なぜ脱毛前後の飲酒はいけないの? @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

最終更新: 2019年9月14日


脱毛をするときに必ず言われる項目がいくつかあると思いますが、その中の1つとして『お酒は控えてください』と言われると思います。



でも、お酒と脱毛どう関係あるの?とお酒好きの人は特に思うのではないでしょうか?

今回は、お酒好きの私から脱毛前後になぜ飲酒をしてはいけないのか詳しくお伝えします!



お酒を飲みたくなってしまう方は特に理由を知っていただきたいので読んでくださいね。







飲酒後に体温上昇!


飲酒をすると、血行がよくなり体温が上がったり体の水分を奪われたりします。

そうすると、肌のトラブルが起こりやすくなるのです!



体温が上がると...



肌に赤み・かゆみや、刺激により湿疹が出ることがあります。このような状態で脱毛を行うと、肌にダメージを与えてしまいます。






体内の水分が奪われると...



肌が乾燥し、お手入れしにくい状態になる可能性があります。



飲酒の影響が抜けないうちに脱毛をすると、普段は何ともなくても、肌が敏感になっているため肌のトラブルが起こりやすい可能性があります。



なので、トラブルを防ぐために一定の時間を置くことが必要になります。







どのくらい時間を置いたらいいの?


アルコールの分解速度には個人差があります。



飲酒をすると、アルコールは体内に速やかに吸収され、血中濃度がピークになるのは30分~2時間後とされており、その後、体内のアルコール濃度は下がっていきます。



アルコールの分解速度は、ビール中ビン1本を想定した場合、一般的には男性で約2.2時間、女性で約3時間といわれていますが、この時間ははあくまでも一般的な平均値です。






アルコールの分解速度は個人差が非常に大きく、平均値を当てはめることはできません。

また、その日の体調やどれくらいアルコールを飲んだかによっても違ってきます。



お酒の強い・弱いは関係なく、アルコールが抜けて身体が元に戻るまでには時間がかかります。脱毛サロンでお手入れする場合は、脱毛前夜と脱毛後の夜の飲酒は控えることを推奨しています。





まとめ


せっかく綺麗になるために脱毛をするのに、肌が荒れてしまってはマイナスです。


安全で効果的な脱毛を行うためにも、サロンから伝えられたことはしっかり確認しておきましょう!


@大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

5回の閲覧

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2

​アイアンドエフ梅田ビル10階(1003) 

  • Facebook
  • Instagram

メンズ堂々

​住所

​電話番号

050-1744-1766

予約確認 (1).png