ガムテープ脱毛は危険!?


 ムダ毛が濃いと言ったらすね毛を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。すね毛は処理をしなければいけない面積が広く、本数も多い為どうやって処理するかも悩みどころですよね。だからと言って脱毛を自宅で簡単にしたいという時に、ガムテープを使ってセルフ脱毛をしていませんよね?大量のムダ毛をまとめて抜くことが出来る為、つい癖になってしまいますよね。しかしガムテープ脱毛には肌トラブルの危険性が潜んでいます。

 今回はガムテープ脱毛の危険性について説明していきます。少しでも「ガムテープを使ったら楽なのに・・・」と思ったことがある人はぜひ参考にしてください。


__________________________________________________________________________________


~目次~

1.ガムテープ脱毛をしてはいけない理由

2.ガムテープ脱毛のリスク

3.正しい自己処理方法

4.間違えた脱毛より正しい脱毛を!

5.まとめ


以上の順番で説明していきます。

ガムテープ脱毛の危険性についてわかっていただきたいと思います。

__________________________________________________________________________________

1.ガムテープ脱毛をしてはいけない理由


 ガムテープは梱包に使用されるのが一般的で、普通のテープよりも粘着力がかなり強力に作られています。一度貼ると剥がそうとしてもなかなか剥がれませんし、段ボールの表面まで剥がれてきますよね。これと同じようなことが肌でも起こってしまうのです。強力に皮膚を引き上げて剥がす為、皮膚の角質を剥がしてしまったり剥がすときのダメージで内出血してしまうこともあります。他にもガムテープ脱毛をしてはいけない理由があるので、詳しく見ていきましょう。



●毛が濃くなる

 毛が濃くなるということは、除毛をすると皮膚の毛細血管にダメージを与えてしまいます。そうなると毛はもっと丈夫になろうとして、太くなってしまい濃くなってしまうのでしょう。もちろん毛が濃くなる理由はこれだけではありません。男性ホルモンの分泌が成長とともに増えることもあります。しかしガムテープ脱毛では肌を痛めてしまうことで、毛が強くなろうとしてしまうからです。



●肌トラブルの原因になる

 デリケートな肌の人はもちろん、あまり剛毛ではない人にはガムテープ脱毛は肌に刺激を与えてしまいます。ダメージを受けた肌は肌荒れ、毛嚢炎、埋没毛、色素沈着などを引き起こす可能性があります。脱毛の効果を得られたとしても、他の不快症状が出てきてしまっては意味がありません。口コミを見たから心配ないと思ってはいけません。うまくいったとしてもそれはたまたまかもしれません。自分の肌のコンディションに合わせて判断することが大切です。

 毛嚢炎の症状はニキビと似たようなできものの為膿んだりします。しかし痛みや痒みなどはあまり感じません。軽症ならそのまま放置しておいても問題ありませんが、頻繁に起きてしまう、硬くなる、痛みを感じるなどの症状がある時は皮膚科で見てもらいましょう。無理に毛を抜いてしまうと毛穴の奥底にある毛包が傷ついてしまいます。そしてダメージを受けた毛包にブドウ菌などの細菌が侵入することで毛嚢炎になってしまいます。





●痛みが強い

 最初の方でも言いましたが、ガムテープは強い粘着力が勝負のアイテムです。その為脱毛用として肌に負担をかけない作りになっていません。あらゆる素材をくっつけるほどのパワーがある為、剥がす時に肌がひきつられて痛みが出て当然です。中には出血してしまうほど皮膚が破れてしまったなんて人もいます。



●綺麗に脱毛できない

 ガムテープ脱毛は根元まで貼り付けることが出来ない為、産毛は抜けても剛毛は脱毛できなかったりすることがあります。しっかり取れても肌にそれだけ負担が掛かってしまうので、かさぶたなどのトラブルが起こってしまうのです。ガムテープ脱毛は安いけど、それなりに満足のいかない結果になってしまいます。それでは結局高くついてしまいますよね。



 ガムテープ脱毛をNGとするのはこれらの理由があるからです。痛みがとても強いのに毛も満足に抜けない可能性があり、肌トラブルが起きてしまうことがあります。それでは元も子もありませんよね。無駄に肌を傷つけてしまうことがあるので、ガムテープ脱毛は避けましょう。


2.ガムテープ脱毛のリスク

 ガムテープ脱毛をしてはいけない理由を説明させていただきました。それに加えてガムテープ脱毛をした際のリスクについて説明していきます。




●内出血の可能性

 毛を無理やり引っ張って抜いてしまうと、毛穴付近の血管も引きちぎってしまいます。すると内出血を起こしてしまいます。内出血した部分は修復しようとかさぶたを作り、それを何回も繰り返してしまうと痕が残ってしまう可能性もあります。毛を抜いて綺麗に見せたいから脱毛をしたいのに、傷痕が残ってしまっては意味がありませんよね。見た目ではわかりませんがガムテープを剥がした刺激で、皮膚の下の血管まで知らない間にダメージを与えてしまっています。また内出血は少し時間が経たないと気づかないということもあります。気づかないうちにガムテープで脱毛をし続けると、色んな場所に内出血が出来たり痕が残ってしまったりとあざだらけの肌になってしまう可能性もあります。あとから肌に影響が出てくるリスクもあります。



●黒ずみの原因になってしまう

 ガムテープを剥がす刺激によって毛穴を開いてしまうことは、黒ずみの原因になるのです。開いてしまった毛穴に汗などの皮脂や汚れが入り込んで、そのまま蓄積されてしまうということで黒ずんでしまいます。また肌が刺激されることで、メラニン色素が過剰に出てしまうことも黒ずみの原因の1つです。一度黒ずんでしまうと元に戻すまでかなり時間がかかり、場合によっては一生黒ずんだままということになりかねません。ガムテープ脱毛は使った時は綺麗な肌になったとしても、黒ずみの原因を自ら作り出してしまうというリスクがあるのです。



 このような後から出てきてしまうリスクもあるのです。しかもそのリスクは一生後に残ってしまう可能性があるものです。綺麗になる為に脱毛をするのに、痕が残ってしまっては意味がありません。肌を綺麗に保ち、ムダ毛に悩まされない為にもガムテープ脱毛のリスクを知っておきましょう。



3.正しい自己処理方法