ヒゲ剃り時の出血の原因と改善策@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々





あなたはヒゲ剃りをした時出血をしたことはありませんか?



今回はそんな方のためになぜ出血してしまうのか原因とその改善策をお話します。



ヒゲ剃り時、出血する原因


平面に見える肌には目には,見えない細かな隆起やへこみがあります。



隆起しているところを気づかずに剃ってしまうと、細かな傷がついて痛くなったり血が出たりしてしまいます。



また、シェービングは角質を落とす行為にもなります。



角質を落として敏感になっている肌をケアしないまま放置したり,刺激の強いローションを塗ったり、熱いお湯につかったりすると、ヒリヒリとした感覚が残ってしまったり、かゆくなったりすることがあります。



血が出るなどの明らかな症状がなくても、かゆみやヒリヒリと感じた場合は、お肌からのSOSサインですから注意が必要です。



シェービングで肌を傷つけないためには




それでは、肌を傷つけないためにはどのようなシェービングを心がければよいのでしょうか。



まず、カミソリを当てる前に、肌を清潔にすることが大切です。低刺激の石けんでさっと洗い、タオルで水分をきちんとふき取ります。その後に肌の滑りをよくするために、肌全体にシェービング剤や、クリームをやや多めに塗ります。



塗ったクリームをそっと剥ぎ取るようなイメージで、優しくシェービングします。

大切なことは、毛の流れにそって、力を入れずにカミソリを滑らせるように動かすことです。その際に、ニキビやほくろのように隆起している部分は、刃が当たらないように避けていきます。カミソリの当て方のコツは、できる限り優しくそっと撫でるような感覚で行なうことです。



外出先で、ふと気になった部分がある場合はどうすればいいでしょうか。



例えば、指の毛などは気がついたときに処理してしまいたいものです。



その際は、お手持ちのハンドクリームや保湿クリームなどを塗り、剃る際の負担を抑えてください。



お肌を守るために。シェービング後のケア


どんなに事前のケアを行なったとしても、カミソリを当てたことで肌は多少なりとも傷ついてしまっているものです。



また、毛と同時に古い角質を取り払ったことで、肌は敏感な状態となっています。



そこで、シェービング後は濡れたタオルで拭いた後、保湿成分の入っているアフターシェービングローションや化粧水を使い、肌にうるおいを与えます。



保湿をしないで放置すると、肌はかさついたり炎症を起こしたり、長引くと毛穴が黒ずんでしまったりする危険性もあります。



なお、痛みやかゆみが持続する場合は、なるべく早めに皮膚科を受診してくださいね。



改善策




夜よりも朝にヒゲ剃りを



ヒゲ剃りは夜よりも朝の方がおすすめです。睡眠で休養をとった肌は状態が良く、シェーバーの肌負担が少なくて済みます。



切れ味の良いT字カミソリや電気シェーバーを使い、常に清潔に保つ



切れ味の悪い刃でのシェービングは肌への負担も大きくなる。T字カミソリの場合は、なるべく頻繁に新品に交換すること。



刃に付着したヒゲや皮脂はしっかりと洗い流し、いつも清潔な状態にしておこないましょう。電気シェーバーでは回転式シェーバーが肌へのダメージも少なくおすすめです。たとえばフィリップスS9000プレステージには自動研磨システムを搭載。常にシャープな剃り味を味わうことができます。



脱毛へ通う



毛を剃ることで起こる出血なら、毛をなくしてしまえばいい。脱毛は肌の出血や肌荒れを改善させるだけでなく新陳代謝を上げ、肌を活性化させることができます。



そうすることで出血によるストレスや痛みとはおさらばすることができます。



まとめ


今回はヒゲ剃りの出血の原因と改善策についてお話しました。もしヒゲ剃り時、出血をしてしまうという方の参考になればいいなと思います。



@大阪梅田メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

3回の閲覧