実は危険な行為!?お風呂に注意!



 現在脱毛に通っている方は通っている脱毛サロンや脱毛クリニックから注意を受けたことがあるでしょう。またこれから脱毛に通おうと考えている方の中にも調べていて、なんとなく知識として知っているという方もいらっしゃるでしょう。脱毛に関して、日常の中に気をつけることは沢山あるのです。お風呂はその中の1つになります。ではなぜ脱毛に関するお風呂は危険なのでしょうか。今回は脱毛に関するお風呂についてまとめていきます。


_________________________________________


~目次~

1.脱毛施術後はお風呂に入れない?

2.いつから入ってもいいの?

3.脱毛当日はシャワーで済ませる!

4.シャワーを浴びる時の注意点

5.もし入浴したときの対処方法

6.他にも気をつける事

7.まとめ


以下の順番で説明していきます。脱毛後の対処法でトラブルを防ぐ為にもぜひこれらの知識を知っておきましょう。


_________________________________________

1.脱毛施術後はお風呂に入れない?

 


 結論から申しますと、脱毛施術後はお風呂に浸かることは避けてください。また脱毛施術前にお風呂に入るのであれば、その際もお風呂には浸からないでください。


 脱毛は黒い毛に強く反応する特殊な光を利用した光脱毛やレーザー脱毛、また毛穴1つ1つに針を刺して電気を流すニードル脱毛の3つが主流になっています。現在は技術が進んでおり、肌に最小のダメージで毛穴の根元にダメージを与えることが出来ています。しかし何も感じていないだけで、肌はダメージを負っています。その為脱毛後は肌表面が炎症を起こした状態です。光脱毛やレーザー脱毛は熱によって毛の根元の細胞を破壊する為、脱毛直後の肌は軽い火傷状態になっており、デリケートな状態になっています。またニードル脱毛も針を刺し電気を流す為、肌がデリケートな状態になっています。炎症状態が長引く程肌にはダメージとなる為、脱毛を受けた箇所の温度を下げていく必要があります。





 脱毛後の肌は炎症を起こしています。炎症を起こしている肌というのは、熱を帯びて火照っている状態です。火照りが冷める前に入浴をしてしまうことで、さらに体温を上昇させてしまいます。また体温が高くなるほど炎症も長引きます。炎症が長引くとその分肌にはダメージを与えてしまうのです。


 また体温の上昇以外にも、脱毛直後に湯船に浸かること自体が良くありません。脱毛直後は毛穴も傷ついています。お湯に浸かることで傷ついた毛穴に細菌が入る可能性が高まります。また入浴して身体が温まると、毛穴が開いて汗を掻きやすい状態になっています。油分を含んだ汗は細菌を繁殖させてしまう原因にもなります。


 では脱毛施術後にお風呂に入るのを避けるべき具体的な理由を説明していきます。


●施術により熱を持った状態の脱毛部位がさらに温められ、炎症を起こす


 脱毛直後に湯船に浸かると、肌が炎症を起こす可能性があります。脱毛施術は脱毛部位の毛を成長する為に栄養を吸収する毛乳頭を破壊する為に熱を与えますが、その際に肌もダメージを受けバリア機能が低下してしまいます。肌のバリアが低下すると、肌の水分を保持することが難しくなり、乾燥状態が続きます。すると熱がこもりやすくなるため、熱いお湯に入浴してしまうと、入浴によって温められた身体の熱が脱毛部位にこもり、炎症を起こしてしまうのです。



●入浴で血行が良くなると脱毛部位が刺激を受けかゆくなる

 脱毛後、入浴により体中の血の巡りが良くなると、脱毛部位が痒くなってしまいます。入浴すると身体中の血の巡りがよくなりますが、その「血の巡り」もバリア機能が低下した肌にとっては刺激となり、脱毛部位はどんどん痒くなっていきます。このことから、脱毛施術後のみならず、日焼けをした時、炎症を起こしている時など、肌のバリア機能が低下している時は入浴を避けた方がいいということが分かりますね。湯船に浸かることは身体にとって良いことのように思えますが、肌ケアが必要な時にはむしろ湯船には浸からない方が良いのです。


●水中の雑菌が引き金となり毛嚢炎になる

 どんなに浴槽を綺麗に掃除したつもりでも、貯めたお湯にはばい菌や雑菌が潜んでいます。もちろん、肌が健康な状態であれば多少のばい菌はなんてことありません。しかし、脱毛後のバリア機能が低下している肌は、浴槽の中の菌によって感染症にかかる可能性があります。ここでいう肌の感染症とは、毛嚢炎のことで、ニキビのような吹き出物ができる感染症です。毛嚢炎ができてしまうと、病院で処方される軟膏薬での治療が必要となり、手間もお金もかかってしまいます。また、毛嚢炎を治すのが長引いたり、雑に潰してしまうと色素沈着を起こしシミができてしまうなど、別の肌トラブルの引き金にもなります。


 脱毛後に入浴することでこれらのトラブルが起きる可能性が出てくるのです。また脱毛施術前も見たような理由で、入浴を避けることを推奨します。入浴で火照った身体を施術することで、トラブルが起きる可能性が出てくるだけでなく、施術中に気分が悪くなることもあります。その為脱毛前後の入浴は避けましょう。


2.いつから入ってもいいの?


 施術を受けた時間に関わらず、「当日の夜に湯船に浸かるのはNG」と言われることがほとんどです。脱毛何時間後と明確な時間は決められていませんが、少なくとも脱毛当日の入浴は控えましょう。翌日以降は入浴OKと言われることも多いですが、施術後の肌の赤みが消えていないなど、肌の状態によっては湯船に浸かるのは控えてシャワーにする、もしくは温度の高くないお風呂にするなどが良いでしょう。

 肌に特に変化が見られないという人も、翌日以降いきなり高温のお風呂に入らず、様子を見ながら入ってください。

 サロンやクリニックによって、脱毛前後の入浴についての指導は異なりますので、事前に必ず確認してください。

 また、温泉の場合は数日~2週間など、一般のお風呂よりも長い期間入ることを控えるよう指導されることが多いです。脱毛後に温泉に入る予定のある人は、合わせて確認しておいてください。


3.脱毛当日はシャワーで済ませる!

 

 

 脱毛当日にお湯につかるのは避けたいことですが、シャワーを浴びるだけなら特に問題はありません。シャワーは、浴槽のお湯のように溜めたままではなく常に流しっぱなしで使います。そのため清潔であり、浴槽のようにじっくり温まることもなく体温を上げる心配もないからです。家族と同居している人でも、シャワーなら清潔に入浴することができるでしょう。もちろん、お湯の温度をあまり上げないことが前提ですが、肌の火照りや赤みの悪化を防止することは可能です。

 ただし、シャワーを浴びるときもお湯の温度は低めに設定しましょう。そして、入浴時間はできるだけ短めにし、簡単にさっと済ませて早めに出ることがポイントです。長めに浴びると発汗する可能性が高まり、そうなれば浴槽に浸かることと変わらなくなってしまいます。体の洗い方も力を入れないように心がけ、泡をたっぷり使って軽めに優しく洗いましょう。洗う際は、ブラシなど肌に刺激を与えるものでこすらない方がトラブルを防げます。洗う箇所は必要最低限にし、短時間で済ませることが原則です。入浴後は柔らかめのタオルで水分を押さえるように優しく拭き取ります。肌を洗うときも拭くときも、こすらないことを心がけましょう。


4.シャワーを浴びる時の注意点