ヒゲ脱毛したのにヒゲが濃くなった!?


 

 男性の脱毛で一番人気な部位とされているのはヒゲ脱毛です。現在多くの方がヒゲ脱毛に通っていたり、すでにヒゲの脱毛を完了されています。しかし中にはヒゲ脱毛をしたら、「脱毛前よりもヒゲが濃くなった」という体験をされた方もいらっしゃるでしょう。今回は脱毛後にヒゲが濃くなってしまう原因や対策についてまとめていきます。


_________________________________________


~目次~

1.ヒゲ脱毛後に現れるどろぼうひげとは?

2.どろぼうひげ化する原因

3.どろぼうひげはいつまで続く?

4.期間を少しでも短くする方法

5.どろぼうひげが気になる時の対策

6.脱毛後の注意点!

7.まとめ


以下の順番で説明していきます。現在脱毛に通っていて毛が濃くなった気がする方、これから脱毛するのに知っておきたいことがある方はぜひ参考にしてください。

_________________________________________

1.ヒゲ脱毛後に現れるどろぼうひげとは?

 

 

 そもそもどろぼうひげとは何なのでしょうか。「どろぼうひげ」とは光脱毛やレーザー脱毛の施術で光を照射した際の影響で毛が膨張するなどして、脱毛の施術後からヒゲが抜け落ちるまでの間の一時的にヒゲが濃く見える現象の事です。皮膚の表面に剃った髭の断面が見えている「青ヒゲ」とは異なります。

 ではどろぼうひげと青ヒゲの違いを詳しく見ていきましょう。

 どろぼうひげとは脱毛の施術を受けて、脱毛後の毛根から抜けてヒゲが浮いている状態です。剃れるほどの長さはなく、うまく剃ることが出来ないので肌に残ります。その為どろぼうひげのように見えます。

 青ヒゲとは剃ったヒゲが皮膚の表面に残っている状態です。ヒゲの量が多いので、いくら深剃りをしても毛根までは剃ることが出来ません。その為ヒゲが残って青く見える状態です。

 脱毛後にどろぼうひげという現象が起こり、その毛が抜けるまでの一時的な期間毛が濃くなるというものです。


2.どろぼうひげ化する原因

 ではどうしてどろぼうひげという現象が起こるのでしょうか。どろぼうひげの原因について見ていきましょう。


●肌が炎症やむくみで狭くなる


 光脱毛や医療脱毛では毛の生成や栄養を送る細胞を特殊な光で破壊する為、かなり高いエネルギーの物を使って脱毛を行っていきます。その為脱毛に通った後は肌が炎症を起こしたり、むくんだりしています。肌が炎症していたりむくんでいたりすると肌の表面が圧迫されている状態になり、毛穴が狭い状態になります。光脱毛やレーザー脱毛で施術をすると、毛乳頭と呼ばれる栄養を送る器官が破壊されて、毛が空中に浮いた状態になります。本来脱毛後はこういった空中に浮いた毛は身体のどの部分にも繋がっていません。その為普通は自然と抜け落ちていきます。しかし肌の表面が炎症していたりむくんで毛穴が狭くなっていると、脱毛の施術によって抜けた毛がその狭い毛穴を通らなければならない為、毛が抜けにくい状態になります。その為どろぼうひげの現象が起きます



●脱毛施術された燃えカスが毛穴に残る

 脱毛施術の機械によっては、毛が高温になりヒゲが炭化して燃えカスのようになります。そしてその燃えカスも毛穴の中に残ってしまう為、黒く見えるのです。ヒゲは200度以上になると水分が失われます。水分がない状態で熱が加わると不完全燃焼が起こり、ヒゲのタンパク質が炭化して炭のようになります。砂糖がカラメルになる現象、食パンの表面が黒くなるのも炭化です。炭化が起こることで、よりヒゲが濃くなったように感じます。


●ヒゲが膨張する

 ヒゲは80%~90%がケラチンというタンパク質で出来ています。このケラチンは螺旋状の構造を取っていますが、熱を加えることでこの螺旋状の構造が破壊されます。構造が破壊されることを変性と呼びますが、タンパク質が変性すると毛が縮れることがあります。またヒゲの表面は毛小皮またキューティクルと呼ばれる毛を保護する鎧に囲まれています。このキューティクルは毛の水分量によって広がったり閉じたりするのですが、タンパク質が変性するとキューティクルが広がった状態になります。

 このように毛が縮れたり広がったりした状態は、そうでない毛と比較して、毛が膨張して見えるので濃く見えます。


●ヒゲが柔らかくなる

 脱毛器の特殊な光を受けたヒゲは、毛質が柔らかくなることがあります。毛質が柔らかくなるとヒゲが剃りにくくなり、剃り残しが発生しやすくなるのでヒゲが濃くなったように見えてしまいます。またレーザーの熱によって毛先が丸くなり、剃り残しのように見えてしまうことも原因です。


 これらが原因でどろぼうひげが起こり、脱毛前よりもヒゲが濃くなったように感じます。


3.どろぼうひげはいつまで続く?

 

 いつかは抜けていくとはいえ、現在どろぼうひげになっているのが我慢ならないという方もいらっしゃるでしょう。では実際にどれくらいの期間我慢すれば良いのでしょうか。

 結論から言ってしまうと、どろぼうひげが続く期間はヒゲ脱毛後3~21日程度になります。個人差がありますが、ヒゲ脱毛後はどろぼうひげがポロポロと抜け落ちていきます。早い人の場合は3日~5日、通常の場合は6日~10日、遅くなっても11日~21日の期間で抜けていきます。人によって毛質や肌質が異なるので、まだ抜けないと焦ることなくヒゲが抜け落ちるのを待ちましょう。

 よくある話なのが洗顔後や入浴後に顔をタオルで拭く際などに抜け落ちるようです。その為毛を無理矢理抜いたりせず、自然と抜け落ちるのを待ちましょう。無理矢理毛を抜いてしまうと肌トラブルや埋没毛の原因になってしまいます。