そもそも脱毛ってどうして毛が抜けるの?




 暖かい季節になると脱毛に関するお問い合わせが増えます。しかし実際に脱毛を始める最適な季節は秋~冬です。脱毛に関するお問い合わせの中でも、脱毛自体が初めてという方も多くいらっしゃいます。



 脱毛は近年より身近なものになりつつありますが、料金が高いイメージや痛いイメージが強く根付いているため、まだまだ敷居の高いものに感じている方もいらっしゃるでしょう。特に男性は女性よりも敷居の高さを感じているかもしれません。しかし現在は男性の脱毛率も高くなってきています。男性も5人に1人は脱毛している割合になってきています。



 部位別脱毛、全身脱毛問わず、プロの手を使って脱毛をしようと思ったら、まず最初に悩むのが脱毛方法でしょう。また脱毛とはいったいどのような仕組みで脱毛し、ムダ毛が生えてこないようにしているのでしょうか。



 脱毛にすでに通っている方でも、実は脱毛方法の違いや脱毛自体の仕組みについて知らない方は多いです。またまだ脱毛に通っていない方も脱毛の仕組みを知ることで、脱毛方法の選択がしやすくなると思います。

 今回は脱毛の仕組みについてまとめていきます。



 

~目次~

1.毛の構造、毛周期とは

2.脱毛の仕組み

3.部位別の毛周期のサイクル

4.光脱毛の仕組み

5.レーザー脱毛の仕組み

6.光脱毛・医療脱毛の向き・不向き

7.脱毛の副作用やリスク、注意点

8.まとめ

以下の順番で説明していきます。これから脱毛に通う方、脱毛の仕組みを知りたい方はぜひ参考にしてください。


 

1.毛の構造、毛周期とは

 毛を作り出しているのは、「毛根」です。球状に膨らんだ毛根の根元は「毛球」と呼ばれ、毛球の内側にあるのが「毛乳頭」です。毛乳頭は毛細血管が運んでくる栄養分を取り込み、毛球内部にある「毛母細胞」に与えます。栄養分を受け取った毛母細胞は分裂を繰り返し、次々に細胞を押し上げ毛が成長します。



 人間の身体には「毛周期」というものがあります。毛周期とは毛が成長して、抜ける周期のことを言います。この毛周期によって、毛は定期的に生え変わっているのです。つまり毛は常に生え変わっているのです。髪の毛でイメージするとわかりやすいと思います。髪の毛は毎日抜けて生え変わりますよね。それも1本や2本ではなく、大量の量がです。



このように髪の毛以外の毛も、気が付かない間に生え変わっているのです。毛があまり長くないのでわかりにくいと思いますが抜けています。また交代で毛が生えているので見た感じではわからないと思います。これは毛周期があるからです。



 毛周期には3つのサイクルがあります。

 「成長期」・・・毛が毛細血管から栄養をもらい、元気に生える時期

 「退行期」・・・毛細血管から毛根が離れ、成長を終えた毛が抜ける時期

 「休止期」・・・次の毛が肌の中で眠っており、生える準備をしている時期



この3つを合わせて毛周期と言います。成長期→退行期→休止期→成長期・・・と繰り返し回っています。大体次の期に移るまでに3~4週間程度掛かります。これは個人や部位によって違いが生まれます。



 実はこの毛周期がある為、今肌から見えている毛が100%ではありません。目に見えているのはその人が持っている毛の約20%~30%だと言われています。



2.脱毛の仕組み

脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛は、そもそもどんな仕組みで毛が抜け落ちるのでしょうか。脱毛は脱毛機を使って照射すると熱が伝わり、毛や周辺組織にダメージを与えることが出来るので、結果として毛が抜け落ちます。簡単に言うとムダ毛に照射し、ダメージを与えることで毛が抜け落ちます。脱毛サロンでの脱毛も、脱毛クリニックでの脱毛も、基本的にはこの原理で毛が抜けます。



 脱毛サロンと脱毛クリニックの違いは、扱う機械が異なります。脱毛サロンでの脱毛は基本的に光脱毛と言い、脱毛クリニックでの脱毛はレーザー脱毛と言います。



 ただ光やレーザーを照射したからと言って、その部位にもう二度と毛が生えてこなくなる、ということではありません。1度の照射で効果であるのは全体の約20%の毛に対してだけだと言われています。その為100%を目指すために何度か照射を繰り返す必要があります。これが一般的に言われる「脱毛に通う」ということです。



 なぜ20%の毛にしか効果がないのかというと、光脱毛、レーザー脱毛関わらず脱毛機は「成長期」の毛にしか反応しないからです。



 毛には「成長期」「退行期」「休止期」と生え変わりのサイクルがあり、1つ1つの毛が違う周期で生える→抜ける→また生える・・・を繰り返しているのですが、一般的に脱毛効果を得られるのは、「成長期」の毛のみです。成長期は最もメラニン色素が多く、レーザーが反応しやすい時期です。退行期はメラニン色素が少なく、毛の根元が浅くなっている状態です。その為毛根の細胞まで熱が届きにくく、照射してもあまり意味がありません。



また休止期は毛の成長が止まっている状態なので、こちらも毛にダメージを与えにくい状態です。効率よく脱毛をするには、成長期に入っている毛が多いほうがいいということです。しかしその毛が成長期だとどう判断すればいいのでしょうか。実は今目に見えてしっかり生えている毛が「成長期」と考えて大丈夫です。その為毛が生えそろったタイミングで次の照射をすればいいのです。



 休止期の毛はこれから生えてくる毛なので、見には見えません。毛の処理をしていると、次の日にはもう毛が生えてきたり、すぐにチクチクするといった経験をされた方も多いでしょう。それがまさに成長期の毛なのです。処理をしないとどんどん生えてきて、毛が生え揃います。脱毛照射を繰り返していると、この毛が生え揃うまでの時間がどんどん長くなっていきます。



 短期間に詰めて何度も照射をすればいいわけではなく、毛が生えそろってから脱毛する、毛周期に合わせての脱毛が基本ということを覚えておきましょう。脱毛に関して大切なのは一定期間を空けて照射をするということです。



3.部位別の毛周期のサイクル

 脱毛の広告で「2週間に1回」通えるや「数カ月で脱毛完了」という文を見たことがある方が多いと思います。しかし実は毛周期は部位によっても人によっても全然違います。その為全ての人に当てはまる「脱毛に通うベストな間隔」を提示するのは難しいのです。

 では部位ごとの毛周期の目安を見ていきましょう。

  


 この表を見ると、部位ごとによって毛周期は実はかなり差があることがわかります。

 繰り返しになりますが、脱毛の基本は毛が生え揃ってからです。

 目安をあげるとすれば全身をまるっと脱毛する場合、光脱毛は最初約3週間ごと、効果が出始めたあたりから約4週間程度です。レーザー脱毛だと始めの3回程度は約3カ月ごと、4回目以降は約4か月ごとに通うというのが一般的です。



 なぜ光脱毛とレーザー脱毛で空ける期間は、大きく異なるのでしょうか。同じ仕組みで脱毛するので混乱しがちですが、光脱毛とレーザー脱毛はそもそもの目的が違って、全くの別物だと言えます。

 光脱毛では制毛・抑毛が目的となり、レーザー脱毛では発毛組織の破壊が目的となります。



 その為空ける期間が異なったりします。また部位ごとに毛周期は異なる為全身脱毛はタイミングを見計らう必要があります。



4.光脱毛の仕組み

 一般的に脱毛サロンや脱毛エステと呼ばれているのは、光脱毛を行っているところです。光脱毛では、通常「インテンス・パルス・ライト(IPL)」という光が使用されています。これはムダ毛の毛根にあるメラニンに作用して毛根自体を弱らせることで、脱毛効果を得られるという仕組みになっています。



光のパワーとしては医療脱毛で用いられるレーザーと比べると弱く、安全に使用することが出来る為医師のいないサロンでも使用することが可能です。

 多くの脱毛サロンや脱毛エステでは、光を照射する前にジェルを塗ります。このジェルは照射する光を吸収しやすくする役割があり、肌へのダメージを軽減する効果もあります。



 そして光脱毛は痛みが少ないのも特徴です。多くの体験者は、ほぼ痛みは気にならないと思うことが多いようです。



●光脱毛IPLは美肌効果もある

 IPLの光はエステなどで美肌ケアとしても使用されてきました。赤みのある肌の改善やニキビの後のケア、そして肌のくすみや毛穴を引き締める効果もあると言われています。その為IPLで行う光脱毛は同時に肌のケアもすることが出来ると考えられます。その点では医療脱毛と比較しても、「顔脱毛」をするのに適していると言えます。産毛などの細い毛にもレーザーより適しており、痛みが少ないので顔脱毛に向いているのです。



●光脱毛IPLの脱毛効果

 光脱毛IPLの脱毛効果についても知っておきましょう。光脱毛IPLはレーザーに比べるとパワーが弱いです。その為脱毛効果を得られるまでには長い月日を要します。部位にもよりますが、2,3カ月に1回照射を受けても2年近く掛かるのが普通です。



 毛の生え変わるサイクルである毛周期にぴたりと当たって照射を受けることが出来れば、2週間ほど経過した時点で見えていたムダ毛は抜け落ちていきます。そして次のムダ毛グループが生えてきた段階で、再度照射を行うことで徐々にムダ毛を薄くしていくという仕組みです。これが繰り返されると生えてくるムダ毛はだんだんと細くなっていくので、自己処理もとても楽になります。



 しかし光脱毛IPLの脱毛はあくまで「毛が生えにくくなるもの」として考えらえています。これは毛母細胞を刺激することはできても、破壊して二度とムダ毛が生えないようにすることはできないからです。

 毛母細胞の破壊は法律でも医療行為とされており、現段階では医療脱毛であるクリニックのレーザー脱毛でのみ認められています。



 光脱毛IPLの脱毛でも十分な効果を実感する人が多いのですが、数年たってからちらほらとまたムダ毛が生えてくることもあります。

 光r脱毛は手軽で、安く施術が受けられ、店舗数の多い大手も沢山あるので通いやすいというメリットがあります。



5.レーザー脱毛の仕組み

 光脱毛と比較して明らかに違うのは、そのレーザーの威力、すなわち光の出力です。高い出力のマシンを使用することから、医師の常駐が義務付けられています。万が一の肌トラブルなど速やかに対応してもらえるのも最大のメリットと言えます。



 医療脱毛で使用されているレーザーは、アレキサンドライトレーザーもしくはダイオードレーザーであることがほとんどです。最近ではクリニック特有のレーザー脱毛機を打ち出しているところもあり、これからますます進化していくと考えられます。



 レーザー脱毛の仕組みは、毛根にあるメラニンに反応してムダ毛を生やす毛母細胞の組織を破壊することで脱毛効果を生んでいます。メラニンの黒い色素に反応するという点では光脱毛と共通していますが、しっかりと毛母細胞を破壊するのが最大の違いです。



 特徴としては、産毛のような細い毛にはメラニンが少ない為作用しにくいというところです。反してムダ毛が太くて密集しているような部位の方が脱毛効果を得やすいです。その為脇やデリケートゾーン以外には、他のレーザー脱毛機を用いるサロンもあるようです。



●色素が濃い部分にはレーザーは向かない

 レーザー脱毛の注意点として上げられるのが、色素の濃い部分での照射です。例えば乳輪やO付近などは色素が濃い為、レーザー脱毛には向きません。



 皮膚の色が元から濃く、メラニンが豊富な部位にはニードル脱毛を施すのが1番です。またほくろや痣、濃いしみがある部位にもレーザーは照射できないことがあります。事前のカウンセリングでしっかりと見ておいてもらうようにしましょう。



●レーザー脱毛でほくろ、シミ治療も可能?

 脱毛に使用されるレーザーで実際にシミやほくろの除去を行っているクリニックもあるのです。その為実際にレーザーを照射することで、綺麗に痣やシミ、ほくろが無くなる、というケースもあります。

 使用される機械やその人のほくろやシミの状態でも変わってくるので、気になる方は相談してみてもいいでしょう。



 いずれにしてもレーザー脱毛は医療行為です。それぞれの肌の状態やムダ毛の質によっても判断が異なる為、事前のカウンセリング、診察をしっかりと受けてください。



6.光脱毛・医療脱毛の向き・不向き

 ここまで読むとレーザー脱毛の方がいいと思う方もいらっしゃるでしょう。ではなぜ光脱毛を選ぶ方もいらっしゃるのでしょうか。それぞれ向き・不向きがあると考えらえています。肌質・肌質・毛質・体質などによって選択すると、後悔が無くなります。体質は痛みの感じやすさなどのことを言います。



 では光脱毛が向いている人、向いていない人、レーザー脱毛が向いている人、向いていない人の特徴を見ていきましょう。



●光脱毛が向いている人

 痛みがとても苦手

 費用を抑えたい

 美容効果を得たい

 肌への悲嘆が少ないほうがいい

 脱毛完了までを急がない

光脱毛はパワーが少ない分、肌に優しく脱毛照射と同時に美肌ケアも受けられるところがほとんどです。肌が弱い方や、美容効果も得たい方には光脱毛が向いています。



●光脱毛が向いていない方

 永久脱毛したい

 早く効果を実感したい

 少ない回数で脱毛を終わらせたい

エステの光脱毛では永久脱毛は出来ません。またなるべく効果を実感したい方、少ない回数で通い終えたい方はレーザー脱毛を検討しましょう。



●レーザー脱毛が向いている人

 永久脱毛したい

 毛の量が多い・太い

 脱毛の効果を重視する

 脱毛効果を早く実感したい

 痛みがあまり気にならない

脱毛効果を重視して早く終わらせたい方にはレーザー脱毛が向いています。永久脱毛を受けたい方は脱毛サロンではなくレーザー脱毛一択です。



●レーザー脱毛が向いていない人

 痛みが苦手

 日焼けしている

 費用の安さを重視する

 痛みの感じにくさを重視する

 肌が弱い

 金髪や白髪を脱毛したい



金髪や白髪にはメラニン色素が少ない為、レーザー脱毛での脱毛効果が薄くなります。その為ニードル脱毛が向いています。痛みが苦手な方や料金が安いという方は良いという方はサロンの光脱毛を検討してください。



 これらを踏まえたうえで、自分に合った脱毛方法を選択するようにしましょう。



7.脱毛の副作用やリスク、注意点

 脱毛照射後、照射部位がブツブツと湿疹が出たように見えます。赤みは通常数日で取れますが、長引く場合は適切な処置が必要です。

 また照射後の注意点として引っ掻かないようにしてください。引っ掻くと脱毛した部位が赤くなりやすく、体質によってはシミになることもあります。



 その為脱毛後、脱毛部位に痒みが生じた場合は軟膏を塗って冷やすなど、工夫が必要です。



 もう1つの注意点は日焼けです。脱毛の前後は日焼けしないように注意が必要です。日焼けした肌に照射するとシミやニキビ、赤みなどの副作用を生じる場合があります。このような症状が出た場合は症状に合わせて適切な処置が必要です。強く症状が出た場合は脱毛を一時的に延期し、症状が治まってから再開する流れとなります。脱毛の機械によっては日焼けをしていても脱毛を受けることが出来ます。通う脱毛サロンや脱毛クリニックに確認するようにしましょう。



 他の副作用として顔、胸、背中の脱毛でニキビが増えることがあります。シミほど長期化することはありませんが、ニキビが治癒するまでは脱毛を延期する可能性があります。

 もちろんシミやニキビの症状が現れた場合、それに対処法をお伝えする場合もありますが、基本的に待っていただき、副作用が治まってから再開するのが安心安全と考えます。



 脱毛の稀な副作用として毛が濃くなることがあります。硬毛化と呼ばれるものですが、二の腕や顔、肩、背中の産毛の脱毛の際、ごくまれに濃くなることがあります。その為数回レーザー脱毛を行い、減っていない、少し濃くなったという印象があれば相談して下さい。

 硬毛化は胸や肩、背中、顔で起こりやすい為事前に試験照射をしてからの場合や、弱めのパワーでやる場合がほとんどです。



 レーザー脱毛の原理は、黒い部分に反応して熱照射する仕組みです。ですかrあ毛を抜いてしまうとレーザーがうまく照射されなくなります。また除毛クリームも毛を抜くのと同じで、レーザーが上手く反応しなくなります。脱毛を始めたら毛を向くことや除毛クリームの使用は控えていただく必要があります。



 また日焼けをしてしまったり、レーザー照射直前に毛剃りをすると肌への負担も増え、赤みの原因になります。



 しっかり脱毛の効果を得るためには

●前日に毛を剃る

●日焼けをしない

●毛を抜いたり、除毛クリームを使わない

を徹底することが大切です。



8.まとめ

 脱毛機で熱を使い、ダメージを与えることで脱毛の効果を得られることが出来ます。また光脱毛とレーザー脱毛は仕組みや目的が若干異なります。その為光脱毛に向いている方、レーザー脱毛に向いている方という特徴があります。この特徴を生かして、自分にあった脱毛方法を選択するようにしましょう。



 脱毛をする際に気をつけなければならないことは多くあります。気をつけながら、後悔なく脱毛するようにしましょう。

 当サロンでは無料でカウンセリングを行っています。気になることがある方、これから脱毛に通うことを悩んでいる方はぜひ参考にしてください。



閲覧数:14回0件のコメント