なぜ太る!?30代の身体の秘密 @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

更新日:2019年9月14日


30代からの中年太り



30歳を過ぎた頃からの「中年太り」を気にする男性は多いです。

なぜ太るのか、原因と解決策をご紹介します。



男性が太る時期はいつ?


男性は、太りやすい時期が人生で3度あるといわれています。



【社会人スタートの時期】



慣れない社会人生活が始まるうえに1人暮らしを始める等、生活にも経済的にも余裕がなくなるこの時期です。安くて手軽なジャンクフードやコンビニ弁当を食べることが多くなり、不規則&偏った食生活を送ってしまいがちです。



徐々に体重が増えていき、結果として1~2年後には大きく体重が増えます。






【結婚の時期】



新婚当初は、奥さんも旦那さんの好物を毎晩張り切って作ることが多いです。「美味しい!」と喜んで食べ続けていると、幸せ太りまっしぐらになります。



30代の中年太り


年齢とともに筋肉量や基礎代謝量が低下するというのは、誰にでも起きる老化現象の一つです。若い時期の生活習慣をそのまま引きずったままだと、加速度的に体重は増え続けてしまいます。



この3つの時期に、食事・運動・生活習慣と総合的に改善策をとらないと、後の健康トラブルも招くことになります。



なぜ30歳をすぎると太る?


なぜ30代になると中年太りが起こるのでしょうか。原因をみていきましょう!



・基礎代謝の低下

・運動不足

・情報不足

・おしゃれに無頓着

・コンビニ



上記のものが主な中年太りの原因です。







基礎代謝の低下


「痩せやすく、太りにくい体」であるためには基礎代謝が高いことポイントですが、この基礎代謝量は男性は18歳、女性は15歳ぐらいをピークに、その後は年齢と共にどんどん低下していきます。



同時に筋肉量も減っていくため、例え毎日規則正しい生活習慣を保っていても、30代を越えると太りやすくなるのです。



18歳の頃と比べると、30歳を超える頃には平均4kg前後は体重が増えるとされています。特に学生時代に運動部に所属していた人ほど要注意です!



当時はどんぶり飯を何倍も食べていたとしても、若さゆえの基礎代謝量と運動消費カロリーで脂肪にならずに済んだかもしれません。



しかし、今でも食事量は当時のままで、運動量は減少となれば、摂取カロリー過多で太ってしまうのは当たり前です。



運動不足