【悲報】ヒゲは歳を重ねるほど濃くなる?! @大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々

最終更新: 2019年12月23日

男性は思春期になると、男性ホルモンの働きによって、どんどん髭や体毛が濃くなって組ます。


年齢でいうと、思春期とは15〜20歳くらいまでの事です。男性ホルモンは一人一人によって個人差はあるのですが、男性ホルモンの量が多い人はこの時期に急に体や髭の毛が濃くなってしまいます。



これについてはみなさん知っている方も多いとは思いますが、実は思春期を過ぎると髭が濃くなるのがましになるのかというと意外とそうではありません。



男性ホルモンの分泌は歳を重ねるごとに多くなって行き、思春期を過ぎても髭はどんどん濃くなってしまいます。



では実際のところ、何歳までどのくらい濃くなって行くのでしょうか?今回は年齢が及ぼす毛への影響についてお伝えしていきたいと思います。



ヒゲが濃くなる年齢とは?


男性の髭が濃くなるのは、約15歳〜60歳までと言われています。



50歳や60歳になってまで髭が濃くなるの!?と驚かれる方は多いと思いますが、実は男性ホルモンが一番活発になるのは、40代〜50代までと言われています。



そのため、髭が最も濃くなってくるのは40歳を過ぎてからなんです。

なので、今20代の方は約20年後、30代の方は約10年後、今よりももっと毛が濃くなってしまいます。



今はそこまで生えていないから安心している人も何十年後には悩みの一つになっている可能性が大いにあるということです。



そして問題なのが、40代に入って髭が濃くなってくると、メンズ脱毛では処理する事ができなくなってくる可能性があります。



なぜかというと、脱毛は毛の黒色の色素(メラニン)に反応することによって効果がでる仕組みなので、今までは黒かった髭が気づいたら白くなってしまっては脱毛をしても全く効果がみられません。



歳を重ねるごとに白髪は増えるので、「脱毛はいつでもいい」と考えられている方は一度考え方を見直した方がいいかもしれません。




ヒゲ対策はいつからするのがおすすめ?


ではいつから髭対策をするのが、おすすめなのでしょうか。

髭対策とは、髭が濃くなる食べ物を食べないようにするなどといった対策もありますが、なかなか食べ物だけでの対策は難しいです。



なのでここでおすすめなのが、20歳を過ぎてからのヒゲ脱毛です。



思春期で濃くなり気になりはじめたとき、毎日剃っていてはさらに数十年後濃くなる原因になります。毛というのは、肌へのダメージが大きければ大きいほど、肌を守ろうとして毛自身を濃くしていく性質があります。



なので髭をそるという事は、肌にもダメージがかかってしまうので、その剃る回数を重ねれば重ねるほど毛は肌を守ろうとして毛を濃くしていってしまいます。



歳がいってから濃くなるというのは男性ホルモンだけでなく、肌へのダメージも大きく関係しているということです。



20代のうちからヒゲ脱毛をする事によって、髭が濃くなる40代の時にはすでに毛根は破壊されて生えてこれない状態ですので、困る事もありません。



さらにお仕事で上の立場になり、仕事関係の人と対面でお会いする時も青髭の方よりも清潔感もあってかなり印象は良いことが言えます。



まとめ

「今は対して髭は濃くないから大丈夫!」

「剃れば綺麗になるから問題ない」


そう思って安心している20代や30代の方は大勢います。

ですが、今は大丈夫でも歳を重ねるにつれて髭は濃くなっていきます。



髭は中高年になってからでも濃くなるし、青髭などは印象も悪く、何よりもかっこ悪いです。さらに毎日に髭剃りの負担も大きく、肌を痛めるので老化も早くなり、老けてみられることがあるでしょう。



思春期を過ぎてから髭が濃くなった、そう思われる方には早めのメンズ脱毛をしてみてはいかがですか?多くの店で学生割など多様しているので、ぜひまずはカウンセリングなどで話を聞いてみるがおすすめです。



@大阪メンズ脱毛サロン|メンズ堂々




【ホットペッパー予約】は

↓こちらをクリック↓

547回の閲覧

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2

​アイアンドエフ梅田ビル10階(1003) 

  • Facebook
  • Instagram

メンズ堂々

​住所

​電話番号

050-1744-1766

予約確認 (1).png