【放っておいたら危険!?】髭剃り後の『黒い点々』は剃り残しではなかった!!! @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

更新日:2019年12月23日

あなたは髭部分の黒いブツブツが何かわからず放置していませんか?

それは剃り残しではなく、ヒゲの埋没毛(埋もれ毛)の可能性があります。



埋没毛(埋もれ毛)とは表面に出てこず、皮膚の中で育ってしまった毛のことで、この埋没毛を放っておくと、毛穴や肌に色々な障害を起こしてしまいます。



ここでは、埋没毛がなぜ起こるのか知った上で効果的な解消方法についてご紹介していきたいと思います。




『埋没毛』ってなに?



埋没毛(埋もれ毛)とは、何らかの原因で毛穴から毛が出てこれず皮膚の中で育ってしまい、剃ることができない毛のことを言います。これが黒いブツブツの原因です。



埋没毛は短い毛が皮膚の上から見えているものや、長い毛がくるくると丸くなっているものなど色々種類があります。そしてこれがこのまま成長すると、埋没毛が渦を巻くようになり、そのまま皮膚の下から皮膚を押し上げるように腫れ上がってきてしまいます。



これが黒いぶつぶつの原因にもなったり、肌触りも悪くなったりと色々な問題を引き起こしてしまう可能性が高くなってきます。



髭が埋没毛になる3つの原因



【毛抜きによるダメージ】


毛抜きで毛を抜くと、毛穴へのダメージが大きく、毛穴が炎症を起こし埋没毛になる可能性があります。毛抜きで抜くと、カミソリで剃るよりも毛が生えてくるスピードが遅くなり、処理する回数も少なくなっていいという意見も上がっています。



さらに、毛穴から毛がなくなり青髭がなくなると思う人もいるといますが、毛抜きでの処理は痛みも強く時間もかかってしまうなどのデメリットが多いのであまりおすすできません。




【カミソリでの間違った方法によるダメージ】


毛抜き以外にも、間違った方法で髭処理をしてしまっている人は、埋没毛が多くなってしまうしまう傾向にあります。



間違った方法とは、「カミソリを用いての髭の逆剃り」です。逆剃りとは、髭の生えている方向とは逆から刃を滑らせる剃り方のことで、これをしてしまう事で毛穴だけでなく、肌にも大きなダメージを与えてしまうことになります。



肌へのダメージは、埋没毛を引き起こす大きな要因となってしまうので、カミソリで処理する場合は肌へのダメージをできるだけ与えないようにすることが重要になってきます。




【脱毛テープやワックスによるダメージ】


脱毛ワックスは髭をワックスに絡めて、ワックスシートを剥がすことによって毛穴から毛を一気に脱毛する方法です。これは比較的簡単で、その時は綺麗になくなりますが、肌に大きなダメージを与えてしまうため、後々埋没毛になってしまいます。




『埋没毛』を治す方法




【医療機関やサロンでの脱毛】


医療機関での脱毛には医療レーザー脱毛や光脱毛などが挙げられます。

医療レーザー脱毛の仕組みとしては、黒色のメラニンに反応し、熱エネルギーを毛穴の奥に伝え、脱毛する方法です。



埋没毛は皮膚の表面に透けて見えているので、レーザーでの脱毛機に反応して、埋没毛でも脱毛することができます。