フラッシュ脱毛で効果がで始めるのはいつくらい? @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

更新日:2019年12月23日





ニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛。あなたはどれくらい脱毛のことを知っていますか?



中には男性の中でもレーザー脱毛やニードル脱毛は聞いたことがあるけど、フラッシュ脱毛は聞いたことがない。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。



今回はそんなフラッシュ脱毛に焦点を当てて、フラッシュ脱毛はどんなものなのか解説指定きます。



毛が抜ける原理




フラッシュ脱毛はレーザーやニードルを使わずに、赤外線の光を使って脱毛を行う施術になります。



光は黒いものに反応するので、肌に含まれているメラニンに反応して毛が抜けます。



なぜ黒が反応しやすいかというと、小学校の理科の実験の時に虫眼鏡を使って太陽の光を集めると、黒い紙が焼けるという実験をしたことがあると思います。



光は黒に吸収されやすいので黒い毛に反応するということですね。ただし、毛に直接光を当てているわけではありません。



人が大きく(縦にも横にも)なる時、その人は栄養を体に入れていますよね。では逆に栄養を体に入れていなかったら成長せず痩せ細っていきますよね。



毛も同じで、毛も栄養を体からもらって成長します。逆にいうと、その栄養を取り入れる部分をなくしてしまえば毛は伸びることなく細くなり抜けていくということになります。



その栄養を取り入れる部分というのは毛根の周りについている白い塊の部分になります。

自分の伸びている毛を一本抜いてみてください。きっと毛根の周りに白いものがくっついていると思います。



その白い塊の正体はタンパク質です。





タンパク質は熱を通すと固くなります。イメージは卵です。火を通して温めたフライパンに生卵を乗せると、白身と黄身がどんどん固まってきますよね。



たんぱく質は火を通すと固まるという性質があるということです。この原理を使って光脱毛は熱を毛根の周りにあるタンパク質に当てて、そのタンパク質を固め、栄養を吸収できないようにすることで毛が抜けるという仕組みになっているのです。



効果を実感できるのはいつ?



では光脱毛での毛の抜け方を理解してもらったところで、実際に効果を実感できるのはいつなのか、お話していきます。



実際に光脱毛をして効果を感じるのは2回あります。



1回目は、施術後すぐです。この場合は瞬間的に抜け落ちていくものです。光脱毛は照射前にシェービングで綺麗に毛を剃ってから照射していきます。その毛が生えていない肌に照射すると、毛穴からムダ毛が飛び出すように生えてくることが稀にあります。



このことをポップアップ現象と呼び、主にVIOや脇など黒くて太い毛に対してよくみられる現象です。



ポップアップ現象によって抜け落ちた毛は、照射された光の熱によって焦げて縮んでいることが多く、この現象は成長期の一部の毛にみられます。



2回目は、光脱毛後2〜3週間で自然に抜ける場合です。



光脱毛を行ってしばらくはあまり大きな変化はみられません。逆に毛がどんどん濃くなったり伸びていくように感じ、男子絵のヒゲなどの場合は泥棒ヒゲのように見えることもあります。



しかし、それらの現象は光脱毛の効果がしっかりと現れている証拠なので心配する必要はありません。



光脱毛の照射によって毛根にダメージを受けた毛は、抑毛されたことによりそれ以上成長せず、どんどん毛穴から押し出されているような状態になります。