コーヒーの飲み過ぎ注意!白髪の増加!? @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

最終更新: 2019年9月14日

コーヒーが習慣となっている方は多いのではないでしょうか?

そんな方は特に、コーヒーが原因で白髪が増えるというこの問題は知っておかないといけませんね!



これからもコーヒーを飲むために、コーヒー好きの方は特に読んでおきましょう!






白髪の原因成分とは?


・カフェイン

・飽和脂肪酸

・過酸化水素

・クロロゲン酸



【カフェイン】



コーヒーの成分と言えば1番にカフェインが頭に浮かぶのではないでしょうか?



カフェインは交感神経を活発にする効果があります。

交感神経とは、自律神経の一部で気分を活性化させます。



このカフェインの効果によって眠気を覚ますことができるのですが、交感神経を活発化させすぎると自律神経が崩れ、白髪が生えやすくなってしまいます。



さらに、カフェインには血管を収縮する作用があり、取りすぎると血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなることによって、髪の生成に必要な成分が届かられなくなり、白髪になりやすくなってしまうのです。




【飽和脂肪酸】



コーヒーには15%程度の飽和脂肪酸が含まれています。

飽和脂肪酸にはトランス脂肪酸と呼ばれる動脈硬化や悪玉コレステロールの増加など悪影響を与える脂肪酸が結合されています。



トランス脂肪酸が原因で、血流が悪くなったり、血管が損傷したりするなど体内環境が悪化し、髪を黒くする細胞へダメージを与えてしまうんです。




【過酸化水素】



コーヒーには過酸化水素という成分が含まれているのですが、過酸化水素は白髪を増やしてしまうという研究結果があります。



過酸化水素は体の中で細胞と結合して、細胞を壊してしまいます。



また、髪の毛を黒くする細胞も壊す可能性があり、これによって髪を黒くすることができなくなります。結果、白髪が増えてしまう原因となってしまいます




【クロロゲン酸】



コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれています。

クロロゲン酸は鉄分やタンパク質、ビタミンB群の吸収を阻害してしまうんです。


タンパク質は健康な髪をつくるのに必要で、ビタミンB群は頭皮の血行を良くする効果があります。これらの成分が吸収されないことで、悪影響を与え、栄養が髪へときちんと届かず白髪になりやすくなってしまいます。







白髪対策はどうしたらいいの?


コーヒーは悪い効果だけでなく良い効果もあります。

なので、毎日適切にコーヒーを飲むことで白髪対策をすることができるのです!



・食事前後に飲まないようにする

・夜は飲まない

・1日2杯までにする



【食事前後に飲まないようにする】


前後1時間に飲むのを控えるだけでも、

髪に必要な成分が吸収されて白髪になりづらくなります



【夜は飲まない】


寝る前に飲むと眠りが浅くなり、「成長ホルモンの分泌」が減ってしまいます。成長ホルモンの分泌が低下することでも白髪の原因になります



【1日2杯までにする】


1日にコーヒーを飲む量が多ければ多いほど、もちろん今回紹介した白髪の原因となる成分を多く摂ることになるので白髪が増えやすくなってしまいます。

摂取量を決めて増えにくくしましょう!




@大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

124回の閲覧

​メンズ堂々

  • Facebook
  • Instagram

​住所

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2

​アイアンドエフ梅田ビル10階(1003) 

​電話番号

050-1744-1766

予約確認 (1).png

メンズ脱毛は大阪梅田のMEN'S脱毛サロン 堂々にお越しください。メンズ特化で大阪梅田の安い脱毛、おすすめの脱毛はここ。安いヒゲ脱毛が効果的大好評。痛くないのが基本の新脱毛方式を採用。

​「新型コロナウイルス」による
営業状況・
感染症防止対策