剃っても残る。しつこい青ヒゲにおすすめの対策方法4選 @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

更新日:2019年9月14日



「ヒゲを剃っても毛が濃くて青く残ってしまう、、、」「朝剃ったはずなのに夜には真っ青になってしまう、、、」そんな悩みを抱えた男性も少なくありません。



そんな「しつこい青ヒゲ」に嫌気がさしている男性におすすめの対策方法を今回紹介します。





「青ヒゲ」に対する女性からの印象


「ヒゲを剃って清潔感を出そうと努力してるのはわかるけど、青ヒゲでは逆に爽やかさがなくなる。」(34歳/テレアポ)



「見た目が悪くない男性でも、青ヒゲだと残念に思う。かっこよさが半減する。」32歳/営業)



ユニセックスな草食系男子でもなく、ヒゲが似合うワイルド系男子でもない「青ヒゲ男子」女子からは「爽やかさに欠ける」「かっこよくない」とマイナス意見が目立ちます。



青ヒゲは「薄い肌」「太く濃い毛」が主な原因です。とくに顔の皮膚は、他の皮膚部分よりも薄くできているため、濃く太いヒゲが助けて見えてしまうのです。



それではこの「青ヒゲ」の対策にはどのような方法があるのでしょうか。



青ヒゲ対策①日焼けする




顔の肌が色白な男性は、特に「青ヒゲ」が目立ち安い傾向があります。なぜなら肌が白い方が、毛が透けて見えるからです。



肌は色白で綺麗系の顔なのに、ヒゲがあるせいで汚らしく見える男性が近くに一人はいると思います。そのような男性はマイナスイメージを持たれやすいです。



しかし、肌の色が濃くなれば、多少はヒゲの濃さをカモフラージュして目立たせなくなるはずです。



しかし、日焼けの対策にはデメリットもあります。肌が白色の男性は、日焼けをすると肌が赤くなってしまうこともあり、場合によってはシミや乾燥肌の原因に繋がる危険性もあります。様子を見ながら少しずつ試して見るといいでしょう。



肌を上手に焼く方法としては「一気に焼かずに少しずつ日焼けすること」「皮膚の優しい日焼け止めを選ぶこと」この2つで上手に焼くことができます。



とくに後者の日焼け止めを塗ると、肌への刺激を和らげながら日焼けをすることができます。



青ヒゲ対策②肌を温めてからヒゲ剃りをする




シェーバーを使ってヒゲを目立たなくする方法があります。それはヒゲを剃る前にヒゲを温めること。事前にヒゲを温めることで、ヒゲが柔らかくなり毛穴も開いて剃りやすくなります。



ここで注意をするのは、T字カミソリはつかわないことです。「え、T字だと綺麗になるのに」



そう思われた方は、自分で自分のヒゲを濃くしてることになります。少し余談ですが、人に毛が生える理由は、大昔の猿人類の流れで、外敵から身を守るために毛が生えます。



毛を剃ることで毛は無くなりますが、T字を使うことで肌を傷つけてしまうことになります。



T字はラップ1枚分くらい肌をえぐりとっています。そうなると肌の表面が露出されることになるので、「もっと守らないといけない」と毛が思ってしまうので剃る前よりも毛が濃くなってしまいます。



それを防ぐために電動シェーバーを使うことをおすすめします。電動シェーバーは肌をできるだけ傷つけずにシェービングをすることができます。



電動シェーバーは最近のものだと、肌が弱い女性でも使えるくらいになっています。なので肌を傷つけずにシェービングをすることができます。



青ヒゲ対策③コンシーラーを塗る




コンシーラーとは、肌に塗ってヒゲやシミを目立たなくさせるファンデーションのようなものです。特徴は、スティックやチューブ状になっているため扱いやすく、ファンデーションよりカバー力が期待できます。



元来より「化粧は女性がするもの」というイメージがありますが、今は男性向けのヒゲ用コンシーラーも多く出回るようになりました。



コンシーラーは塗るだけで、手間が少ないこともメリットです。しかし、汗や皮脂、雨などで落ちやすいというデメリットもありますので、お使いんシーンにはくれぐれもご注意ください。



女性はその辺は厳しくみているようなので、、、笑



青ヒゲ対策④最終手段




最終手段は脱毛をすることです。脱毛は最近では安く効果がある脱毛を受けることもできます。昔は脱毛といえば、女性がするものであり、値段も高くて何度も通わないと毛がなくならないというイメージでした。