もいらっしゃるでしょう。そういった方には光脱毛特有の減毛効果がお勧めです。回数を調整して脱毛施術を受ける事で、毛が薄くなる効果を得られます。そういった効果も検討しながら、足脱毛を検討してみてもいいでしょう。



4.足脱毛のデメリット

 メリットがあるということは、もちろんデメリットも存在します。何かを検討するときには、デメリットも知っておくべきだと思います。では足脱毛のデメリットについて見ていきましょう。



〇お金と時間がかかる

 男性の足脱毛の大きなデメリットは、お金と時間がかかることです。当然ですが、無料で脱毛を行う脱毛サロンや脱毛クリニックはありません。またどちらもその場で決められるようなお手軽なお値段ではないでしょう。



 しかし光脱毛は大学生でも始められるように、できる限りお手軽な値段を目指しております。そのため1,2箇所の部位が気になるのであれば、全身脱毛よりお手軽にすみます。また脱毛にはどうしても時間がかかってしまいます。そのため早く綺麗になりたいと思えば思うほど、早めに脱毛を始めることをお勧めします。



〇骨が近い部分は痛みが強い

 脱毛は骨に近い部位は、骨膜まで脱毛機の光やレーザーが浸透します。その為痛みが出やすいと言われています。



 足脱毛であれば、脛や甲、指で痛みが出てくる方が多いです。毛が濃ければ濃いほど、なおさら痛みを伴います。そのため痛みについてもある程度覚悟しておく必要があるでしょう。医療脱毛であるレーザー脱毛であれば、麻酔を用意している場合があります。事前に確認しておくと安心でしょう。光脱毛であれば、レーザー脱毛と比較してほとんど痛みがありません。



またもし痛みが生じた際も、光の強さや冷却のレベルを調整することができます。

 痛みは我慢しなければならない場合もありますが、パワーの調整ができる場合がほとんどです。そのため痛い際は気軽にスタッフに伝えるようにしましょう。



〇元に戻すことはできない

 脱毛機で一度脱毛施術を行うと、元の状態に戻すことはできません。減毛をしたけど、思ったより毛が無くなってしまった場合や、ツルツルにしたけど毛が少しあるほうが良かったと思う方もいらっしゃるでしょう。しかし一回無くなってしまったものは、基本もとには戻りません。脱毛は現在生えている毛のみに攻撃するのではなく、毛を生む、または成長させる毛乳頭に攻撃をするので、新しく生えることができないのです。脱毛完了した後に生えてくる場合は、脱毛の光やレーザーが当たっていないところから生えてきます。その為脱毛機の光やレーザーを当てると元には戻りません。



 そのため後悔しないように回数を考えておく必要があります。



 足脱毛にはこれらのデメリットがあります。どのデメリットも脱毛ならではのデメリットになります。しかし元に戻らないことに関しては足など見える部位の方が気になるかもしれません。見えるからこそ、元に戻るかどうかは気になるでしょう。だからこそどれくらい無くしたいのか、しっかり確認して伝えるようにしましょう。



5.足の自己処理方法

 脱毛前はもちろん、脱毛に通う前から気になっている方は、足の毛を自己処理されているでしょう。足の毛を自己処理するには、電気シェーバーと除毛クリーム、カミソリ、ワックス脱毛の4つの方法があります。ちなみに毛抜きで抜くという方法もありますが、足の毛は量が多いです。その為1本ずつ抜いていくと相当な時間がかかります。また痛みも強く、肌を痛めてしまうのでお勧めはできません。



 では足の毛の自己処理の中でも、代表的な4つの方法のメリットとデメリットを紹介します。



●電気シェーバー

 安全に自己処理を済ませたいのであれば、電気シェーバーをお勧めします。電動シェーバーは肌に直接刃を触れさせずに、毛を剃ることができます。その為優しく安全に足の毛を処理できます。物によっては水洗いできるタイプもあります。その為衛生管理がしやすいのも電気シェーバーの魅力の1つです。



 肌へのダメージがほとんどなく、深堀りしないのでざらざらした仕上がりになるのが大きなメリットです。



 一方すぐにムダ毛が伸びてきてしまったり、すね毛の濃さや長さを調整しづらいデメリットもあります。



●除毛クリーム

 除毛クリームは生えてきた毛がチクチクしません。除毛クリームはケラチンを溶かす薬剤が配合されています。その為ムダ毛を溶かして処理をしています。毛穴部分にクリームが浸透しますので、電動シェーバーやカミソリでの自己処理後のようなチクチク感がなく、綺麗な仕上がりになります。



 一方肌に直接薬剤を塗布する脱毛方法ですので、デリケートなお肌には不向きな上、肌荒れのリスクが大きくお勧めはできません。



●カミソリ

 カミソリは多くの方が使っている、手軽に使える方法です。カミソリは顔剃りにも使いますので、一番身近な自己処理方法でしょう。顔剃りと同じように、シェービング剤を塗って剃るだけです。そのため簡単に足の毛の処理ができます。



 しかし肌の角質を必要以上にはがしてしまい乾燥しやすくなってしまったり、埋没毛になるリスクもあります。その為電気シェーバーを使用する方が肌に優しい剃毛方法と言えるでしょう。



 これらが足の毛を自己処理する際の、自己処理方法です。脱毛サロンのスタッフとしてお勧めするのは、電動シェーバーで剃毛する方法です。電動シェーバーで剃毛することが、一番肌を傷つけなく済みます。しかし肌には少なからず負担がかかっています。ずっと剃毛を続けていると肌が乾燥しやすくなったり、黒ずみしやすくなります。その為長い間自己処理を続けることはあまりお勧めしません。また剃毛することで、チクチク感を感じてしまうこともあります。それが苦手な方は除毛クリームの使用を考えてもいいと思います。しかしどうしても肌を傷つけてしまうので、使い方には気をつけなければなりません。



 脱毛に通っている間の自己処理は、一番気をつける必要があります。除毛クリームや毛抜きは絶対NGです。これら2つは毛根から処理してしまいます。その為脱毛に必要な毛周期が変わってきてしまいます。だから脱毛に通っている間は特に、電気シェーバーを使うようにしましょう。



6.足脱毛をするときの注意点

 足脱毛の前後には、いくつか気をつけたいことがあります。脱毛に通う際の注意点は以下の4つです。



●日焼け

●飲酒

●サウナや入浴

●激しい運動



これら4つには気をつけなければなりません。



 足は夏などには日焼けをしやすい部位ですが、脱毛中は日焼けに要注意です。紫外線を受けた肌は赤く火照り、乾燥してしまっている状態です。その為この状態で脱毛をすると、肌に赤みが出たり肌荒れを起こしたりします。その為日焼けがひどい場合やその部位は、脱毛をしないという脱毛サロンや脱毛クリニックは少なくありません。脱毛中は、日焼け止めを使って紫外線をカットすることを心がけてください。



 夏は仕事の関係で日焼けをしてしまう、スポーツをしているので注意していても紫外線を浴びてしまうという人は、多少日焼け肌でも照射が受けられるメディオスターなどの蓄熱式脱毛機を使用している脱毛サロンを選択するようにしましょう。



 飲酒やサウナ、入浴、激しい運動などは欠陥が広がって体温が上昇し、脱毛後の痛みや肌への刺激が大きくなります。赤みや痒みなどを感じることが多くなるので、脱毛後にはこれらの行為は避けるようにしましょう。



 お酒を飲む予定がある日は、脱毛の予約を入れないように注意しましょう。

 脱毛後の入浴は基本NGです。しかしぬるま湯でシャワーを浴びることは問題ないです。お風呂に入れない心配をする必要はありません。



7.まとめ

 足脱毛は見た目をスッキリ、清潔な印象を持たせたい方、汗を掻きやすい方、足の毛を気にせずファッションを楽しみたいという方にお勧めです。足の毛が無くなるだけでそんなに変わるのかと疑問に思う方も少なくないでしょう。



実際足の毛が歩かないかでは大きな違いがあるのです。特に夏などハーフパンツを穿くことが多くなる季節では、実は意外と見られているのが足の毛なのです。足の毛が濃いだけで不衛生に思われてしまうのです。それが無くなるだけで、見た目に気を使っているワンランク上の男性を目指すことができるのです。



 足脱毛をすることで、清潔感、少しでも涼しくなる、毛の量を調整してワイルド感を出す、ファッションを心から楽しめるというメリットを手に入れることができます。しかしお金と時間がかかる、痛みが強い部分がある、一度脱毛した場合は元の状態に戻すことができないとデメリットもあります。



お金や時間がかかるからこそ、ムダ毛に悩んでいる方は早めに脱毛を始めることをお勧めします。また一度毛を無くしてしまうと元のようには生えてきません。そのためツルツルにすることに少しでも抵抗がある方は、まずは減毛程度で様子を見ることをお勧めします。そのあとツルツルにすることはできるので、様子を見ながら脱毛するようにしましょう。



 足脱毛に限らず脱毛をする際は、日焼けや飲酒、サウナや入浴、激しい運動、ムダ毛の自己処理方法には気をつけなければなりません。脱毛に通い始める際には、通う脱毛サロンや脱毛クリニックから注意として説明されます。これらの説明をしっかり聞いて、なぜ注意しなければならないのかを知るようにしましょう。



 当サロンでは無料でカウンセリングを行っています。ムダ毛でコンプレックスを抱えている方、ムダ毛によって人の目が気になる方、脱毛に少しでも興味がある方はまずはカウンセリングの予約をしてみてください。脱毛に関して少しでも知ることで、何か変わるきっかけを得られるかもしれません。お待ちしております。





閲覧数:0回0件のコメント